2018年4月9日 更新

仮想通貨の技術をどのように応用していくか

どんどん価値が膨らむ「魔法のお金」というイメージがついて回る仮想通貨。確かに仮想通貨は、購入者に今後大きな利益をもたらすでしょう。しかし仮想通貨にはお金儲けだけでなく、インターネットが世界を変えたような経済構造を変革する力が潜んでいることをご存知ですか?

野口氏は、ブロックチェーンによるスマートコントラクトが一般的になると次のような変化がもたらされると述べています。
・国内送金コストダウン
・海外送金コストダウン
・インターネットでの小額ビジネスの活性化
送金コストダウンによって、今まで大企業に占められていた分野に個人やスモールビジネスが台頭してくると野口氏は予見します。
これには個人的に実感があります。スカイプオンライン英会話を始めた友人が、講師として米国の母親を採用した時のことです。Paypalで報酬を海外送金しようとしたのですが、手数料が高くて割に合わず結局母親の採用を諦めました。ビジネス規模が大きければ手数料は問題にならないのにと、私達は思ったものです。
送金コストダウンは、個人やスタートアップのビジネス参入の後押しになるのは間違いないのではないでしょうか。

ブロックチェーンによって信用を扱う仕事はいずれ要らなくなる?

thinkstock (12838)

野口氏は上記サイトで、もう一つ恐ろしいことを予見しています。それは、ブロックチェーンによって「信用を扱う業務」は削減されていくというものです。信用を扱う業務とは何でしょうか。
・契約、証明、記録などに関わる仕事
・行政書士
・司法書士
・公務員
こんなドラスティックな変化が起きるのでしょうか。野口氏によると、安定職といわれるこれらの職種は、ブロックチェーンという新しい信用担保が普及した暁には削減されていくというのです。スマートコントラクトによって信用証明に革命が起きれば、その為にかなりの時間とお金を要した時代は過去のものになるということでしょう。

まとめ

いかがでしたか。難しく思われがちなブロックチェーン技術ですが、少しでも身近に感じて頂けたなら嬉しいです。「お金の民主化」とうたわれるブロックチェーン技術が、私達の生活を大きく変える日は近いのです。
しーな

しーな

システム開発業の夫を手伝いながら身に付けた知識で、2017年からIT業界を中心に扱
いライティングをしています。3児の母です。IT業界や成功者に興味があります。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクティブ・ラーニングって具体的になに? 家庭で実践するコツは?

アクティブ・ラーニングって具体的になに? 家庭で実践するコツは?

アクティブ・ラーニングという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。これは、生徒自らが能動的に学ぶことであり、教育現場では、学習者が能動的に学べるような授業を行ったり課題に取り組んだりすることを言います。典型的には、グループ・ディスカッションや体験学習、夏休みの自由研究などです。
ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

古代ローマ時代の富裕層が愛した「ワイン」と「閑暇」。 この奥の深いふたつのキーワードを体現したのが、「エノツーリズモ」といわれる観光です。世界各地にあるワイナリーは、豊かな自然に囲まれているという立地条件により、すでにそれだけで閑雅な閑暇を過ごすには絶好のシチュエーション。これを利用した観光業が、昨今のブームとなりつつあるのです。
ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミス・ビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミス・ビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

「未来のお金のつくり方」をテーマとして2018年2月17日に開催された、「お金の教養フェスティバル」。そこで"ミス・ビットコイン"藤本真衣さんが1,000人を前に語った、ブロックチェーンやビットコインの未来とは。
エンジニア出身のホリエモンがIT起業家からも一目置かれる理由

エンジニア出身のホリエモンがIT起業家からも一目置かれる理由

堀江貴文氏を世に知らしめたのは2004年の仙台新球団参入失敗。 彼の生き方は注目を浴び、メルマガや動画チャンネルも登録者多数、彼のコメントも影響力があります。 実は起業当時、堀江氏はプログラマーだったのです。 あまり知られていないプログラマーとしての堀江貴文をまとめてみます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座