2018年11月13日 更新

長期休暇は仕事が心配?それならマイクロ・バケーションでリフレッシュ!

日本で長期休暇をとろうとすると、メール処理や職場での印象といった心配がつきまといます。そこでおすすめなのがマイクロ・バケーション。数時間〜3日程度の休みをバケーションにするのです。たとえばひとりキャンプや都心でサーフィンはいかがでしょう。

gettyimages (25107)

2018.11.13

長期休暇のかわりに楽しむマイクロ・バケーション

gettyimages (25100)

夏休みに代表される長期休暇。子どもの頃は心待ちにしていたのに、大人になってみると「休むのが怖い」と考える人が意外と多いことに気づきます。
働き方改革で休暇をとりやすくなったとはいえ、いざ休もうとすると様々な問題が発生します。スケジュール調整は大変だし、いざ長期休暇をとっても「やることが思い浮かばない」「孤独がつらい」という悩みが出てくるのです。
それなら「マイクロ・バケーション」から始めてみてはいかがでしょう。マイクロ・バケーションとは、数時間〜3日ほどの短い休暇のこと。時間管理コーチであり事業主でもあるエリザベス・グレース・サンダーズは、2週間に1回の頻度でマイクロ・バケーションを楽しんでいるといいます。
マイクロ・バケーションなら、大きなプランを立てる必要はありません。数時間〜1日程度の休暇が中心ですから、他の人に仕事を頼むといった手間もほとんどなし。仕事で疲れ果てる前に手軽にリフレッシュできてしまいます。

1日休めるなら近郊でひとりキャンプを楽しむ

gettyimages (25115)

マイクロ・バケーションでは、思い切ってひとりの時間を楽しみましょう。サンダーズの場合は、近場の湖にある小さいコテージに宿泊したり、大きな公園に出かけたりするのだとか。
日本では「おひとりさま」という言葉が定着し、近年はキャンプもひとりで楽しむ人々が増えています。「ひとりキャンプ」「ソロキャンプ」と呼ばれるこのスタイルは、キャンプ初心者でも挑戦できるのが魅力。最低限必要なキャンプ用品も5万円ほどでそろいますし、一度そろえてしまえばあとは食材とキャンプ場の利用料、交通費程度でいつでも出かけられます。自宅から2時間以内の場所なら日帰りだって可能です。
ひとりキャンプでタープやテントを設営(日帰りならテントは不要)し、テーブルとチェアを設置したら、あとは料理をつくったりコーヒーを入れたり・・・。キャンプ場のルールに違反しない範囲で、好きなことをしながらゆったり過ごしましょう。
大勢で楽しむキャンプと違って、ひとりキャンプなら自分の都合次第で実行もキャンセルもOK。インドア派の人もタープの下で趣味を楽しむことができますし、自然という非日常的環境でひとりの時間をもてること自体が、今の職業人にはとても贅沢です。「北軽井沢スウィートグラス」のようにハンモックのレンタルができるキャンプ場なら、ハンモックに揺られるという特別な体験も味わえるでしょう。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄観光は夏のイメージがありますが、沖縄の3月は海をいち早く楽しめる「海開き」や「花のカーニバル」「イルミネーション」など、見どころが豊富です。気温が20度近く上がり、雨が比較的少ない春の季節だからこそ体験できる、沖縄のイベントを紹介します。
長崎の冬を彩る大イベント 長崎ランタンフェスティバルに行こう

長崎の冬を彩る大イベント 長崎ランタンフェスティバルに行こう

長崎は、江戸時代の鎖国の時にも、日本で唯一海外と接触を持ち交易を行っていた所です。そのため、キリスト教の教会や唐人町、中国系のお寺などがあり、西洋や中国文化の影響を色濃く受けてきました。そうした多文化の町長崎の冬を彩るのが「ランタンフェスティバル」です。
一生に一度は行きたい!富裕層気分が味わえるイタリア・シエナのホテル

一生に一度は行きたい!富裕層気分が味わえるイタリア・シエナのホテル

ルネサンス時代に大輪の花を咲かせた都市国家フィレンツェ。その最大のライバルであったのがシエナです。美しいルネサンス時代そのままのような都市には、日本人女性とそのファミリーが運営するラグジュアリーな邸宅が存在感を示しています。
【旅しながら生きる】旅のバイブル本 深夜特急に学ぶお金に縛られない生き方

【旅しながら生きる】旅のバイブル本 深夜特急に学ぶお金に縛られない生き方

私は現在オーストラリアを旅しながら生きています。今の生活に至った一つのきっかけとして挙げられるのが沢木耕太郎著『深夜特急』。フィリピンから上海に旅立つ時から読み始めた名著。今回は作品から学んだ生き方について紹介していきます。
生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部