2019年4月5日 更新

マルチタスク派、それともシングルタスク派?あなたはどっちにする?

マルチタスク・シングルタスクという言葉が聞かれて久しいですね。一時は、マルチタスク派は効率良く仕事ができる人間で、シングルタスク派はそうではない人間、と思われていた節もあります。結論としては、自身と仕事・職種の特性を理解した上で、自ら「選択」すれば良いのです。

gettyimages (35287)

2019.4.5

マルチタスク派の強味・弱味やオススメの仕事のしかたは?

gettyimages (35298)

マルチタスク派の強味は、何と言っても複数案件を同時並行でこなしてゆくことに長けていることです。このため、当初の想定外の突発的な仕事が入ってきても、、シングルタスク派よりも柔軟に対応できる傾向が強いのですね。
上長から見れば、仕事を振りやすい部下に映るでしょう。加えて、同時に複数の仕事をこなしてゆく効能として、良い意味での気分転換ができますから、ストレス耐性が比較的高くなるメリットも見逃せません。
一方、マルチタスク派の弱味としては、集中力に欠けて移り気になりやすい傾向があることです。マルチタスク派はシングルタスク派に比較して、一つの案件を完遂する前に、興味・関心が別のことに向いてしまいがちです。特定の仕事の完成度という面から見ると、マルチタスク派は比較的低くなる傾向を否定できません。反面、拙速を旨とする対応が重視される仕事では、マルチタスク派の強味が発揮されます。
オススメの仕事のしかたですが、マルチタスク派にありがちな個々の仕事の精度・完成度(クオリティ)が低くなることを避けるために、個々の仕事をさらに細分化(タスク化)して、チェックしながら処理することが有効です。この各々のタスクを同時並行で処理してゆくことで、本来のマルチタスク派に合った生産性の高い仕事スタイルも維持できます。仮に、それぞれのタスク処理のクオリティがそこまで高くなかったとしても、案件全体として見た場合、仕事のクオリティを底上げ可能です。

シングルタスク派の強味・弱味やオススメの仕事のしかたは?

gettyimages (35304)

シングルタスク派の強味は、一点集中で1つのことに没頭できることです。このため、マルチタスク派よりも個々の仕事の精度・完成度が高くなりやすく、クオリティの高いアウトプットを期待できます。
上長の目線からは、人的リソースに余裕があるのであれば、丁寧な仕事を積み重ねることが必要な案件を専任でやらせたいところですね。他方、シングルタスク派の弱味は、同時並行で複数の案件を処理することが苦手なことで、効率の悪い仕事スタイルに映りがちです。
ある案件を任されている際に突発的に別の仕事が飛び込んで来て、即時対応を求められるような状況になると、パニックを起こす可能性があります。シングルタスク派はマルチタスク派に比べ、ストレス耐性が低くなる傾向を否定できないのですね。加えて、シングルタスク派は、物事に対するコダワリが良くも悪くも強いきらいがあります。このため、1つの仕事を完成させるのに、当初の想定以上の工数(時間)をかけがちで、納期を守れなくなるリスクが高まります。
シングルタスク派にオススメな仕事のしかたは、個々の作業(タスク)を完了するごとに、処理のPriority(優先順位)を毎回見直すクセを付けることです。タスクのPriorityを時折付け直しながら、仕事をこなすスタイルにするのですね。
シングルタスク派は一点集中で個々の作業に没頭しますので、自分がカバーすべき仕事を単なる時系列でこなすと、納期に間に合わない(相手の期待するタイミングで対応できない)可能性が出て来ます。このような事態を回避しやすくなります。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。
マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。
情報収集のコツを知って説得力を上げる!たった一つのエビデンスで一発OK

情報収集のコツを知って説得力を上げる!たった一つのエビデンスで一発OK

上司や取引先に、提案がうまく伝わらないといったことはビジネスにおいて日常茶飯事です。もし、伝え方に何かコツがあるのだとしたら、知っておきたいものです。 光成章著『一発OK!をもらえる人のエビデンス仕事術』 より、エビデンスの適切な提示方法についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部