2019年11月7日 更新

運動能力UPのために知っておきたいインナーマッスルトレーニング法

「運動をはじめたけど思うように体が動かなかった」「久しぶりにトレーニングをしたらケガをしてしまった」このようなケースは少なくありません。そこで今回は、運動機能アップや維持に大切なインナーマッスルのトレーニング法を解説していきます。

gettyimages (37754)

2019.5.17

運動機能に関係の深いインナーマッスルとは?

gettyimages (37755)

インナーマッスル(深層筋)は、胴体部分にあるコアマッスルだけではありません。肩や脚などにもインナーマッスルは存在します。その中で、運動機能に深く関わるインナーマッスルは、「体幹」や「脚」など下半身を中心とした部位です。多くのスポーツはもちろん、軽いジョギングでも下半身のインナーマッスルの動きが重要な役割を果たします。そのためここでは、体幹と脚のインナーマッスルトレーニングについて説明していきます。

体幹のインナーマッスルトレーニング

体幹(胴体)にあるインナーマッスルは、運動機能だけでなく、普段の姿勢やウエストラインにも深く関わってくる部位です。まずは、体の要となる体幹のインナーマッスルトレーニングからはじめましょう。
gettyimages (37752)

トレーニングの前に準備運動を行います。やり方は、まず床に仰向けになり、軽くひざを立てましょう。お腹に手を当て、腹部の動きがわかるようにします。次に、ゆっくり息を吐きながら同時にお腹をへこませてください。すべての息を吐き、限界までお腹をへこませるようにします。この状態で、軽く息を吸ってまた息を吐ききる動作を繰り返します。30秒程度行い、通常の呼吸に戻してください。
gettyimages (37751)

準備運動が終わったら、体幹のインナーマッスルトレーニングに移ります。まず、腕立て伏せの体勢になってください。次に、右腕を前方に上げると同時に左脚を後方に上げましょう。首から右足のかかとが一直線になるように体幹に力を入れながら、15秒ほどキープします。反対側も同様に、左腕を上げると同時に右脚を上げて15秒キープしてください。このトレーニングを3セット行いましょう。難しい場合は、ひざをついて行ってもかまいません。
gettyimages (37753)

立ったままできるトレーニング法もあります。やり方は、まず直立状態から右脚を上げて片脚立ちになります。次に、浮かせたほうの右脚をまっすぐ前方に上げ5秒キープ。そこから太ももの内側に力を入れて、左方向に上げ5秒キープ、反対の右側に上げて5秒キープしましょう。後方も同様に行います。右脚を後方と、そこから左右に上げて5秒ずつキープさせてください。これを2セット行います。バランスが崩れやすいため、体幹を意識して体が倒れないようにしましょう。脚を使うことで、脚のインナーマッスルも鍛えることができます。難しい場合は、片足立ちをできるだけ長く維持するだけでもよいでしょう。

脚のインナーマッスルトレーニング

脚のインナーマッスルトレーニングは、特に内ももにある内転筋を鍛えることが重要です。運動機能の向上だけでなく、太もも痩せや整ったレッグライン、ヒップアップなどにも効果的です。また、内転筋は骨盤とつながっているため、お腹全体を支える役目もあります。そのため、ぽっこりした下腹などの解消にも効果的でしょう。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自宅で握力強化!前腕を鍛えるトレーニングメニュー5選

自宅で握力強化!前腕を鍛えるトレーニングメニュー5選

握力の強化は、握る動作を行うスポーツやウエイトトレーニングで大切なだけではありません。前腕を太くたくましく見せることができます。そこで今回は、自分の体重で、また簡単な道具を使って握力を強くするためのトレーニング法について解説していきます。
運動が苦手でも簡単!自宅でできる太もも引き締め集中エクササイズ

運動が苦手でも簡単!自宅でできる太もも引き締め集中エクササイズ

「脚をスッキリさせたいけど運動する時間がとれない」「筋力がなくてスクワットが辛い」など、太もものことで悩んでいる人は少なくありません。今回は、運動が苦手な人でも自宅で短時間でできる、太もも引き締め集中エクササイズについて解説していきます。
冬のかくれ脱水症状に注意!水分代謝をアップして予防する方法

冬のかくれ脱水症状に注意!水分代謝をアップして予防する方法

冬は、寒さや発汗量の低下から水を飲む量が減る傾向にあります。そのため、かくれ脱水症状に陥り、むくんだり太ったりする人は少なくありません。そこで今回は、水分代謝をアップさせて冬のかくれ脱水症状を予防する方法について解説していきます。
日経ヘルス編集長に聞く!健康で美しく働き続けるための2020年健康トレンド

日経ヘルス編集長に聞く!健康で美しく働き続けるための2020年健康トレンド

医学の進歩により人生100年時代がやってくるなか、ビジネスパーソンにとって、ただ寿命を伸ばすだけでなく、ベストパフォーマンスを出し続ける健康な体づくりの方法を知っておきたいものです。今から取り入れるべき健康法や2020年の健康トレンドについて、日経ヘルス編集長の白澤淳子さんにうかがいました。
通勤時にできる筋トレ法とは?日常のながら運動を徹底解説!

通勤時にできる筋トレ法とは?日常のながら運動を徹底解説!

「時間がなくてジムに通えない」「忙しい時期はぜんぜん筋トレできない」など、運動する時間が取れないことに悩んでいるビジネスパーソンは少なくありません。そこで今回は、時間がなくてもできる通勤時のながら筋トレ法を解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座