2019年8月6日 更新

ファーウェイの脅威とは

ハイテク中国企業ファーウェイが、北朝鮮の3Gネットワーク構築・運営に技術支援していたというニュースが報じられました。財務責任者がバンクーバーで逮捕されてからアメリカの部品輸出規制リスト入りしたファーウェイは、Googleにサポートを停止されるなど孤立化の一途を辿っています。

gettyimages (44035)

2019.8.6

世界No.1といえるファーウェイの5G技術

gettyimages (44036)

高い技術を誇る中国ハイテク企業ファーウェイ(華為技術)は、ガジェット(デジタル機器)の他に「基地局」でもシェアが高く、基地局の世界シェアにおいてはエリクソン、ノキアとともに三強と呼ばれてきました。近年では実質的な世界1位に躍り出て、スマホでもサムスンに次いで世界2位についています。高い技術力を持ちながら、5Gの機器に関しては競合他社より3割も安い(日本経済新聞2018年12月14日)など、国際競争力は非常に高い企業です。
5Gとは、大容量、多接続、高速化、低遅延を特徴とする次世代型通信技術のことで、現行の4G を全てにおいて上回ります。ファーウェイは保有する5Gにおける高い技術を、自社製のガジェットや基地局に搭載しようとしています。
中国は2017年に国家情報法を制定し、国民に対して情報提供を求めることができる政府の権限を強化しました。このことからファーウェイ製品には、「情報収集のためのバックエンドがついている」、「アメリカの情報を抜き取ろうとしている」などの懸念がついてまわるようになりました。
もともとアメリカは、ファーウェイの基地局がアメリカ国内に普及すると国家安全上の問題が発生すると考え、ファーウェイを疑ってきました。民間企業でありながら中国政府や軍に繋がり、アメリカの情報の収集を請け負っているといった疑惑について、アメリカ議会は議論を繰り返してきました。

バンクーバーで孟晩舟(モウ・バンシュウ)を逮捕した背景とは

gettyimages (44061)

2018年12月、ファーウェイの財務責任者でありファーウェイ創業者の娘にあたる孟晩舟(モウ・バンシュウ)が、カナダのバンクーバーで逮捕されました。

逮捕の根拠となったのは、アメリカが経済制裁をおこなっているイランに対して、ファーウェイが”アメリカの技術”を使用している特定の機器を、違法に輸出しようとした疑惑があるというものです。アメリカ側は、2016年以前からこの疑惑を追い、捜査をおこなっていました。

この不正取引がアメリカにバレてしまった背景には、ファーウェイが取り引きに使ったイギリスの銀行のリークがあったといわれています。

孤立を極めるファーウェイ

gettyimages (44070)

ファーウェイのスマホは日本でも人気ですが、エンティティリスト(禁輸措置対象リスト)にファーウェイが掲載された後は世界各国でファーウェイ排除の連鎖が見られ、日本もそれに続きました。
2019年5月、GoogleがAndroidシステムの供給などのビジネスを一部停止すると報道されると、多くの企業がそれに続いたのです。インテル、クアルコムをはじめとしたメーカーはチップなどの部品の供給をストップし、マイクロソフトは自社のオンラインストアからファーウェイ製品を排除しました。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラグビー日本代表が悲願のベスト8入で得たものは

ラグビー日本代表が悲願のベスト8入で得たものは

2019年10月20日という日は、日本ラグビー界にとって間違いなく記憶される日になるでしょう。そうです、この日は、9回目のW杯出場で初の準々決勝。しかも、前回大会で勝利をしている南アフリカ戦。日本中の期待が高まりましたが、結果は善戦したものの3−26で敗れました。しかし、今回のベスト8入りで日本代表BRAVE BLOSSOMSは大きな財産を得ました。その財産とは。
秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋になったら見逃せないのが紅葉狩り。紅葉の美しいところは数ありますが、今年は小京都と呼ばれる京都に似た佇まいを持つ所を訪ね、紅葉を楽しんでみるのはどうでしょう。日本全国から選んだ小京都紅葉スポットと本場京都の紅葉をご紹介します。
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部