2018年7月30日 更新

【インベスターZ祝ドラマ化特別企画】10億の資産を築いたサラリーマン、本田静六に学ぶ

『インベスターZ』にこんなシーンがあります。 投資の知識を身につけ、成功を収めつつあるさくらの母は、経営する喫茶店を訪れる常連さんたちの要望で、お金についてのミニ講義を行います。彼女が尊敬してやまないという本田静六は「仕組み」を巧みに操り、勤め人でありながら莫大な財産を築きました。

「日本のウォーレン·バフェット」と呼ばれる静六はどんな人物だったのでしょうか。

10億円の資産を作ったサラリーマン

わたしには確信があります。特別ではないことの積み重ね。「平凡を極める」ことこそ、個人投資家にとって成功の近道だと感じています。
みなさんに紹介したい大先輩がいます。
本多静六(1866年〜1952年)です。
江戸末期に生まれ、明治維新、日露戦争、太平洋戦争を生き抜いた投資家が、
生涯をかけて築いた資産はいくらでしょうか。

なんと、現在の金額で「10億円」にも及びます。
彼はプロの投資家ではありませんでしたし、経営者でもなければ、
お金持ちの息子でもありませんでした。現役時代は,東京農科大学(現在の東京大学農学部)で教授を務めた人物で、サラリーマンだったのです。国立大学勤務でしたから、決して高給取りでもありませんでした。
そんなサラリーマン教授が、なぜ10億円もの巨額資産を蓄えることができたのか。
答えは、拍子抜けするほどに単純です それは――。

貯まる仕組み「給料4分の1天引き貯金法」

「給料4分の1天引き貯金法」。
本多静六は、これを25歳から一生涯コツコツ続けました。給料が入ったら、4分の1を給料袋から引き抜いて「もらわなかった。なかったことにした」というんですね。月収が25万円なら6万円が貯金に回る計算です。
むろん、彼には家族もいましたし、親戚とも同居していたようですから、若いころの生活は苦しかったといいます。しかし、彼にはある長期的な目標がありました。それはこういうものです。
「四十までは勤倹貯蓄(倹約に務めて貯金にはげむ)、生活安定の基礎を築き、六十までは専心究学(学問を究めるために集中)、七十まではお礼奉公(社会貢献)、七十からは山紫水明の温泉郷で晴耕雨読(晴れの日は土いじり。雨の日は読書)の楽居」(本多静六『私の財産告白』より)
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座