2018年10月13日 更新

メンタル弱いまま生きよう。メンタルトレーニングでネガティブを飼い慣らす

自分はメンタルが弱いと感じているなら、まずはネガティブ気分を飼い慣らす方法を知ること。メンタルトレーニングによって自分の中の否定的な感情を一度受け止めて解消する考え方を身につければ、メンタルの回復力を高め、強くすることができるでしょう。

gettyimages (23233)

2018.10.12

メンタル状態は変化しやすい

gettyimages (23236)

自分はメンタルが弱いと感じたことはありませんか。気持ちが安定しない、疲れやすい、なんだか体調が悪いという場合、それはメンタル不調のサインかも。私たちの心は、プライベートや仕事、交友関係、天候など、刻一刻と変化するさまざまな状況に大きく影響されがちです。
ネガティブな気持ちになったら、それを押し殺すのではなく一度受け止めて飼い慣らすようにしましょう。メンタルトレーニングによる回復方法を知り、少しずつ柔軟な心を手に入れていきましょう。

ネガティブな感情に向き合って飼い慣らす2つの方法

gettyimages (23243)

ネガティブな感情を飼い慣らす方法は主に5つ。まずは、ネガティブな感情に正面から向き合ったり、そうした感情の方向性を調整したりする方法を2つご紹介します。

方法1:完璧主義を飼い慣らす

不安だったり何かを失敗したりすると、否定的な考え方をしてネガティブな感情が生じやすくなるもの。しかし、誰しも失敗する可能性を常に抱えていますし、完璧な人間は存在しません。
不安だったり何かを失敗したりすると、否定的な考え方をしてネガティブな感情が生じやすくなるもの。しかし、誰しも失敗する可能性を常に抱えていますし、完璧な人間は存在しません。
完璧を期して最悪のケースを考えながら物事を進めること自体は、決して悪いことではありません。予め対策を講じることができますし、いざ失敗してもダメージが少なくて済むからです。しかし、常にあなたの中の完璧主義に自らを委ねる必要はありません。不要な時には沈黙していてもらうようにしましょう。

方法2:メンタル状態をノートに書く

手帳や日記、ノートなどに自分が感じていること、考えていることを書き出しましょう。内から外に出すことで、自分の内面を別の視点から見つめられるようになります。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

オーストラリアの東海岸にあるゴールドコースト。白い砂浜が57kmも続く長く美しいビーチで有名な所です。10月はこれから夏に向かうため気温も上がり、からっとした天気が続くベストシーズン。そんなゴールドコーストで豪華バケーションを満喫してみるのはどうでしょう。
一人旅で自分を高める|注目のSolo Travelが自己投資になる理由

一人旅で自分を高める|注目のSolo Travelが自己投資になる理由

様々な方法で自己投資をする人が増えてます。セミナーに通ったり、ジムに通ったり、留学したり。モノや数字のように投資価値が目に見えるものではないけれど、自分の人生をより豊かにするために何かをしてみたい。自分を高める旅に投資してみるというのはいかがでしょうか。
整理収納コンサルタントが教える”自宅仕事がはかどる整理術”

整理収納コンサルタントが教える”自宅仕事がはかどる整理術”

学生時代、勉強をしようと机に向かってまず始めたのは、机周りの片づけだった経験があります。 きちんと整った中でないと、集中して何かに取り組むことが難しいものです。今回は、効率よく自宅仕事ができる場所づくりのヒントを整理収納コンサルタントがご紹介します。
水の都大阪!世界遺産「百舌鳥 古墳群」や周辺の観光&グルメを紹介

水の都大阪!世界遺産「百舌鳥 古墳群」や周辺の観光&グルメを紹介

今年7月世界遺産に登録された大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」。知っているようであまり知られていないこの日本で23番目の世界遺産を訪ね、水の都大阪の観光を満喫してみるのはどうでしょう。当記事では古墳群見学の方法や大阪のおすすめ観光スポット&グルメをご紹介します。
脳疲労の3大サインとは?疲れの原因とアプローチ方法をご紹介

脳疲労の3大サインとは?疲れの原因とアプローチ方法をご紹介

何をしてもなかなか疲れが取れないという人は多いのではないでしょうか。お風呂に入っても、マッサージに行っても疲れが取れない。現代人が抱える慢性的な悩みとはいえ、どうにかしたいものです。 梶本修身著『疲労回復の名医が教える誰でも簡単に疲れをスッキリとる方法』 より、疲れの原因とアプローチの方法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部