2019年12月11日 更新

すぐ動ける人と動けない人の違いは〇〇?0秒で動くためのヤフー式考え方

やらなくてはならないことが目の前に山積み。年末は、そんなシチュエーションがさまざまな場面で起こり得るものです。新年を前にして、新しいことを始めたいと考えている人も多い時期。すぐに動ける人になるためには、どうしたら良いのでしょうか。 伊藤羊一著『0秒で動け』 より、分かっているけれどなかなか動けないときの考え方をご紹介します。

gettyimages (50342)

2019.12.11

「すぐ動ける人」と「動けない人」の違いとは

「すぐ動ける人」と「動けない人」では、思考・行動に明確な差があります。ただし、そんなに難しいことではありません。意識すればすぐに変化が現れると思います。
003ページより引用
現在、ヤフー株式会社コーポレートエバンジェリストYahoo!アカデミア学長を務めている著者。東京大学卒業後、グロービス・オリジナル・MBAプログラム(GDBA)を修了し、さまざまな要職を歴任。2015年4月にヤフー株式会社に転じてからは、次世代リーダー育成を行っています。
時間は限られていて、早く動かなくてはならない。もちろん、そんなことは誰もが分かっていることです。しかし、それがなかなかできなくて、負のスパイラルに入ってしまう人はたくさんいるのではないでしょうか。そうはいっても、動いたからといって成功の確信があるわけではない。だいたいの物事は、結末が分かってから動くわけにはいかないことばかりです。
本著には、動ける人と動けない人はどう違うのか、そして分かっているけれど動けないときにどうしたらいいのかについてまとめられています。
まずは、「すぐ動ける人」と「動けない人」の違いを知ることで、次の行動が変わってくるのではないでしょうか。
gettyimages (50349)

「頭出しの結論」を出すスキルが必要

ですので、動くためには、やる気や勇気も必要ですが、「スキル」も必要です。100%の確証がなくとも、腹落ちする結論をすぐつくることができれば、自分自身も納得して、自信を持って動き出していくことができます。
020ページより引用
ビジネスマンはまず動くことが大事だと、社会人になったときに教えられることがあります。
すぐ行動するためには、自分なりの結論をすぐに着想して、仮説を組み立てて、自信を持って踏み出すことが大事であると著者はいいます。つまり、すぐ動くためには、スキルが必要なのだというのです。
現代社会は、正解が見えない状況に囲まれています。迷っていたら、いつまでもそのままであるどころか、取り残されてしまうこともあり得るでしょう。
まず意識すべきことは、「頭出しの結論」を出すこと。
100%の確証が出なくても、まずは結論を出してみることがポイントになってきます。最終結論ではなかったとしても、より良い結論に向けて、頭出しの結論を出してみる。それさえあれば、ひとまずは動くことができるようになるというのです。あとはトライアンドエラーを繰り返して、修正していけばいい。
すぐ動ける人は、自分なりの結論をすぐに出せる人であるといえそうです。
gettyimages (50355)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ユニクロ型でもアマゾン型でもない小売新業態「D2C」とは?

ユニクロ型でもアマゾン型でもない小売新業態「D2C」とは?

ユニクロ型でもアマゾン型でもない小売新業態「D2C」は、自社で企画・生産した商品を自社サイトで販売します。アメリカの成功事例を見ると、商品の特徴、サービス、ビジョン、思想、ユニークさなどで思い切ったことをして消費者のハートをつかみました。
自分らしく幸せに生きるために知っておくべきお金と働き方の関係性

自分らしく幸せに生きるために知っておくべきお金と働き方の関係性

激動の2020年、日本はこれからいろいろな出来事が控えています。働き方も大きく変化している今、私たちは幸せに対する価値観をどう構築していけばいいのでしょうか。 新井和宏著『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』 より、知っておくべきお金や働き方の捉え方についてご紹介します。
「熱くなる」のではなく「熱くする」目標達成のための自分コントロール法

「熱くなる」のではなく「熱くする」目標達成のための自分コントロール法

新しい年を迎えて、新たな挑戦をしていきたいと思っている人は多いことでしょう。どんな物事も自分で自分を熱くしていかなければ、目標達成することは難しいものです。 横山信弘著『自分を熱くする』 より、「熱くなる」のではなく自ら「熱くする」考え方のコツをご紹介します。
「リエゾン型人材」の需要高まる!キャリアアップに有益なポジション

「リエゾン型人材」の需要高まる!キャリアアップに有益なポジション

軍隊で組織間の連絡・調整を行い、作戦の遂行をスムーズにする「連絡将校」を英語で「リエゾン・オフィサー」と言いますが、同じような「リエゾン」役を果たせる人材がビジネス界でも求められていて、医薬品や医療機器などのヘルスケア業界が先行しています。
地味な起業の始め方|普通の人だから選べる史上最強のキャリア戦略

地味な起業の始め方|普通の人だから選べる史上最強のキャリア戦略

会社に入りさえすれば安泰であるという時代は、終わりを告げたといわれています。だからといって、ただ転職・副業・独立すればいいのかといえばそうではありません。すべてがリスクになり得る時代に、私たちはどう生き残っていけばいいのでしょうか。 田中祐一著『僕たちは地味な起業で食っていく。』 より、経済的に自立できるすごい働き方「地味な起業」という道をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ