2018年12月21日 更新

【働き方改革】離職率28%から4%に減少 サイボウズの好事例

残業の上限規制などが盛り込まれた「働き方改革関連法」が2019年4月に施行されます。厚生労働省が目指すのは「多様で柔軟な働き方の実現」です。2005年に28%あった離職率が2017年、4%まで下がったサイボウズは「多様化」をキーワードにユニークな施策を実施に移しました。

gettyimages (27356)

2018.12.21
関連法が2019年4月に施行される「働き方改革」は、残業時間の規制が強化されるだけではありません。目指しているのは「多様で柔軟な働き方の実現」です。働き方改革によって離職率を28%から4%まで下げたのがIT企業のサイボウズですが、いったいどんな社内改革を行ったのでしょうか。

働き方改革法は2019年4月に施行される

gettyimages (27358)

2018年6月に国会で可決・成立した「働き方改革関連法」が2019年4月に施行されます。長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現を目指して労働基準法などの法律が改正され、時間外労働(残業時間)の上限規制導入、年次有給休暇取得の一部義務化、フレックスタイム制の見直し、高度プロフェッショナル制度の創設、勤務間インターバル制度の普及促進などが盛り込まれています。
多くの企業では法律の施行に向けて今、社内制度の改革や研修、啓発活動が行われていますが、先進的でユニークな働き方改革を次々と実施に移して結果を出したのが、「グループウエア」で知られるIT企業のサイボウズ(本社・東京都中央区)です。
2005年に28%まで上昇した離職率に危機感を抱いた経営陣は働き方改革に着手。離職率は2017年には4%まで下がりました(同年末の従業員数は連結で735名)。その12年間で売上高は約2.9倍に増え、企業はしっかりと成長しています。
(図表:サイボウズ売上高と離職率の推移)
今は、出産を理由に退職する社員は一人もいません。ワークライフバランスの改善で定着率が向上し、女性比率は約半分まで上がりました。IT企業では珍しいといいます。そんな取り組みが評価され経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれました。

サイボウズのユニークな働き方改革

gettyimages (27362)

社員一人ひとりが成長しながら、より長く働ける企業、職場になるための最大のキーワードは、「多様化」でした。
その1が「時間の選択」で、ワーク重視型(PS2/裁量労働)、ワークライフバランス重視型(PS/残業はあるが抑制する)、ライフ重視型(DS/残業なし)の3つのパターンから選ぶことができ、途中で乗り換えられます。ライフ重視型では、残業なしだけでなく短時間勤務、週3日勤務も選べます。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。
今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

政府が国民運動として推進する「食育」は、農水省の調査によると国民の4分の3以上が関心を持っています。食育関連の民間資格は乱立気味ですが、うまく選べば仕事に役立ったり、肩書を活かして食育セミナーの講師の声がかかり、報酬が望めるかもしれません。
リファラル採用が活発化!そのメリットと利用するときの注意点

リファラル採用が活発化!そのメリットと利用するときの注意点

リファラルとは「紹介」を意味し、リファラル採用とは「人材会社を介さず、社員に紹介してもらった人で採用活動をすること」を指します。特筆すべきは、紹介者の社員へのインセンティブ以外の費用はほぼ発生しないことですが、リファラル採用には他にもメリットがあります。
問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

変化の激しいスピード感あるビジネスの現場において、さまざまな問題を正しく適切に解決していくということは簡単ではありません。 寺下薫著『世界一速い問題解決』 より、どんな問題であってもスピーディーに実行できるメソッドをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部