2018年7月8日 更新

なぜ「フランス人は1割しかお嫁に行かない」のに幸せなのか?

今回手にした本のタイトルは『フランス人は1割しかお嫁に行かない』。見た瞬間「それって本当?」と疑いたくなってしまいましたが、2010年の統計によると20代フランス人女性の婚姻率はわずか6.3%。30代を加えても14.75%という数字なのだとか。ですが驚くべきはこのデータだけではありません。フランスではそもそも「嫁に行く」という概念(単語)すら存在せず、恋愛も結婚もかなりフリースタイル。そして事実婚の割合が全カップルの50%にのぼるという、世界でも稀な国なのです。

gettyimages (17382)

2018.7.8
この本はそんなフランスで妻、娘とともに30年以上に渡り生活した日本人、柴田久仁夫氏の見聞録。長期にわたるライフ・ルポルタージュとでも表現したくなるような一冊です。日本人がなんとなく「オシャレ」で「憧れる」フランス人の真の姿とは?恋愛をはじめ生活の様々なテーマで「日本とのギャップ」について書かれた驚きの中身に迫りたいと思います。

恋愛に超寛大!日本では考えられない「大統領の愛人騒動」

gettyimages (17396)

フランスが日本よりも恋愛に積極的なのはなんとなくイメージできますが、現地で暮らした柴田氏にとって想像以上のものだったそうです。例えば、元大統領のミッテランは大統領の就任直後に愛人の存在について問われ「それが何か?」と平然と答えたのだとか。その後のサルコジ元大統領は略奪愛など3度の結婚や隠し子騒動を報じられ、現在のオランド大統領も事実婚や女優との不倫スキャンダルを報じられています。
しかし驚きなのは、恋愛スキャンダルが話題にはなるものの、大統領の進退に影響したり世間の非難を浴びたりするほどになっていない点です。日本でこんなことがあったら一体どれだけ炎上するのか?想像もつきませんね。そして、そんな恋愛大国のフランスでは結婚の価値観もやはり独特なものでした。

「未婚」ではない「非婚」という選択ができる国!

gettyimages (17392)

フランスでは他の先進国と同様に晩婚化が進んでいますが、じつは事実婚状態のカップルが非常に多いのだといいます。その背景には、事実婚カップルに対して法的婚姻関係とほぼ同じレベルの権利を認める制度「パックス」の存在があります。税制、出産、子育てにおいて経済的なハンデなしに家族が持てるのです。
そして驚きなのはこの制度が同性カップルにも認められ、「同性カップルも養子を迎えることができる法律」まで成立したこと。男性カップルがベビーカーを押して歩く光景が街中や公園で見られる時代になったのです。日本では渋谷区など少数の自治体が同性婚を認めたばかりですが、フランスでは結婚どころか子供まで持つことができ、公表されただけで300組近くの同性カップルが実際に養子縁組を許されました。
日本では、少子化が急速に進む中でも子育てを放棄するネグレクトが取り沙汰されていますが、たとえ両親が同性でも、愛されていると感じることの方が重要だというのがフランスが出した答え。この判断から我々日本人が学ぶべきこともあるのではないか?そう感じずにはいられませんでした。

流されないフランス人は「いつもの」が大好き!

gettyimages (17381)

恋愛では自由奔放なフランス人ですが唯一、食事に関してはかなり頑固な一面があるのだと言います。例えば、お気に入りの店を見つけたら毎日のように通い、いつもと同じ席でいつものメニューを注文。新たなファストフードの参入は軒並み苦戦し…ミシュランガイド発祥の地にもかかわらず、星を獲得した店にさほど関心がないようなのです。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座