2018年7月30日 更新

【インベスターZ祝ドラマ化特別企画】10億の資産を築いたサラリーマン、本田静六に学ぶ

『インベスターZ』にこんなシーンがあります。 投資の知識を身につけ、成功を収めつつあるさくらの母は、経営する喫茶店を訪れる常連さんたちの要望で、お金についてのミニ講義を行います。彼女が尊敬してやまないという本田静六は「仕組み」を巧みに操り、勤め人でありながら莫大な財産を築きました。

「日本のウォーレン·バフェット」と呼ばれる静六はどんな人物だったのでしょうか。

10億円の資産を作ったサラリーマン

わたしには確信があります。特別ではないことの積み重ね。「平凡を極める」ことこそ、個人投資家にとって成功の近道だと感じています。
みなさんに紹介したい大先輩がいます。
本多静六(1866年〜1952年)です。
江戸末期に生まれ、明治維新、日露戦争、太平洋戦争を生き抜いた投資家が、
生涯をかけて築いた資産はいくらでしょうか。

なんと、現在の金額で「10億円」にも及びます。
彼はプロの投資家ではありませんでしたし、経営者でもなければ、
お金持ちの息子でもありませんでした。現役時代は,東京農科大学(現在の東京大学農学部)で教授を務めた人物で、サラリーマンだったのです。国立大学勤務でしたから、決して高給取りでもありませんでした。
そんなサラリーマン教授が、なぜ10億円もの巨額資産を蓄えることができたのか。
答えは、拍子抜けするほどに単純です それは――。

貯まる仕組み「給料4分の1天引き貯金法」

「給料4分の1天引き貯金法」。
本多静六は、これを25歳から一生涯コツコツ続けました。給料が入ったら、4分の1を給料袋から引き抜いて「もらわなかった。なかったことにした」というんですね。月収が25万円なら6万円が貯金に回る計算です。
むろん、彼には家族もいましたし、親戚とも同居していたようですから、若いころの生活は苦しかったといいます。しかし、彼にはある長期的な目標がありました。それはこういうものです。
「四十までは勤倹貯蓄(倹約に務めて貯金にはげむ)、生活安定の基礎を築き、六十までは専心究学(学問を究めるために集中)、七十まではお礼奉公(社会貢献)、七十からは山紫水明の温泉郷で晴耕雨読(晴れの日は土いじり。雨の日は読書)の楽居」(本多静六『私の財産告白』より)
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「我」を磨けば個性に変わる

「我」を磨けば個性に変わる

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

自分の考えをもっとスムーズに伝えられたら、ビジネスはもっとスムーズに流れていくのかもしれません。実は、人に与える印象は、内容だけではなくどんな声で話すかということにカギがあるようです。 近藤名奈著『一流の人は、なぜ話し方よりも「声」を大切にするのか』 より、正しい姿勢で印象のいい声を出すコツをご紹介します。
夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

もう数日もすると彼岸を迎えますね。彼岸を過ぎると急に秋らしくなりますが、その前に今年の夏の過ごし方を振り返りつつ良い習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。今後の過ごし方のヒントになるかもしれません。
お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちの成功者ほど言葉を大切にする、としばしば耳にします。「言霊(ことだま)」とも言われ、言葉には想像以上のパワーがあると言われます。そうであれば、お金持ちを目指す人が使ってはいけない言葉もありそうです。今日は、お金持ちが避けている言葉を調べてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部