2019年4月22日 更新

人間関係のストレスが改善される感情コントロール術

30代から、部下や上司との関わり合いが増え、悩みが増えてきます。人間はより困難な状況で複雑な感情を抱く時ほど、内面に隠す傾向があると精神科医は語ります。悩みを解決するための方法を紹介します。

2019.4.22

複雑な感情ほど隠してしまうことを自覚する

家族や職場の部下・上司、友人との関係は、生きていくうえでなくてはならない大切なものです。
同時に、そうした関係はいわゆる「しがらみ」を生み出し、年齢を重ねるごとに私たちの内面に人間関係によるストレスが蓄積していくことがあります。
精神科医フランチェスコ・コメッリ博士は、人間はなぜか、より困難な状況の中でより複雑な感情を抱く時ほど、それを内面に隠したがる傾向があるのだそうです。
30代とは、いわゆる人間が成熟していく段階に突入する世代。否応なしに、あらゆる関係に取り囲まれてにっちもさっちもいかない、という人も増えてきます。
そんな人たちのために、コメッリ博士は「エモーショナル・クリーニング」と名づけたいくつかのアドバイスをしています。その中から5つご紹介します。

感情コントロール術1:メディアやSNSから一線を引く

gettyimages (35779)

メディアの波に押し流され、あらゆる情報にさらされている私たちは感情の面で非常に不安定になりがちだそうです。それは、毎日垂れ流されるさまざまな情報に右往左往してしまい、依って立つ支柱を持つことができないためです。
波の上を漂流しているような寄る辺なさが、感情にも影響を与えるのです。SNSの世界は砂上の楼閣のようなもの。別物として考え、普段の生活の中で人間の感情は育まれなければならないと博士は強調します。
精神が成熟し始める30代にこそ、メディアやSNSから一歩身を引いて、古典や良質な小説を読み、上質なものに触れる機会を増やすことが、感情を安定させることの一助となるのです。時間がないから読むことができない、ではなく、自分自身に上質なものを強要する強さも、時には必要なのです。

感情コントロール術2:過去のトラウマと向き合う

gettyimages (35786)

過去に傷ついた経験がある。これは、人生では避けて通れないものです。
こうしたトラウマを、人間は一生をかけて克服するために向き合わないようにしてしまうものです。この行動を、コメッリ博士は非生産的と断言しています。さまざまな経験を肥やしにできる30代からこそ、こうしたトラウマと向き合い冷静な状態で克服することが可能であるためです。
つらい傷を心の奥深くに埋めようとすればするほど、心の平安はより遠のくというのが博士の主張なのです。

感情コントロール術3:辛いことを口に出しすぎない 

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局のところ、幸せとは何なのでしょうか。憧れの企業に就職したり、世間より多い年収を提示されたりすれば、幸せを感じる人がほとんどですね。それでも、その幸せな気持ちは長続きしません。最近の研究では、自分で幸せをコントロール可能なことが分かってきました。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子