2019年4月5日 更新

マルチタスク派、それともシングルタスク派?あなたはどっちにする?

マルチタスク・シングルタスクという言葉が聞かれて久しいですね。一時は、マルチタスク派は効率良く仕事ができる人間で、シングルタスク派はそうではない人間、と思われていた節もあります。結論としては、自身と仕事・職種の特性を理解した上で、自ら「選択」すれば良いのです。

gettyimages (35287)

2019.4.5

マルチタスク派の強味・弱味やオススメの仕事のしかたは?

gettyimages (35298)

マルチタスク派の強味は、何と言っても複数案件を同時並行でこなしてゆくことに長けていることです。このため、当初の想定外の突発的な仕事が入ってきても、、シングルタスク派よりも柔軟に対応できる傾向が強いのですね。
上長から見れば、仕事を振りやすい部下に映るでしょう。加えて、同時に複数の仕事をこなしてゆく効能として、良い意味での気分転換ができますから、ストレス耐性が比較的高くなるメリットも見逃せません。
一方、マルチタスク派の弱味としては、集中力に欠けて移り気になりやすい傾向があることです。マルチタスク派はシングルタスク派に比較して、一つの案件を完遂する前に、興味・関心が別のことに向いてしまいがちです。特定の仕事の完成度という面から見ると、マルチタスク派は比較的低くなる傾向を否定できません。反面、拙速を旨とする対応が重視される仕事では、マルチタスク派の強味が発揮されます。
オススメの仕事のしかたですが、マルチタスク派にありがちな個々の仕事の精度・完成度(クオリティ)が低くなることを避けるために、個々の仕事をさらに細分化(タスク化)して、チェックしながら処理することが有効です。この各々のタスクを同時並行で処理してゆくことで、本来のマルチタスク派に合った生産性の高い仕事スタイルも維持できます。仮に、それぞれのタスク処理のクオリティがそこまで高くなかったとしても、案件全体として見た場合、仕事のクオリティを底上げ可能です。

シングルタスク派の強味・弱味やオススメの仕事のしかたは?

gettyimages (35304)

シングルタスク派の強味は、一点集中で1つのことに没頭できることです。このため、マルチタスク派よりも個々の仕事の精度・完成度が高くなりやすく、クオリティの高いアウトプットを期待できます。
上長の目線からは、人的リソースに余裕があるのであれば、丁寧な仕事を積み重ねることが必要な案件を専任でやらせたいところですね。他方、シングルタスク派の弱味は、同時並行で複数の案件を処理することが苦手なことで、効率の悪い仕事スタイルに映りがちです。
ある案件を任されている際に突発的に別の仕事が飛び込んで来て、即時対応を求められるような状況になると、パニックを起こす可能性があります。シングルタスク派はマルチタスク派に比べ、ストレス耐性が低くなる傾向を否定できないのですね。加えて、シングルタスク派は、物事に対するコダワリが良くも悪くも強いきらいがあります。このため、1つの仕事を完成させるのに、当初の想定以上の工数(時間)をかけがちで、納期を守れなくなるリスクが高まります。
シングルタスク派にオススメな仕事のしかたは、個々の作業(タスク)を完了するごとに、処理のPriority(優先順位)を毎回見直すクセを付けることです。タスクのPriorityを時折付け直しながら、仕事をこなすスタイルにするのですね。
シングルタスク派は一点集中で個々の作業に没頭しますので、自分がカバーすべき仕事を単なる時系列でこなすと、納期に間に合わない(相手の期待するタイミングで対応できない)可能性が出て来ます。このような事態を回避しやすくなります。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

日本の企業の3分の2は後継者不在に悩んでいます。それを「娘婿=準同族」を探してきて解決しようとするのが「事業承継婚活」で、マッチングを手がける企業が現れています。独身で、経営者になりたい、起業したい男性にとっては選択肢の一つになりそうです。
常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

「ライフハック」と呼ばれる仕事の効率化について連載しています。今回はToDoリストを使ってのタスク管理ツールを紹介します。タスクを「今日やることだけに集中」させ「明日でいいものは明日にやる」を毎日繰り返せば、毎日気持ちよく仕事ができるようになります。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部