2019年2月5日 更新

賢者の投資方法とは

米国では代表的なインデックス型投信を長期保有することに対して、手抜きのポートフォリオであると揶揄されることが多い。しかし実際には、ウォーレン・バフェットをはじめ多くの伝説的な投資家が推奨する投資方法であるのです。

賢者の投資方法とは


1929年から始まった世界恐慌の後、米国株は数回の大幅な下落を経験しているとはいえ、長い目で見れば一貫して上昇してきたという結果になっているため、とりわけ米国ではこの手法が有効であるとされています。

これに対して、30年近くも株価が史上最高値を抜けない日本株であっても、投資経験が浅い人や投資の初心者であっても、余計なストレスを抱えずに、かつ、リスクを抑えながら投資する方法があります。それは、相場の上下の波に一喜一憂することなく、定期的に低コストのETFや投資信託を同額ずつ継続して買っていくという方法です。

その結果として、株価が安いときに多い株数を買い、高いときに少ない株数を買うことになり、ひとたび大きな上昇トレンドに入れば利益が増えやすいというメリットが享受できるというわけです。

そういったシンプルな投資手法をより効率的にさせたものが、私が実践している投資スタイルです。たとえば、もっとも安全なETFへの投資をするときは、大きな上昇相場で過熱感が出てきたと思ったら利益確定を進め、比較的短い期間でノーポジションに持っていきます。

それとは逆に、大きな下落相場でセリング・クライマックスが近いと思ったら、少しずつ買ってポジションを増やしていきます。この手法であれば、余計なことを考えずに機械的にできますし、精神的にも非常に楽な状態で取り組むことができます。


それに加えて、世界的な景気の動向や金融政策の方向性を考慮に入れながら、保有ポジションを0%~100%までメリハリをつけて戦略を構築していけば、いっそう効果が表れてきます。世界のGDPと比較した株式時価総額が膨らんでいる点、世界のGDPと比較した債務残高が膨らんでいる点、米国の好景気の賞味期限が近い点などを考えれば、現時点ではポジションは少なめにして、下落相場に備えるスタンスを取ることが重要です。

目下のところ、世界中でAI運用の成績の良さが注目されていますが、日本株にかぎってみれば、AI運用は苦戦を強いられています。今年の日本株は過去の経験則に当てはまらないことが多く、過去のデータが土台になっているAIでは上手く対応できていないというのです。多くの運用担当者や個人投資家が上手くいっていない現状を見ると、それも納得ができます。やはり今年はできるだけ損を出さないというスタンスで間違っていなかったと思っております。

次回はもっと実践的であり、堅実性とパフォーマンスの両立ができる投資方法についてご紹介したいと思います。

なお、私のブログ『経済を読む』においては、大事な局面では株価の流れを分析していることもありますので、ぜひ参考にしてみてください。
http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

根拠ある銘柄選びで受講生の7割以上がプラスの運用実績

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

中原圭介(なかはら・けいすけ)

経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の経営アドバイザー・経済アナリストとして活動。「総合科学研究機構」の特任研究員も兼ねる。企業・金融機関への助言・提案を行う傍ら、執筆・セミナーなどで経営教育・経済教育の普及に努めている。経済や経営だけでなく、歴史や哲学、自然科学など、幅広い視点から経済や消費の動向を分析しており、その予測の正確さには定評がある。「もっとも予測が当たる経済アナリスト」として評価が高く、ファンも多い。 主な著書に『AI×人口減少』『これから日本で起こること』(ともに東洋経済新報社)、『ビジネスで使える 経済予測入門』『シェール革命後の世界勢力図』(ともにダイヤモンド社)、『日本の国難』『お金の神様』(講談社)などがある。東洋経済オンラインで『中原圭介の未来予想図』、マネー現代で『経済ニュースの正しい読み方』、ヤフーで『経済の視点で日本の将来を考える』を好評連載中。
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トレンドによってリスクをコントロールする

トレンドによってリスクをコントロールする

株式投資で資産を堅実に増やす極意は、大怪我をしないということです。大怪我さえしなければ、株式市場は何回でもチャンスを与えてくれるからです。
決算発表で投資成果を上げる方法

決算発表で投資成果を上げる方法

今は決算発表の真っ只中です。日経新聞の記事によると、上場企業の2020年3月期の純利益は28兆4,500億円程度と前期比で1.4%減となり、19年3月期に続いて2期連続での最終減益の見通しだそうです。さて、このように難しい局面で投資の精度が上がる、決算分析のコツをお伝えします。
株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
【アートで資産形成】保険は?贋作対策は?オークションのメリットは?

【アートで資産形成】保険は?贋作対策は?オークションのメリットは?

美術品はお持ちでしょうか? 数百万もするような、高価な物でなくともあなたかご家族が趣味で集めた掛け軸や壺や茶器など意外に価値のあるものをお持ちの方多いのではないでしょうか?
経済 |
不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部