2018年8月31日 更新

世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏の裏の顔

ウォーレン・バフェット氏は世界で最も有名な投資家として知られています。今回はウォーレン・バフェット氏の素顔を知ることで、投資家として成功する生き方に必要なことはなにかを考えていきたいと思います。

2018.8.22

1 ウォーレン・バフェット氏の華々しい経歴

ウォーレン・バフェット氏は投資家として華々しい経歴を持っています。最初にウォーレン・バフェット氏の経歴を詳しく見ていきましょう。

ⅰ バークシャー・ハサウェイの会長兼CEOとしての顔

ウォーレン・バフェット氏は1965年当時繊維会社だったバークシャー・ハサウェイを買収し再建に取り組み始めました。しかし主力業務であった繊維業は1985年に完全撤退することになっています。その代わりに投資業に専念していくことになります。現在ではバークシャー・ハサウェイは世界最大の投資持株会社になっています。

ⅱ バークシャー・ハサウェイの驚異的リターン

1965年から2014年までの約49年間のS&P 500の上昇率とバークシャー・ハサウェイの株価を比較することで、その驚異的なリターンを理解することができます。S&P 500が約112倍だったのに対し、バークシャー・ハサウェイの株価は約18300倍になっています。具体的にはウォーレン・バフェット氏がバークシャー・ハサウェイの経営権を握った時にたった10,000円投資していれば、資産が1億8300万円になっていたことになります。

2 ウォーレン・バフェット氏の投資方法と投資信条

驚異的な投資効率を上げるウォーレン・バフェット氏の投資方法はどのように確立されてきたのでしょうか?ウォーレン・バフェット氏の人生とリンクさせながら、投資方法が確立されてきた様子を見ていくことにしましょう。

ⅰ 幼少時から「経営者」

ウォーレン・バフェット氏は幼少時からその才能を開花させていました。具体的には祖父に6本25セントで購入したコーラを1本5セントで売ったり、ワシントン・ポストの配達のアルバイトをしたり、ゴルフ場のボール拾いや競馬の予想新聞の販売まで小学生の時には行っていました。

ⅱ 投資家デビューは11歳

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
お金持ちになるために“今すぐ”できる「逆算思考」とは

お金持ちになるために“今すぐ”できる「逆算思考」とは

富裕層になるためのマインドは理解できるし目指すべきことはわかるけれど、具体的にどうすればいいのでしょうか。手段を考えることは必要ですが、その前に考えるためのヒントも必要かと思います。そこで今回はそのひとつの方法をご紹介します。
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
とっておきのセレブ婚が出来る方法 ~富裕層男性の見分け方~

とっておきのセレブ婚が出来る方法 ~富裕層男性の見分け方~

あなたは、「富裕層」をしっかり見分けることはできますか?富裕層の見極め方をマスターしておくと、婚活に役立つのみではなく、お仕事や人間付き合いなど様々な場面で活躍することができるでしょう。今回は、そんな「富裕層」男性を見極める術を、3つのポイントに絞って紹介していきたいと思います。
高級マンションコンシェルジュが見た「富裕層女性」に共通するシンプルな特徴

高級マンションコンシェルジュが見た「富裕層女性」に共通するシンプルな特徴

富裕層と言われる方々の中でも、女性が取っている行動や特徴にはどんなことがあるでしょうか。高級マンション販売やマンションコンシェルジュ業務を10年間経験した筆者が、富裕層の女性の特徴を考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部