2018年8月31日 更新

世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏の裏の顔

ウォーレン・バフェット氏は世界で最も有名な投資家として知られています。今回はウォーレン・バフェット氏の素顔を知ることで、投資家として成功する生き方に必要なことはなにかを考えていきたいと思います。

2018.8.22

1 ウォーレン・バフェット氏の華々しい経歴

ウォーレン・バフェット氏は投資家として華々しい経歴を持っています。最初にウォーレン・バフェット氏の経歴を詳しく見ていきましょう。

ⅰ バークシャー・ハサウェイの会長兼CEOとしての顔

ウォーレン・バフェット氏は1965年当時繊維会社だったバークシャー・ハサウェイを買収し再建に取り組み始めました。しかし主力業務であった繊維業は1985年に完全撤退することになっています。その代わりに投資業に専念していくことになります。現在ではバークシャー・ハサウェイは世界最大の投資持株会社になっています。

ⅱ バークシャー・ハサウェイの驚異的リターン

1965年から2014年までの約49年間のS&P 500の上昇率とバークシャー・ハサウェイの株価を比較することで、その驚異的なリターンを理解することができます。S&P 500が約112倍だったのに対し、バークシャー・ハサウェイの株価は約18300倍になっています。具体的にはウォーレン・バフェット氏がバークシャー・ハサウェイの経営権を握った時にたった10,000円投資していれば、資産が1億8300万円になっていたことになります。

2 ウォーレン・バフェット氏の投資方法と投資信条

驚異的な投資効率を上げるウォーレン・バフェット氏の投資方法はどのように確立されてきたのでしょうか?ウォーレン・バフェット氏の人生とリンクさせながら、投資方法が確立されてきた様子を見ていくことにしましょう。

ⅰ 幼少時から「経営者」

ウォーレン・バフェット氏は幼少時からその才能を開花させていました。具体的には祖父に6本25セントで購入したコーラを1本5セントで売ったり、ワシントン・ポストの配達のアルバイトをしたり、ゴルフ場のボール拾いや競馬の予想新聞の販売まで小学生の時には行っていました。

ⅱ 投資家デビューは11歳

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
本物のお金持ちのライフスタイルは地味そのもの!その理由は?

本物のお金持ちのライフスタイルは地味そのもの!その理由は?

莫大な資産を持つお金持ちほど、実は生活は地味なものです。しかしこれは、無意味に節約をしたりお金を出し惜しんだりしているわけではありません。そこにどのような理由があるのかを知ることで、お金持ちになる秘訣がわかるかもしれません。
幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

お金持ちは皆が皆、幸せな人ばかりでしょうか。幸せじゃないお金持ちは存在しないのでしょうか。このような素朴な疑問を持つ方も少なくないはずです。お金持ちは、基本お金持ち同士で付き合いますから、外には余計にその実態(精神面も含む)は見え難いのですね。
【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

富裕層のお金の使い方にこそ、誰もが参考にできる知恵が詰まっています。所得や資産が桁違いの富裕層のお金の使い方など、一般層にはとても参考にならないと思われがちですね。ところが、そのようなことは全くなく、日々のくらしに活かせることも少なくないのです。
お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるためには、すべてに労力を割くのではなく、資産を増やすための労力にすべてを注がなければなりません。そのためには、すでに習慣にしていることもやめる決断も必要です。そこでお金持ちになるために捨てるべきものを3つご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部