2019年12月26日 更新

お金持ちの仕事の特徴は?仕事好きが多く仕事しない派は少数

お金持ちの仕事と言えば、何を思い浮かべるでしょうか。資産家にはビジネスオーナーや投資業も多く、日常あまり仕事しないイメージを持っている方もいるかもしれません。ところが、日本のお金持ちの場合、実際には仕事大好き人間が多く、お金があるから仕事しない派は比較的少数のようです。

gettyimages (51006)

2019.12.

お金持ちの資産家に多い仕事は「経営者」

gettyimages (51007)

少々古いものですが、日本の資産家の仕事実態を知る好著に、わが国有数の経済学者である橘木俊詔・森剛志の両氏による共著、「日本のお金持ち研究」(日本経済新聞社・2005年出版)があります。
こちらによれば、高額納税者(年間3,000万円以上)である資産家は、30年間以上一途に自身の専門分野の仕事を極めてきたようなタイプが多い、とのことです。
仕事内容で見ると、最多は企業家(ビジネスオーナー)であり、次いで開業医とのこと。この2つの職業だけで、高額納税者の半数近くを占めることは驚きです。言わずもがなですが、「サラリーマン社長」や「勤務医」ではありませんね。開業医も広義の「経営者」ですので、日本の資産家は経営を仕事にしている方が多い、と言うことができそうです。
確かに、名門の中高一貫私立学校では、親の職業は企業経営者、開業医、老舗商店の跡取りなど、広い意味での「経営者」が多い印象はあります。通っていた方であれば、多くが頷かれるのではないでしょうか。しかも、この手の「経営者」は、常に仕事のことを考えており、ビジネスとプライベートの境が曖昧なことも特徴です。
数ヶ月間も仕事から離れて海外のリゾート地で過ごす方など、日本の資産家では少数派です。実際問題、所得源泉のトップは「労働所得」であるとする資産家の方が最多であり、半数近くを占めています。他方、「不労所得」は2割ほどに過ぎませんが、年齢が上がるにつれて、その割合が増加する傾向にはあるようです。
資産家になるような方は、現役時代は自身の仕事を愛し、一途に励んできた広義の「経営者」が多いのですね。

信念を持って仕事に励むことはお金持ちへの近道?

gettyimages (51011)

加えて、親世代からの相続の有無は、資産家が所有する資産高とはあまり関係性がない、というのも大変興味深いところです。実際に資産家のお話を聞いてみると、「才能の有無はお金を稼ぐ力には関係なく、自身の信念こそが大切である、」という趣旨を述べられる方が圧倒的に多いのだそうです。
ちなみに、資産家になるために重要な要素は、「心身ともに健康であること、」「自身の仕事を愛していること、」「正直な人間性であること」が、聞き取りトップ3です。一方、「有名大学を卒業していること、」「何でも要領良くできること、」「IQが高いこと」は、資産家になるためには重要でない事柄とされています。
結局のところ、資産家の皆さんは、自身の仕事にシッカリ取り組んだ結果として潤沢なキャッシュフローを手にし、それを効果的に節税・運用して時間経過を味方に付け、大きな資産を形成するに至っていると考えられるのですね。偶然による投資の成功や、思い掛けない高額の相続により、にわか資産家になることもあり得ますが、長続きはしない傾向です。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ち女性に多い職業は? 意外な仕事で年収1,000万超えも!

お金持ち女性に多い職業は? 意外な仕事で年収1,000万超えも!

お金持ち女性に多い職業と聞いて、どんな仕事をイメージしますか。医師、弁護士、公認会計士あたりは定番ですが、高難易度の国家資格が必要であり、誰でも就ける職業ではないですね。厚生労働省による賃金構造基本統計調査なども参考に、お金持ち女性を目指せる職業を考えてみましょう。
ユニクロ型でもアマゾン型でもない小売新業態「D2C」とは?

ユニクロ型でもアマゾン型でもない小売新業態「D2C」とは?

ユニクロ型でもアマゾン型でもない小売新業態「D2C」は、自社で企画・生産した商品を自社サイトで販売します。アメリカの成功事例を見ると、商品の特徴、サービス、ビジョン、思想、ユニークさなどで思い切ったことをして消費者のハートをつかみました。
自分らしく幸せに生きるために知っておくべきお金と働き方の関係性

自分らしく幸せに生きるために知っておくべきお金と働き方の関係性

激動の2020年、日本はこれからいろいろな出来事が控えています。働き方も大きく変化している今、私たちは幸せに対する価値観をどう構築していけばいいのでしょうか。 新井和宏著『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』 より、知っておくべきお金や働き方の捉え方についてご紹介します。
「熱くなる」のではなく「熱くする」目標達成のための自分コントロール法

「熱くなる」のではなく「熱くする」目標達成のための自分コントロール法

新しい年を迎えて、新たな挑戦をしていきたいと思っている人は多いことでしょう。どんな物事も自分で自分を熱くしていかなければ、目標達成することは難しいものです。 横山信弘著『自分を熱くする』 より、「熱くなる」のではなく自ら「熱くする」考え方のコツをご紹介します。
「リエゾン型人材」の需要高まる!キャリアアップに有益なポジション

「リエゾン型人材」の需要高まる!キャリアアップに有益なポジション

軍隊で組織間の連絡・調整を行い、作戦の遂行をスムーズにする「連絡将校」を英語で「リエゾン・オフィサー」と言いますが、同じような「リエゾン」役を果たせる人材がビジネス界でも求められていて、医薬品や医療機器などのヘルスケア業界が先行しています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座