2019年9月30日 更新

その疲れ「秋バテ」かも?不調の原因や、すぐできる対策方法を解説

涼しくなる秋は過ごしやすい季節です。しかし、夏の生活習慣次第では、だるくなったり気分が沈んだりする「秋バテ」の症状があらわれてしまいます。そこで今回は、 秋バテの原因や予防する方法、おすすめの秋バテ対策について解説していきます。

gettyimages (47891)

2019.9.30

秋バテの原因を知る

gettyimages (47892)

秋バテとは、主に夏の生活習慣が原因で体に不調をおぼえることを言います。夏バテと異なる点は、過ごしやすい秋になってからも体調不良が続くことです。
夏は、気温によるストレスが多い季節です。たとえば、猛暑日のように体温に近い気温は、人体にとって快適と感じる気温から大きく逸脱します。すると、体温を保とうと体が持っている恒常性維持機能がフル活動します。それがストレスとなり、自律神経を乱してしまうのです。また、冷房による温度差や冷たい食べ物や飲み物をとることも、体にとって大きなストレスになります。このような生活習慣が続くと、夏が過ぎても体調不良が続く秋バテが起きてしまいます。
秋バテになると、体がだるくなったり肌荒れが起きたりする身体的なことだけでなく、やる気が出なくなるような精神的な不調も起きやすくなります。そのため、本格的な秋が来る前にしっかり予防をすることが、秋バテ対策の第一歩と言えるでしょう。

秋バテを予防する方法

gettyimages (47893)

秋バテを予防するためには、自律神経を乱す夏特有の生活習慣を見直す必要があります。ただし、一気に生活習慣を変えてしまうとストレスとなり、秋バテ予防効果は低くなります。そのため、少しずつ変えることを心がけましょう。
まず、もっともおすすめするのが運動です。決まった時間に決まった負荷の運動を続けることで、自律神経を安定させる効果が期待できるためです。気温が高く屋外での運動で体調を崩す恐れがある日は、室内で軽いトレーニングを行いましょう。たとえば、ジャンプしながら両腕を上げるジャンピングジャックや、一定のリズムで左右のパンチを繰り出すボクササイズなどがおすすめです。涼しくなってきたら、少しずつ外に出る回数を増やしていってください。屋外でのトレーニングは、激しい運動ではなくウォーキングや軽いジョギング程度でよいでしょう。
次に、室温を管理することで温度変化の激しい環境から少しずつ脱却していきましょう。体が冷房に慣れていると、少し暑く感じただけで冷房を入れがちになります。それをやめて、服装を薄着にしたり扇風機に変えたりしてください。
そして、食生活を変えていきましょう。気温が高いと冷たい食べ物や飲み物がほしくなりますが、できるだけとらないようにします。長期間冷たいものをとる習慣ができあがっている場合は、口に入れる回数を減らすことを意識してください。

だるさを感じたら秋バテ対策を行う

gettyimages (47894)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ふくらはぎのラインを綺麗に!むくみや筋肉太りを解消する方法

ふくらはぎのラインを綺麗に!むくみや筋肉太りを解消する方法

「むくみや脂肪で太い」「筋肉でボコボコしている」そんなふくらはぎの悩みを抱えている人は少なくありません。筋トレで対策をしても逆効果になることも。そこで今回は、ふくらはぎが太くなる原因やラインをキレイにする方法について解説していきます。
背中のぜい肉はなぜつくの?脂肪を落とすおすすめの方法を解説

背中のぜい肉はなぜつくの?脂肪を落とすおすすめの方法を解説

背中の脂肪やたるみで悩んでいる人は少なくありません。背中は自分では確認しにくいため、知らないうちに理想とはかけ離れた後ろ姿になっていることもあります。今回は、 背中にぜい肉がつく原因や脂肪を落とすトレーニング法などについて解説していきます。
大胸筋を集中的に短時間で鍛える!プッシュアップHIITのポイント解説

大胸筋を集中的に短時間で鍛える!プッシュアップHIITのポイント解説

大胸筋を自重で鍛える場合、強度の高いトレーニングができずに筋肥大に苦労している人は少なくありません。そこでおすすめする方法が、大胸筋を集中的に鍛えることができる、インターバルの短い高強度トレーニング「プッシュアップHIIT」です。
脚のむくみの原因は?トレーニングとストレッチのおすすめ解消法

脚のむくみの原因は?トレーニングとストレッチのおすすめ解消法

長時間の立ち仕事やデスクワークを行っていると、夕方には脚がパンパンにむくんでしまうことがあります。しかし、間違ったケアではむくみ依存体質になることも。そこで今回は、脚のむくみ解消におすすめのトレーニングとストレッチについて解説していきます。
自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

女性の「美」を追求すると果てしないのが今の現代です。 「美」と言ってもスキンケアからボディメンテナンスまで様々ですが、美意識が高い人は、美容に対して自己投資を惜しみません。 今、美容にお金や時間をかけておくことで、何歳になっても綺麗でいられるのではないかという自信にもなります。 しかし、間違った美容の自己投資や時間の使い方などをしている人も中にはいます。 この記事では、想像する未来の自分のために、今の美容への自己投資の方向性が本当に正しいかどうか、お金や時間の使い方なども解説していきます。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座