2018年11月25日 更新

貯金上手は「お金を使わない方法」より「お金を使う方法」を第一に考える

皆さんは「貯金」と聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか。生活を切り詰める、我慢をする、趣味に使うお金を減らす……?なんだか、どれをとっても窮屈な感じですよね。そして追い打ちをかけるように「毎日家計簿をつける」「一食500円以内に抑える」などの、「~しないといけない」ルールを決めてしまいがち。これではストレスがたまる一方です。


上手に貯金ができる人は、いったいどんな方法で続けているのでしょうか?

そこで今回は、無理せずラクに貯金するためのヒントをいくつかご紹介します。これまで何度も失敗してきた、という方でもガラリと貯蓄体質に変われるかもしれません。

「楽しみ」に使うお金は減らさない

貯金ができる人とできない人の決定的な違いは何か?それはお金の使いかたと言えるでしょう。しかしここで着目したいのは、「お金を使わない方法」と「お金を使う方法」の二通りがあるということです。

お金が貯まらない人の場合、最初に頭に浮かぶのは「お金を使わない方法」。
電気を消す、服を買わない、趣味をやめるなど、自分が思いつく限りの節約方法を並べていきます。そして貯金ができたところを想像しながらワクワクしてはみるものの……いざ現実に戻るとやるべきことにウンザリします。

これではとても続きそうにありませんよね。

一方、上手にお金を使える人は本当に欲しいものを手に入れる「お金を使う方法」を考えます。

例えば自分の身近な人を見てみましょう。同じお給料を貰っているはずなのに、時計だけは高級なものを身につけている、一年に一度は必ず海外旅行に出かけるといった大きな買い物をする人がいますよね。
彼らにとって最大の「楽しみ」にお金を使うのはあたりまえ。それを実現するために何をすべきかじっくり考えます。そしてそれが自然に貯金という行為に結びつくのです。

このことから、貯金をするなら「お金を使わない方法」よりも「お金を使う方法」を考えるほうがラクだとわかります。自分の中で「一番」と思える楽しみにはお金を惜しまない、そして他のものには使わない。そのマインドこそが貯金成功のカギと言えそうです。

見直すべきは、「プチ満足」に使うお金

「楽しみにお金をかけるのはいいけれど、出す出さないの分岐点はドコ?」
そんな風に思われる方に見直して頂きたいのが、ズバリ「プチ満足」を得るための出費です。

皆さんはこんなお金の使いかたをしていませんか?

・毎朝出勤前のコーヒーショップでラテ購入
・仕事中に自販機を利用
・お昼のコンビニでスイーツをついで買い
・予定外のバーゲンで衝動買い
・ネットでポイント10倍、思わずポチリ

どれも目的を持った買い物とは言えませんよね。毎日の惰性、もしくは一時的にプチ満足を得ようとダラダラとお金を使い、いつの間にかお財布をカラにすることの繰り返しです。

考えてみると一回の金額はごく小さいものですが、これを毎日続けるとどうなるか……、毎日500円のプチ満足で年間18万円、5年で90万。あらためて計算してみるとハッとさせられるような金額になってしまいます。

どんなにたくさんのプチ満足を手に入れても、終わってみればただのムダ使い。自分の「一番」を忘れず、出すべき所とそうでない所を切り分けることが大切です。

生活習慣を変えると貯蓄体質になれる

お金の使いかたがわかってきたら、次のステップは貯金を継続すること。でも実際、そこが一番難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

貯金を続けていくのに必要なことは、家計簿への記録や細かいルール決めではありません。
生活習慣を見直して貯蓄体質になり、無意識のうちに続けていくだけのシンプルな方法なのです。

例えば上で説明した「プチ満足」について考えてみましょう。皆さんはどんな場面でそれを行っていますか?
仕事に行く前、お昼休み、帰りの寄り道など……恐らく大半の方は目的もなくフラリと立ち寄ったコンビニやショップになると思います。

それならまず、意味のない寄り道をやめてみましょう。

モノを見る機会が多いから欲しくなる。財布を開ける回数が多いからクセになるのです。その行為自体をさせないことが、貯蓄体質へ近づく第一歩です。

そして生活習慣を見直したあとは、身の回りの整理整頓も行います。クローゼットの中や靴箱、冷蔵庫の中など、モノをしまっている場所はとにかくすっきり片づけましょう。自分の持ち物をきちんと把握することが、余計なものを増やさない習慣の手助けになるのです。

皆さんも今一度日々の習慣を振り返り、ラクな貯金を続けてみてはいかがでしょうか。

年収の2割を貯蓄する、誰でも始められる法則とは

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手にしたお金を幸せなものにする Happy Moneyの作り方

手にしたお金を幸せなものにする Happy Moneyの作り方

世の中には、いいお金とあまりよくないお金の二種類があるようです。自分が手にしたお金や出しているお金は、はたしてどちらであるといえるのでしょうか。 KenHonda著『一瞬で人生を変えるお金の秘密happy money』 より、過去を見つめ直してより良い未来に向かうHappy Moneyを作り出す考え方をご紹介します。
お金 |
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。
お金持ちは財布持たない?気になるあの人のお金の管理方法を紹介

お金持ちは財布持たない?気になるあの人のお金の管理方法を紹介

お金持ちの人の財布事情を知りたいと人は多いのではないでしょうか? 高級ブランドの財布や長財布に紙幣やカードがたくさん入っているのを想像してしまいますよね。 実は、お金持ちの人は財布を持たないことがあります・ 財布を持たないってどうやってお金を管理してるの?と疑問に思う人もいると思います。 そこで、今回はお金持ちの人の財布を持たない理由や共通点、管理方法をご紹介します。
なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

日本では政府主導でキャッシュレス化を推進しています。なぜそこまでキャッシュレスを普及させる必要があるのでしょうか。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部