2018年5月8日 更新

「いつかは住みたい」ロサンゼルスでの生活費

多くのハリウッドセレブの豪邸があるビバリーヒルズや、西海岸を代表するビーチがあるサンタモニカなど、人気エリアが集まっている都市、それがLA、ロサンゼルスです。夢の移住計画「いつかは住みたい」ロサンゼルス篇。

thinkstock (4261)

2017.8.30
ロサンゼルスを観光で訪れたことのある人なら、きっと「一度でいいからこんなところに住んでみたい」という人も少なくないでしょう。

今回は夢のロサンゼルス移住を目指す人のために、ロサンゼルスで暮らすためにかかる費用を試算し、一か月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。憧れのロサンゼルス生活に少しでも興味のある人は、ぜひご覧ください。

ロサンゼルスの家賃はピンからキリまで

istockphoto (4268)

ひとえにロサンゼルスといっても、都市自体はとても広いです。だいたい日本でいうところの関東地方と同じくらいの広さといえば想像できるのではないでしょうか。そんな広い都市ですから、家賃もエリアによってピンからキリまでさまざまあります。ただひとつ言えるのは、治安がいい地域ほど家賃が高くなるということで、有名なビバリーヒルズなどは超高級住宅地としてよく知られています。
家賃相場の目安ですが、バス・キッチン付きの部屋を借りる場合、電気代・水道代込みで1,000ドル(約11万円)以下というエリアは極めて少なく、最低でも1,000ドルはかかるとみてよいでしょう。人気エリアになると2,000ドル(約22万円)以上からというところも多いようですが、少しでも家賃をおさえたいという人は、キッチンだけ共同、バス・キッチンが共同などのいわゆるルームシェアタイプであれば、1,000ドル以下で探すことも可能のようです。
ひとつ注意しておきたいのが、賃貸契約を結ぶ際にはSSNと呼ばれる社会保険番号が求められます。日本におけるマイナンバーのようなものにあたるSSNですが、賃貸契約の他にも、銀行口座の開設や運転免許の取得の際にも必要になってくるものなので、移住を希望している人は取得しておいたほうがいいでしょう。

ロサンゼルスには日系スーパーがたくさんある

gettyimages (4271)

観光地として名高いロサンゼルスだけあって、やはり外食できるスポットは多く、ファストフードから高級レストランまでありとあらゆる種類のお店がそろっています。ランチなどの軽食程度であれば、一食およそ10ドル(約1,100円)前後ですが、レストランなどに行くと、さらにチップ代が追加されるので意外とかかってしまう印象です。
一方、自炊の場合ですが、ロサンゼルスには意外にも多くの日系スーパーが軒を連ねています。日本でよく見る商品が買えるので、ロサンゼルスに住む日本人にとって心強い味方となっています。気になる価格ですが、日本での価格に比べおよそ1.5倍と割高となっています。
gettyimages (4280)

日系スーパーにこだわらないのであれば、現地アメリカで人気のスーパーもたくさんあります。庶民的な価格で人気を博しているものから高級スーパーまで、家賃と同じくこちらもピンからキリまでの価格となっているので、まずはいろんなスーパーへこまめに通い、価格調査するなどして「お気に入りのスーパー」を見つけてみてはいかがでしょうか。
1カ月にかかる食費は外食と自炊を半々くらいと考えて、およそ280~320ドル(約3万1,000~3万5,000円)となりますが、自炊を多めにすればこれよりおさえることが可能です。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

北欧・フィンランドの首都であり、ムーミンの生みの親である作家トーベ・ヤンソンが生まれた地でもあるヘルシンキ。北欧というと、おしゃれな家具ブランドや1日中太陽が沈まない白夜といった自然現象などが有名ですが、ヘルシンキにはそれ以外の魅力もたくさんあります。
「いつかは住みたい」ポートランドでの生活費

「いつかは住みたい」ポートランドでの生活費

アメリカ屈指の人気スポット・西海岸のロサンゼルスやシアトルに程近く、オレゴン州最大の都市であるポートランド。近年「全米一住み良い街」と言われています。
「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

近年、稀に見る急成長を遂げ、世界有数のリゾート地となり、中東を代表する都市としてその名を知られるようになったアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。砂漠の中に世界一高い「ブルジュ・ハリファ」をはじめとした超高層ビル群が立ち並び、近代的な街並みのすぐそばにあるビーチには、世界中から集まった観光客でにぎわっています。
「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

イギリスのエコノミスト誌が毎年調査している「世界で最も住みやすい都市」ランキングにおいて、6年連続1位に選ばれているオーストラリア・メルボルン。豊かな緑が街中のいたるところにあふれ、公園も多いことから別名「ガーデンシティ」とも呼ばれています。
「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座