2019年4月22日 更新

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

世紀の一大イベントである東京オリンピックが2020年に行われます。開催期間中の都内への出勤など、交通機関の混雑が予想されます。 森本登志男著『あなたのいるところが仕事場になる』 より、今知っておきたい、テレワークという働き方についてご紹介します。

gettyimages (36077)

2019.4.22

注目が高まるテレワークという働き方

「テレワークとは何か?」については、この後詳しく説明していきますが。パソコンやインターネットなどの情報通信技術を利用して、オフィスなどの定められた場所に縛られないで、離れた場所で仕事することです。
5ページより引用
マイクロソフト日本法人に16年間勤めた経歴を持つ著者ですが、その後、佐賀県庁の最高情報統括監の公募に応募し、5年もの間、県庁職員として地方勤務を経験しました。
その後、総務省のテレワークマネジャーの委嘱を受けたり、テレワークに関する講演や企業への導入支援をしたりと、幅広い形でテレワーク推進に向けて活躍しています。
今、オフィスに縛られない形であるテレワークという働き方に注目が高まっていて、導入を検討している企業や団体が増えていると著者はいいます。
2012年のロンドンオリンピックでは、ロンドン市内の混雑緩和のために、国からテレワークが推奨されたのだとか。そして、オリンピック終了後も、レガシーとしてロンドン社会に根付いたというテレワーク。日本においても、2017年から毎年7月24日をテレワークデイとして、国が都内企業にテレワークを勧めていいます。
来たる2020年東京オリンピックの開催期間における混雑緩和対策だけではなく、働き方改革という観点から見ても、テレワークは今、重要な働き方の一つであるといえるでしょう。
gettyimages (36085)

「地方」「企業」「働き手」三方に良いテレワーク

オフィスへ出勤せずに、自宅で仕事をする「在宅勤務」。外出先や交通機関の移動中に仕事を行う「モバイルワーク」。所属するオフィス以外に設けられた拠点で仕事をする「サテライトオフィス」勤務です。
36ページより引用
そもそもテレワークとは、「ICTを活用した、場所や時間に縛られない柔軟な働き方」であると著者は説明しています。
ICTのことを日本では「情報通信技術」と訳していますが、パソコンやモバイル端末などを使って、多くの情報や知識の収集・加工等を行う技術のことを指しています。
ICTをうまく使えば、本来勤務する場所から遠く離れた場所で仕事をすることが可能です。
場所と時間にとらわれない働き方が可能になるということが、テレワークの大きなメリット。たとえば、通勤時の電車の混雑や、自動車運転のストレスから解放されることができます。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

日本の企業の3分の2は後継者不在に悩んでいます。それを「娘婿=準同族」を探してきて解決しようとするのが「事業承継婚活」で、マッチングを手がける企業が現れています。独身で、経営者になりたい、起業したい男性にとっては選択肢の一つになりそうです。
常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

「ライフハック」と呼ばれる仕事の効率化について連載しています。今回はToDoリストを使ってのタスク管理ツールを紹介します。タスクを「今日やることだけに集中」させ「明日でいいものは明日にやる」を毎日繰り返せば、毎日気持ちよく仕事ができるようになります。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ