2019年6月14日 更新

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

日本の企業の3分の2は後継者不在に悩んでいます。それを「娘婿=準同族」を探してきて解決しようとするのが「事業承継婚活」で、マッチングを手がける企業が現れています。独身で、経営者になりたい、起業したい男性にとっては選択肢の一つになりそうです。

2019.6.14

後継者難は深刻でも子供に継がせたい本音

日本の中小企業は、後継者難が深刻です。
帝国データバンクが2018年11月に発表した「全国後継者不在企業動向調査」(全国約27万6,000社対象)によると、後継者不在率は66.4%と全体の3分の2にのぼります。同じく帝国データバンクが2019年4月に発表した2018年度の倒産数のデータによると、後継者不在のまま代表者が死亡したり病気になったために事業を継続できず倒産した「後継者難倒産」は420件で、2017年度の342件から22.8%も増えて過去最悪水準でした。中小企業庁は、2025年には日本企業全体の3分の1の約127万社が後継者不足で廃業するリスクに直面すると試算しています。
「全国後継者不在企業動向調査」によると、調査対象企業の現在の社長の34.7%は創業者で、40.3%は社長職を家族から受け継いだ同族承継でした。後継候補の選定が済んでいる企業は約9万3,000社ですが、その候補で最も多いのは「自分の子供」で39.7%でした。2016年以降に事業承継が判明した企業約3万5,000社のうち36.0%は、同族承継で後継者にバトンタッチをしています。
そこには「次期社長は古参社員の中から抜擢したり外部から人材を招くよりも、自分の家族、特に子供に継がせたい」という中小企業経営者の本音がのぞいています。
子供が「自分は後継者になる」と意識して親の会社に入り、しっかり「帝王学」を学んでいるなら安心でしょう。しかし、子供がいなかったり、子供が後継者になるのを嫌がったり、適性や素行の問題などで子供を後継者にしたくないと思っている場合もあります。建前では男女平等でも、残念ながら子供が女の子だと、社長はその娘を後継者とは考えていないケースが大多数です。
その場合、期待するのは結婚相手の「お婿さん」を後継者にすることです。生まれた孫が次の次の後継者になれば血はつながるので、養子縁組をしていなくても娘の結婚相手は同族に準じた扱いになるでしょう。

「事業承継婚活」サービスに参入企業続々

「婚活」というと、ふつうは「恋人探しの結婚まで考えている真剣バージョン」で、自立した大人の男女1対1のマッチングです。しかし、後継者が決まっていない中小企業経営者の娘のお婿さん探しは、オーバーに言えば「会社の存亡をかけた後継者問題の解決」を兼ねているので、親も真剣です。結婚相手の家柄や学歴や職歴や性格だけでなく、経営者としての才覚があるかどうかも問題にしたりするので、ただの婚活とはわけが違います。
しかし、たいていの大手婚活サービス会社では、そんな事情があると「本人同士はよくても、親がうるさく口出しして話をぶちこわすのでは」と敬遠したり、入会させても紹介に慎重になるなど持てあまし気味でした。それでも最近の深刻な後継者難でニーズは高まっているのか、積極的に後継者問題の解決を兼ねた「事業承継婚活」をサービスメニューに加える婚活サービス会社が現れています。
しあわせ相談倶楽部(本社・東京)は企業経営者と関係が深い公認会計士事務所が始めた婚活サービス会社ですが、その名も「事業承継婚活」を展開しています。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。
マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。
カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

一日二日では終わらない仕事。たとえば、原稿を締め切りまでに仕上げるといった中長期の仕事を管理するツールで思い浮かぶのは、カレンダーという人が多いのではないでしょうか。 今回は、タスク管理ツールでは珍しい、カレンダー表示機能のタスク管理ツール「Asana(アサナ)」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部