2019年3月22日 更新

「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

ブラジルは、日本のほぼ反対側、約17,000km離れた場所に位置する南米の国です。 サッカーの国…などといったイメージが先行しがちですが、その人口は日本よりも多い約2億人で、世界5位。豊富な労働力と資源を持ち、現在はBRICS(Brazil、Russia、India、China、South Africa)の1つに数えられるなど、経済大国として注目を浴びています。

gettyimages (34213)

2019.3.22
特にサンパウロは、多くの高層ビルが並ぶ南米経済の中心地。多国籍企業などが進出している影響もあり、様々な人種が混じり合うミックスカルチャーの発信地としても賑わいを見せています。
そこで今回は、将来サンパウロへの移住を検討している方のために、実際に暮らす上で必要な生活費などを紹介します。1カ月あたり一体どのくらいのお金があればよいのか?  日本の暮らしとどんな点が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1レアル(BRL)=30円として計算しています)
(※ 2019年 3月時のレート)

サンパウロの家賃相場は?

gettyimages (34221)

まずは、生活費の大半を占める家賃について。ブラジルでは貧富の差が大きいため、同じ間取りでも、物件や場所によって大きな差があります。
1〜2ベッドルームの場合、1カ月・1,000〜1,500レアル(約3万〜4万5,000円)もあればそれなりの生活水準の部屋に住むことができますが、日本と比べて治安が不安だという方も多いかもしれません。
市内で最も治安が良いとされるのは「パウリスタ」というエリアで、日本人在住者にも人気があります。家賃の相場は1カ月・3,000レアル(約9万円)程度で、駐在員が暮らすような部屋となると5,000レアル(約15万円)以上の物件も珍しくありません。
とはいえこのエリアは、大都市・サンパウロの中でも特に栄えているビジネス街ですので、東京の中心地に住むことと比べれば安いと考えられます。鉄柵が設置され、門番が常駐している物件も多いため、我々日本人でも安心して暮らすことができます。
管理費の相場は家賃の20〜30%と日本に比べ高いですが、多くの物件に、バーベキュースペースやプールなどの共用スペースが備えられています。また、敷金・礼金などは原則発生しないので、初期費用はあまり高くならない傾向にあります。

食料品の豊富さは世界随一

gettyimages (34237)

南米というと、物価が安いというイメージがありますが、新興国・ブラジル国内の物価は上昇傾向にあります。しかし、食料品においては“世界屈指の供給力を誇る”ということもあり、自国産のものは安く購入できます。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。
「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。
「いつかは住みたい」セブ島での生活費

「いつかは住みたい」セブ島での生活費

白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海…セブ島は、世界中から観光客が集まる有数のリゾート地として知られています。マリンスポーツを楽しめるビーチやフォトジェニックなスポットが多いこともあって、近年はハネムーンの旅行先として日本でも人気を博しています。
「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

ファッションの中心地、ミラノ。ミラノコレクションの開催地であり、中心街には一流ブランドの本店や旗艦店がずらり。洗練されたショーウィンドウを見ているだけでも気分がアガります。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部