2019年8月20日 更新

パーソナルブランディングとは|会社員にも必須の時代が来る!

近年注目が集まっている「パーソナルブランディング」。個人をブランド化するということでフリーランス・起業家などに必要だと考えられる一方、会社員にも重宝するポイントがたくさんあります。どのように活用するといいのでしょうか?

gettyimages (44673)

2019.8.20
パーソナルブランディングをご存知ですか?これからのビジネスシーンでは、会社員であっても個をブランド化する力は有益です。今回は、パーソナルブランディングの意味や会社員に必要と考える理由などを解説していきます。

パーソナルブランディングとは

gettyimages (44674)

パーソナルブランディングとは、企業・サービス・モノなどと同じように、ある特定のイメージや概念を特定の個人に対して当てはめることです。簡単に言うと、個人をブランド化することであり、特にビジネスシーンなどで有益になると考えられています。

たとえば「○○のことならこの人!」といったように、ブランド化によって他の人には代えられない強み・魅力をアピールできていることになります。パーソナルブランディングできていることで、ユーザーから選ばれる理由が明確になっているのです。

パーソナルブランディングに関する考え方

Ad Advertising Brand - Free photo on Pixabay (44672)

ファイナンシャルアカデミーがビジネスパーソン306名に対して実施した『パーソナルブランディングに関する意識調査』によれば、SNSの普及によってパーソナルブランディングに対する意識が変化したと答えた人が約7割でした。

また、今後パーソナルブランディングが必要になると考えている人は約8割、さらに会社員であってもパーソナルブランディングによって稼ぐ力が変化すると考える人は約半数以上いました。
(参考:PR TIMES|30代男性の半数以上が、雇われ会社員でも“パーソナルブランディング”で「稼ぐ力」が変わると認識https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000015329.html


上記の結果からは、企業の一員である会社員でありながらも、個人としての能力・ブランドをアピールする場面が求められていると認識していることがうかがえます。会社員であってもSNSなどで個人を表現する機会が当たり前となり、個を活かした力が活かされるシーンが多様化しているといえるでしょう。

パーソナルブランディングが会社員にも重要な理由

gettyimages (44671)

パーソナルブランディングは、会社員にも非常に重要なスキル。そもそも個人をブランド化するということは、自分自身をよく知ることからはじめる必要があります。自分を知ることにより「自分らしさ」を知り、相手に伝えることが可能になります。

自分らしさを伝える能力は、会社員であっても非常に大切。たとえば自分らしさとは、単純に資格やスキルなど仕事を遂行するうえで有益なもの以外にもたくさんあります。これまでの生まれ育った環境や趣味・特技・スポーツ・これまでの多様な経験をはじめ、人脈・第一印象・しぐさなどもその人らしさであり、強みでもあります。
本来の業務に深く関わるものではなくても、企業内では有益となる可能性を秘めているのです。十人十色という言葉もあるように、企業にとって貴重な存在となり得ますし、予想外のイノベーションを起こす可能性は十分にあります。

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音