2019年3月18日 更新

【仕事効率化】アルゴリズム思考を身に付け仕事力アップする方法

仕事がなかなか片付かない、気が付けば時間が過ぎていて今日も残業に、そんな悩みを持っていませんか。要は効率良く仕事を片付ければよいのですが、それが難しいというのが現実だと思います。そこで今回は仕事の効率化に役立つアルゴリズム思考についてご紹介します。

gettyimages (26826)

2018.12.12

アルゴリズムとは何か

gettyimages (26828)

アルゴリズムとは、特定の問題を解いたり課題を解決したりするための手順をまとめたものです。プログラミングでは、まずこのアルゴリズムを考えてからコーディング作業を行います。そしてこのアルゴリズムを考える習慣が身に付くことで、日常の業務を効率化させることに役立ちます。
プログラムにはフローチャートという流れがあります。仕事でもマニュアルなどのフローチャートがありますし、馴染みのある言葉ではないでしょうか。その元となるのがアルゴリズムであり、プログラムの骨組みとなります。問題を解決するにあたり、どんな手順で行うのか、どのような条件分岐をするのかを考えるものです。

具体的なアルゴリズムの考え方

gettyimages (26836)

具体例を挙げます。1から10,000までの整数を合計する場合、どのような方法で実行すればよいのでしょうか。電卓で1から10,000まで順番に足すというのは、あまりに非効率的ですよね。しかし日頃の業務では、それに近いことをしている人は少なくないでしょう。
方法はいくつかあると思いますが、ここではループを使った方法をご紹介します。必要な命令を以下に記します。変数とは、値を格納する場所と考えていただければよいと思います。
1 Aという変数を作る
2 Bという変数を作る
3 AとBにそれぞれ“0”を入れておく
4 Bに“1”を加える(Bという変数で1から10,000までをカウントします)
5 Aに“A+B”を格納する(変数はこのように自身の値を更改させることができます)
6 Bが10,000以下であれば4に戻る(ここで命令はループする)
7 エンド
Bは10,000を超えるまで1つずつ値が増えて、AにBを次々と加算する流れになります。

アルゴリズム思考はなぜ仕事の効率化につながるのか

gettyimages (26839)

アルゴリズムの簡単な仕組みをご紹介しましたが、なぜ普段の仕事に役立つのでしょうか。その答えは“無駄を省くことができる”からと“網羅的に考えることができる”からです。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カフェとは違うの?コワーキングスペースで働く3つのメリット

カフェとは違うの?コワーキングスペースで働く3つのメリット

「コワーキングスペース」という名前を聞いたことはあるけれど、どんなところか分からない、利用してみたいけど仕組みが分からない、という方も多いのではないでしょうか?そんなあなたに、最近のコワーキングスペースについてご紹介します。
パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントという言葉をご存知でしょうか。従来の目標管理や年次評価に代わり、メンバーの能力やモチベーションを高めて組織の目標を達成するというものです。そのマネジメント手法を個人で行ってパフォーマンスを高める方法をご紹介します。
ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

近年、ブレインストーミングの時間が設けられている会議は珍しくありません。その会議の中で、目が覚めるほど斬新なアイデアが生まれたことはありますか?ブレインストーミングを進行する人と参加する人、それぞれの立場ごとに、うまくいくコツをお伝えします。
リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

「リベラルアーツ」という言葉をご存知ですか?日本語では「教養」と表記されることが多いものの、その本質は少し異なります。近年ではリベラルアーツが、ビジネスシーンで重要なスキルだと注目を集める存在に。今回はリベラルアーツの意味や重要性、活用方法などをご紹介します。
ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

「人間拡張工学」という分野で研究されている「自在化身体」は、装置を装着すれば人間の能力を拡張して「超人」になれる技術です。それは未来の産業、ビジネスをどう変えるのでしょうか? 人間と技術の進歩との関係には、光の部分もあれば闇の部分もあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部