2019年6月2日 更新

【書評】2018年1番売れた翻訳ビジネス書第2弾!『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365~人物編~』

本書はシリーズ累計136万部突破した『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』の第2弾。今回は「人物編」だ。

本書はシリーズ累計136万部突破した『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』の第2弾。今回は「人物編」だ。

前作と同じくたったの5分、1日1ページ読むだけで、多くの教養が身につく。また、本作では世界の歴史に名を残してきた365人分の人生が、伝記のようにまとめられている。

月曜日は「指導者」、火曜日は「哲学者・思想家」、水曜日は「革新者」というように分類されているところも、面白い。自分の関心のあるカテゴリーを読んでいくのも、一つの方法であろう。またそれぞれの人物の紹介と共に、その人に関連するエピソードが豆知識として掲載されているのもとても興味深い。

芸術作品や偉大な発見、大衆を動かしたカリスマ性など、様々な功績が綴られているが、その中でも木曜日に分類されているのは、なんと「悪人」である。イギリス史上一番の悪人といわれた連続殺人鬼「切り裂きジャック」やシカゴのギャング 「アル・カポネ」など、世界中の人々を恐怖に貶めた人物までも掲載されている。

また気になる日本人代表としては、紫式部西郷隆盛が選ばれている。本シリーズは、ニューヨークタイムズでもベストセラーとなり、世界でも注目されているため、この二人は世界で最も関心を持たれている日本人ということにもなるのだろう。

評者が本書中で興味を持った人物は、レオナルド・ダ・ヴィンチだ。イタリアを代表する芸術家であり「モナ・リザ」や「最後の晩餐」は世界的に有名であり、美術に興味のない人でも、学校で学んだ記憶があるだろう。

またレオナルド・ダ・ヴィンチは、工学、建築、数学、解剖学、天文学、地質学、物理学他様々な分野において業績を残したと言われている。

そして作品は、美術的価値や美しさのみならず、各作品ごとに多くのトリックが仕掛けられているといわれていることも、魅力の一つである。

一時、本物の美術作品をみることに大変興味を持ち、休みの日毎に美術館巡りをしてたくさんの作品をみてきたが、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品に関しては、いくつかの代表作を見るために、イタリア、フランス、アメリカの各美術館に足を運んだことが思い出される。やはり本物は、学校に飾られていたレプリカとは違い、言葉にできないような迫力と歴史が感じられたことを記憶している。

また日本でも過去には『ダ・ヴィンチモナ・リザ25の秘密~』という特別展が行われ、モナ・リザに仕掛けられた複雑なトリックに夢中になり、学んだことを覚えている。

本書では、このように世界的に著名な人物について掲載されているため、自分の興味のある人物、または名前は聞いたことがあるが、あまり功績をよく知らないような人物、またその歴史についてもあらためて学ぶことができる。とても優れた作品である。

また、前作をまだ読んでいない人は、そちらもぜひ読んでほしい。本ブログ2018年6月1日投稿分に書評も掲載されている。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 人物編

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 人物編

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。 http://bookrev.horiemon.com
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由

普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由

『 ユダヤ人大富豪の教え 』の著者の本田健さんの書籍『スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン』を知っていますか? 幸せなお金持ちになるためにはどうすればいいのか?そんなことをスイス人銀行家のおじいちゃんと著者とのやりとりから学んでいくという内容の本です。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
【書評】仕事を私事にすると毎日がワクワクして楽しんでいられる『考えないヒント~アイデアはこうして生まれる~』

【書評】仕事を私事にすると毎日がワクワクして楽しんでいられる『考えないヒント~アイデアはこうして生まれる~』

本書には、人々の日常を変えるような発想のヒントが、たくさんつまっている。その一つが、いいアイデアの出し方だ。それは常に「面白いことがないか」と考えることだという。
他者把握 自分よりすぐれている人の能力を見つけて見極める

他者把握 自分よりすぐれている人の能力を見つけて見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部