2019年7月10日 更新

お金持ちが家のインテリアに求めること|家具の選び方の特徴は

テレビや雑誌でお金持ちのお宅訪問の特集を見たことはありませんか。 たいてい、物が少なくて上質な家具が置かれてあり、広々とした空間が広がっていますよね。今回は、お金持ちがどのような基準でインテリアを決めているのかについて解説します。

2019.7.10

お金持ちが部屋のインテリアに求めるのは居心地の良さ

お金持ちにとって、自宅とは食事をしたり寝たりするだけの空間ではなく、日頃の疲れを癒してくれる大切な場所です。そのため、お金持ちはインテリアに居心地の良さを求めています。

しっかり休める気持ち良い空間

ゆったり座れる椅子や広々とした空間は、心と体に安らぎを与えてくれます。硬い椅子より手触りが良くてクッション性のある椅子のほうが疲れが取れ、清潔な空間は見ているだけで気持ちが良いものです。
例えば、タレントの石田純一・東尾理子夫妻は、以前テレビ番組で推定3億円の自宅を公開していましたが、広々とした空間にソファやマッサージチェアなどこだわりの家具を置いていました。床に物を置きっぱなしにすることなく、リビングやキッチン、ベランダはきれいに片づけられています。(※1)

整理整頓して時間短縮

物が散らかっていて、どこに置いたか分からない状態にしていると、必要なときに探す手間と時間がかかってしまいます。お金持ちはお金だけではなく自分の時間も大切にしているので、無駄な時間はお金の浪費と同じくらい嫌います。日頃から整理整頓をして、物をさがさなくてもいいよう時間短縮しているのです。

アイディアが生まれやすい空間

クリエイティブな仕事をしている人にとって、アイディアは仕事を進めるうえでとても重要です。職場だけではなく自宅でもアイディアを常に考えているため、アイディアが生まれやすいよう空間づくりにもこだわりがあります。
例えば、お金持ちの家は天井が高い家が多いですよね。ミネソタ大学が行ったある実験によると、天井の高い部屋にいた人たちはより自由なアイディアが生まれたのに対し、天井の低い部屋にいた人たちは思考が制限されたそうです(※2)。つまり、天井の高さはアイディアの生まれやすさに比例します。お金持ちは無意識のうちに狭い空間よりも広い空間を好み、アイディアが生まれやすい空間に整えているのです。

お金持ちは家や家具を大切に扱う

47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

お金持ちは皆が皆、幸せな人ばかりでしょうか。幸せじゃないお金持ちは存在しないのでしょうか。このような素朴な疑問を持つ方も少なくないはずです。お金持ちは、基本お金持ち同士で付き合いますから、外には余計にその実態(精神面も含む)は見え難いのですね。
キャッシュレス決済の種類は3×3通り?メリット・デメリット比較

キャッシュレス決済の種類は3×3通り?メリット・デメリット比較

「最近キャッシュレス決済の種類が多くて、よく分からない。」このような方も少なくないでしょう。それでも、消費税増税に伴って、キャッシュレス決済でのポイント還元制度の発表などもあり、否が応でも気にせざるを得ませんね。キャッシュレス決済の種類と、その特徴を整理しました。
お金 |
お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

「お金持ちの思考にはパターンがある。」これはある程度確かです。お金持ちになれる人に特有の思考回路、と言い換えても差し支えないでしょう。人生一度きり、1日24時間しか持ち時間がないことは、誰にも全く平等です。差を生み出すものこそ、思考パターンですね。
孤独が人を滅ぼす?

孤独が人を滅ぼす?

経済コラムニストの大江英樹氏は、著書「定年楽園」で、定年後の最大の不安は、孤独になること、と書かれています。 その本を初めて読んだ時、僕は老後を乗り切るのはやっぱりお金でしょ、なんて考えていたので、孤独?と多少疑問に思いました。
経済 |
【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

富裕層のお金の使い方にこそ、誰もが参考にできる知恵が詰まっています。所得や資産が桁違いの富裕層のお金の使い方など、一般層にはとても参考にならないと思われがちですね。ところが、そのようなことは全くなく、日々のくらしに活かせることも少なくないのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部