2019年7月10日 更新

お金持ちが家のインテリアに求めること|家具の選び方の特徴は

テレビや雑誌でお金持ちのお宅訪問の特集を見たことはありませんか。 たいてい、物が少なくて上質な家具が置かれてあり、広々とした空間が広がっていますよね。今回は、お金持ちがどのような基準でインテリアを決めているのかについて解説します。

2019.7.10

お金持ちが部屋のインテリアに求めるのは居心地の良さ

お金持ちにとって、自宅とは食事をしたり寝たりするだけの空間ではなく、日頃の疲れを癒してくれる大切な場所です。そのため、お金持ちはインテリアに居心地の良さを求めています。

しっかり休める気持ち良い空間

ゆったり座れる椅子や広々とした空間は、心と体に安らぎを与えてくれます。硬い椅子より手触りが良くてクッション性のある椅子のほうが疲れが取れ、清潔な空間は見ているだけで気持ちが良いものです。
例えば、タレントの石田純一・東尾理子夫妻は、以前テレビ番組で推定3億円の自宅を公開していましたが、広々とした空間にソファやマッサージチェアなどこだわりの家具を置いていました。床に物を置きっぱなしにすることなく、リビングやキッチン、ベランダはきれいに片づけられています。(※1)

整理整頓して時間短縮

物が散らかっていて、どこに置いたか分からない状態にしていると、必要なときに探す手間と時間がかかってしまいます。お金持ちはお金だけではなく自分の時間も大切にしているので、無駄な時間はお金の浪費と同じくらい嫌います。日頃から整理整頓をして、物をさがさなくてもいいよう時間短縮しているのです。

アイディアが生まれやすい空間

クリエイティブな仕事をしている人にとって、アイディアは仕事を進めるうえでとても重要です。職場だけではなく自宅でもアイディアを常に考えているため、アイディアが生まれやすいよう空間づくりにもこだわりがあります。
例えば、お金持ちの家は天井が高い家が多いですよね。ミネソタ大学が行ったある実験によると、天井の高い部屋にいた人たちはより自由なアイディアが生まれたのに対し、天井の低い部屋にいた人たちは思考が制限されたそうです(※2)。つまり、天井の高さはアイディアの生まれやすさに比例します。お金持ちは無意識のうちに狭い空間よりも広い空間を好み、アイディアが生まれやすい空間に整えているのです。

お金持ちは家や家具を大切に扱う

47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せ度が高い人に共通する3つのお金の使い方とは

幸せ度が高い人に共通する3つのお金の使い方とは

お金の使い方次第で人生の幸せ度合いが決まります。誰しも実感するように、お金は幸せな人生を送るために必要不可欠な要素です。しかし、お金それ自体が人生に幸せをもたらしてくれる訳ではありません。お金は目的ではなく、幸せになるためのツールだからです。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

世の中には、いいお金とあまりよくないお金の二種類があるようです。自分が手にしたお金や出しているお金は、はたしてどちらであるといえるのでしょうか。 KenHonda著『一瞬で人生を変えるお金の秘密happy money』 より、過去を見つめ直してより良い未来に向かうHappy Moneyを作り出す考え方をご紹介します。
お金 |
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座