2018年9月3日 更新

「現代の魔法使い」落合陽一研究

落合陽一氏といえば、筑波大学准教授で学長補佐。実業家でメディアアーティスト。2015年発売のベストセラー「魔法の世紀」にちなんだ「現代の魔法使い」がニックネームという人物。テクノロジーとアートの融合がもたらす魔法のような未来を目指す、落合氏の世界を覗いてみました。

gettyimages (19322)

2018.8.10

デジタルネイチャーな世界観とは?

gettyimages (19324)

発売から5日で初版が完売したベストセラー「魔法の世紀」は、大きな注目を集めました。筑波大学で研究室を主宰する彼のラボの名称は
「デジタルネイチャー研究室」。
デジタルネイチャーとは、落合氏が提唱する未来型世界観なのですが、詳細な説明をすると以下のようになります。

“(デジタルネイチャー)はコンピュータと非コンピュータリソースが親和することで再構築される新たな自然環境であり,人・モノ・自然・計算機・データが接続され脱構築された新しい自然です。”
引用:デジタルネイチャー研究室ホームページ

つまり、人間、自然、デジタルリソース(コンピューター)がシームレスにつながり合うという世界観。
デジタルネイチャーを語る上で、欠かせないキーワードが「ユビキタスコンピューティング」です。ユビキタスとはラテン語で「偏在する」という意味ですが、「ユビキタスコンピューティング」になると、こういった意味になります。
“コンピュータがいたる所に存在(遍在)し、いつでもどこでも使える状態をあらわす概念”
出典:Wikipedia

確かに落合氏の作品は、デジタルリソースが私たちの生活圏を包み、生活の質を向上させることを目的としています。落合氏の作品はYouTubeで確認できます。
余談ですが、ユニバーサル志向の落合氏のこだわりにより、彼の動画には全て英語で解説が入ります。TEDにも何回か登壇している落合氏の英語スピーチ動画を見てみると、ネイティブ風の発音ではありませんが非常に早口で流ちょうな英語を扱い、自らの世界観を世界発信できる人物であることが分かります。

2次元と3次元の華麗なる融合

YouTubeにアップされた動画には事象が美しく撮影されているだけでなく、論理もきちんと図解されているので学術的にも価値が高いのでしょう。
「フェアリーライト」という名称の空中ディスプレイは、触れた感覚を覚えることができます。

Fairy Lights in Femtoseconds: Tangible Holographic Plasma (SIGGRAPH)

また触れることで映像を構成する「ピクセル」を操作でき、映像を変化させることも出来ます。
「日本人が開発した触れる「3D映像」の可能性」 によると、この技術を応用して将来膝の上にPCのキーボードを投影させたり、ビデオチャットの相手に触れたりといった体験が実現するかもしれないそうです!

最終目標は、宇宙生活のアップデート?

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座