2018年9月3日 更新

「現代の魔法使い」落合陽一研究

落合陽一氏といえば、筑波大学准教授で学長補佐。実業家でメディアアーティスト。2015年発売のベストセラー「魔法の世紀」にちなんだ「現代の魔法使い」がニックネームという人物。テクノロジーとアートの融合がもたらす魔法のような未来を目指す、落合氏の世界を覗いてみました。

gettyimages (19322)

2018.8.10

デジタルネイチャーな世界観とは?

gettyimages (19324)

発売から5日で初版が完売したベストセラー「魔法の世紀」は、大きな注目を集めました。筑波大学で研究室を主宰する彼のラボの名称は
「デジタルネイチャー研究室」。
デジタルネイチャーとは、落合氏が提唱する未来型世界観なのですが、詳細な説明をすると以下のようになります。

“(デジタルネイチャー)はコンピュータと非コンピュータリソースが親和することで再構築される新たな自然環境であり,人・モノ・自然・計算機・データが接続され脱構築された新しい自然です。”
引用:デジタルネイチャー研究室ホームページ

つまり、人間、自然、デジタルリソース(コンピューター)がシームレスにつながり合うという世界観。
デジタルネイチャーを語る上で、欠かせないキーワードが「ユビキタスコンピューティング」です。ユビキタスとはラテン語で「偏在する」という意味ですが、「ユビキタスコンピューティング」になると、こういった意味になります。
“コンピュータがいたる所に存在(遍在)し、いつでもどこでも使える状態をあらわす概念”
出典:Wikipedia

確かに落合氏の作品は、デジタルリソースが私たちの生活圏を包み、生活の質を向上させることを目的としています。落合氏の作品はYouTubeで確認できます。
余談ですが、ユニバーサル志向の落合氏のこだわりにより、彼の動画には全て英語で解説が入ります。TEDにも何回か登壇している落合氏の英語スピーチ動画を見てみると、ネイティブ風の発音ではありませんが非常に早口で流ちょうな英語を扱い、自らの世界観を世界発信できる人物であることが分かります。

2次元と3次元の華麗なる融合

YouTubeにアップされた動画には事象が美しく撮影されているだけでなく、論理もきちんと図解されているので学術的にも価値が高いのでしょう。
「フェアリーライト」という名称の空中ディスプレイは、触れた感覚を覚えることができます。

Fairy Lights in Femtoseconds: Tangible Holographic Plasma (SIGGRAPH)

また触れることで映像を構成する「ピクセル」を操作でき、映像を変化させることも出来ます。
「日本人が開発した触れる「3D映像」の可能性」 によると、この技術を応用して将来膝の上にPCのキーボードを投影させたり、ビデオチャットの相手に触れたりといった体験が実現するかもしれないそうです!

最終目標は、宇宙生活のアップデート?

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分にとって本当に必要なモノを選び取るための考え方とは

自分にとって本当に必要なモノを選び取るための考え方とは

衣食住において、モノを選ぶ機会は多くあるものです。しかし、人からどう見られるかに基準を置いていると、見極めが分からなくなってしまいます。一田憲子著『暮らしに必要なものは、自分で決めていい。』 より、必要なモノを選ぶ考え方をご紹介します。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
【君主論】マキァヴェリに学ぶ理想のリーダー論「愛されるより恐れられよ」

【君主論】マキァヴェリに学ぶ理想のリーダー論「愛されるより恐れられよ」

西洋の『孫子の兵法』といわれる『君主論』。ルネサンス時代の政治思想家ニッコロ・マキァヴェリが書いたものです。道徳や義務といった理想と現実を切り離して書かれた君主論は、現代でも成功する組織をつくる秘訣を教えてくれる古典です。
堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。
未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部