2018年9月22日 更新

フィジーでのんびりお安く英語留学。ユニーク体験の宝庫でした

皆さんフィジーと聞いて何をイメージされますか?フィジーはリゾート地としても有名ですが、留学先としても魅力がたくさん詰まった国なのです。しかも、物価や学費が非常に安い為、欧米諸国での留学の3分の1の費用で留学できるとも言われています。

gettyimages (21714)

2018.9.22

フィジーってどんな国?

gettyimages (21730)

「世界で最も幸せな国」との代名詞を持つフィジー。また、フィジーには大きく分けて2つの民族が共存しています。フィジアンとインディアンがそれぞれ約50%ずつを占めていて全く違う文化や言語を話す民族同士が共存しており多様性を肌で感じる事もできます。
私はフィジアンとインディアンの家庭両方に滞在しましたが、お互いの独自の文化にすごく興味を持ちました。またそれぞれの言語を持ちながら共存するため、民族を超えてコミュニケーションする事が必須である事から幼い子供でもなんの問題も無く英語を話します。
1年間の滞在で感じた事は、フィジアンはとてものんびりしていて、もしお互いが困っていたら物の貸し借りを積極的に行うケレケレという文化が根付いています。また週末には教会に必ず出向き、男性は国技であるラグビーに勤しむ事も多くあります。また、キャッサバというイモを主食にしておりココナッツ風味の料理が多いのも特徴です。その一方で、インディアンはとても勤勉です。商店の経営者はインディアンである事が非常に多いです。ヒンドゥー教の信仰者が多く、特に10月にあるディワリというお祭りはとても盛り上がっています。街にはインディアンが着用するサリーやアクセサリーのお店が点在しておりインドの空気を感じる事もできます。基本的に毎日カレーを食べており、ダルスープという豆のスープなども人気です。多国籍国家とは違い、2つの全く違った文化を持つ人々がお互いを受け入れ共存している国はフィジーならではなのではないでしょうか。

フィジーでの人気アクティビティ

gettyimages (21731)

フィジーは330の島から成り立つ島国です。留学中に特に人気な休日を過ごし方はやっぱりアイランドホッピングです。本島であるビジレブ島から日帰りでいける島や少し遠い島まで私が訪れたオススメの島をご紹介します。

タベウニ島

タベウニ島には世界で数カ所しかない日付変更線をまたげるスポットがあります。日付変更線に挟まってみるなど、なんともユニーク体験ができます。また幻の名花と呼ばれる「タンギモジア」という世界でこの島の湖の近くにしか咲かないといわれている大変めずらしい花に出会うこともできます。

ヤサワ諸島

ヤサワ諸島周辺の海はフィジーの中でも抜群に美しいです。映画「青い珊瑚礁」のロケ地としても有名です。中でも、ブルーラグーンケープ・ツアーという水中のトンネルを通っていく鍾乳洞ツアーは迫力満点です。また5月から10月はダイビングやシュノーケリングでマンタの群れを見れるチャンスもあります。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

就活の話題作りだったはずが、僕はフィリピンで涙を流した。

就活の話題作りだったはずが、僕はフィリピンで涙を流した。

フリーランス国際協力師としてアフリカのウガンダ共和国で働く筆者。今でさえ国際協力の最前線で活動していますが、大学に入学した当初はこの分野に全く興味がなかったと語ります。 一年生の時、「就活の話題作りになればいい」と思って参加した海外ボランティア。そこで、彼の人生を大きく変える出来事が起こりました。
ワーホリで英語力は伸びる?オーストラリアの留学経験で得たこと

ワーホリで英語力は伸びる?オーストラリアの留学経験で得たこと

海外へ渡航する前に一番気なることは、やはり英語ではないでしょうか。英語力が生活とどう関わるかを、 オーストラリアのゴールドコーストで働いた経験を交えて紹介します。
ワーホリの新制度「サードビザ」とは 留学で上手にステップアップ

ワーホリの新制度「サードビザ」とは 留学で上手にステップアップ

ワーキングホリデービザは通常1カ国につき1年の滞在が認められていますが、2019年7月からオーストラリアで年目のワーホリを認める「サードビザ」が発行されます。しっかりと長期渡航の計画を立て、自分を成長させる大きなチャンスを掴みませんか。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
海外留学のプロ直伝!失敗しない社会人向け留学先の選び方とは?

海外留学のプロ直伝!失敗しない社会人向け留学先の選び方とは?

今年、大人の語学留学も渡航者数が増えており、日本人の全年代に留学への関心が高まっています。もはや、高校や大学の交換留学などだけではない「留学」ですが、どのように渡航先を決めればよいのか、失敗しない留学先の選び方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部