2019年6月2日 更新

【書評】2018年1番売れた翻訳ビジネス書第2弾!『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365~人物編~』

本書はシリーズ累計136万部突破した『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』の第2弾。今回は「人物編」だ。

本書はシリーズ累計136万部突破した『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』の第2弾。今回は「人物編」だ。

前作と同じくたったの5分、1日1ページ読むだけで、多くの教養が身につく。また、本作では世界の歴史に名を残してきた365人分の人生が、伝記のようにまとめられている。

月曜日は「指導者」、火曜日は「哲学者・思想家」、水曜日は「革新者」というように分類されているところも、面白い。自分の関心のあるカテゴリーを読んでいくのも、一つの方法であろう。またそれぞれの人物の紹介と共に、その人に関連するエピソードが豆知識として掲載されているのもとても興味深い。

芸術作品や偉大な発見、大衆を動かしたカリスマ性など、様々な功績が綴られているが、その中でも木曜日に分類されているのは、なんと「悪人」である。イギリス史上一番の悪人といわれた連続殺人鬼「切り裂きジャック」やシカゴのギャング 「アル・カポネ」など、世界中の人々を恐怖に貶めた人物までも掲載されている。

また気になる日本人代表としては、紫式部西郷隆盛が選ばれている。本シリーズは、ニューヨークタイムズでもベストセラーとなり、世界でも注目されているため、この二人は世界で最も関心を持たれている日本人ということにもなるのだろう。

評者が本書中で興味を持った人物は、レオナルド・ダ・ヴィンチだ。イタリアを代表する芸術家であり「モナ・リザ」や「最後の晩餐」は世界的に有名であり、美術に興味のない人でも、学校で学んだ記憶があるだろう。

またレオナルド・ダ・ヴィンチは、工学、建築、数学、解剖学、天文学、地質学、物理学他様々な分野において業績を残したと言われている。

そして作品は、美術的価値や美しさのみならず、各作品ごとに多くのトリックが仕掛けられているといわれていることも、魅力の一つである。

一時、本物の美術作品をみることに大変興味を持ち、休みの日毎に美術館巡りをしてたくさんの作品をみてきたが、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品に関しては、いくつかの代表作を見るために、イタリア、フランス、アメリカの各美術館に足を運んだことが思い出される。やはり本物は、学校に飾られていたレプリカとは違い、言葉にできないような迫力と歴史が感じられたことを記憶している。

また日本でも過去には『ダ・ヴィンチモナ・リザ25の秘密~』という特別展が行われ、モナ・リザに仕掛けられた複雑なトリックに夢中になり、学んだことを覚えている。

本書では、このように世界的に著名な人物について掲載されているため、自分の興味のある人物、または名前は聞いたことがあるが、あまり功績をよく知らないような人物、またその歴史についてもあらためて学ぶことができる。とても優れた作品である。

また、前作をまだ読んでいない人は、そちらもぜひ読んでほしい。本ブログ2018年6月1日投稿分に書評も掲載されている。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 人物編

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 人物編

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。 http://bookrev.horiemon.com
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

究極の2択で思考を磨く実験とは|あなたは多数派?少数派?

究極の2択で思考を磨く実験とは|あなたは多数派?少数派?

ビジネスの場だけではなく日々の生活においても、人は何らかの選択を迫られているものです。それは、明らかな正解と不正解が提示されているとは限りません。どちらの選択肢も選び難いというシチュエーションであることもしばしばです。しかし、人まかせにしないで、何かを決断していかなくては前に進んでいくことはできません。 北村良子著『究極の思考実験』 より、究極の2択を自分で考えて答えを導き出すための思考実験をご紹介します。
インド人大富豪が教えるビリオネア思考「ジュガール」7つの概念とは?

インド人大富豪が教えるビリオネア思考「ジュガール」7つの概念とは?

時代の変化に応じて、急速なグローバル化に対応しなくてはならなかったり、上司や部下との折り合いがどうにもつけられなかったり。さまざまな壁にぶつかったとき、現代を生きる私たちは、どんな気構えを持って乗り越えていけばいいのでしょうか。 サチン・チョードリー著『大富豪インド人のビリオネア思考』 より、古来からインドに伝わるジュガールという考え方をご紹介します。
内向的な人だからできる深くて熱い「スタンフォード流人脈術」

内向的な人だからできる深くて熱い「スタンフォード流人脈術」

招待された決婚式に行くのが億劫、一人で部屋にいる方が好き…。そんな内向的な人は、無理をして外交的になって、人嫌いを直さなくてはいけないのでしょうか 竹下隆一郎著『内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術』 より、内向的だからこそ作っていける深い人脈づくりについてご紹介します。
幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部