2018年7月25日 更新

「いつかは住みたい」ソウルでの生活費

地理や気候も近い韓国は、日本人にとって最も身近な国の1つ。韓国の料理・美容・芸能などは日本でも流行ることが多く、最近ではチーズタッカルビ・オルチャンメイク・TWICEといったものも人気を博しています。

gettyimages (18042)

2018.7.21
特に首都のソウルへは、飛行機で片道約2時間前後と、場合によっては国内よりも早く移動が可能です。気軽に観光を繰り返すうちに、ソウルで暮らしてみたいと思うようになる人も多いのではないでしょうか。
今回は、いつかソウルで暮らしてみたいという人のために、実際にソウルで生活する場合に掛かる生活費や日本と異なる注意点を紹介します。一カ月あたり一体どのくらいのお金があればよいのか? 今後の人生設計の参考にしてみてはいかがでしょうか。

貯金が多ければタダで住める? 独自の家賃制度

gettyimages (18053)

韓国での物件探しは日本とほぼ変わらず、不動産会社やインターネットを利用する方法が一般的です。一方で、いざ契約をする際には、日本と違い大きく2つのパターンに分かれます。
「チョンセ(伝貰)」は、賃貸契約の際にまとまった保証金を事前に支払うシステムです。以降は月々の家賃を支払う必要がなく(場合によっては管理費のみ必要)、家を出る際にその保証金が全額返金されるので“実質タダ”で家を借りることが可能です。
なぜ実質タダで借りられるのかというと、家主は契約期間の間、そのお金を銀行に預けたり投資したりするなど運用をして利益を上げているからです。
注意すべき点は保証金額が高額であることで、1億ウォン程度(1,000万円)必要となる場合もあります。しかし、実際の退去時には全額返還されるので、蓄えがある場合こちらの制度を利用すれば、大変お得に移住をすることが可能です。
そして、もう1つの制度が「ウォルセ(月貰)」です。こちらは日本の賃貸契約の様に保証金を預け、その後は月々の家賃を支払います。
ソウルに住む場合、ワンルームの相場は保証金500万〜1,000万ウォン(50万〜100万円)・家賃50万ウォン(5万円)前後。家主によっては、最初の保証金と毎月の家賃の配分を交渉できる場合もあります。

食費は日本と大差ナシ

gettyimages (18068)

「韓国料理といえば格安!」という印象を持つ方も少なくありませんが…実は、最近の韓国では、物価が上昇傾向にあります。特にソウルにおいては、世界的にも高いと言われる日本の都心部の物価と、あまり違いが無くなってきています。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルは、日本が古くから交流を持った西洋の国です。その関係は1543年にポルトガル人が種子島に漂着した時にまで遡り、2010年には修好通商条約締結150周年を迎えるなど、友好な関係が続いています。
「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

日本から直行便も出ているスイスのチューリッヒは、銀行や証券会社などが集まる世界有数の金融都市です。さらに、文化・芸術の中心地でもあり、大都市でありながら湖などの豊かな自然が望めることも、大きな魅力として知られています。 この様な点からも「住みたい都市」「生活の質が高い都市」といったランキングでも常に上位に名が挙げられており、憧れを抱いたことがある方も多いのではないでしょうか?
「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

バルト三国の最北に位置するエストニアは、人口約130万人、国土は日本の約9分の1の小さな国です。以前に、元大関・把瑠都の活躍で国名を耳にした方も多くいらっしゃると思います。 そのエストニアですが、近年“IT先進国”として大きな注目を浴びていることをご存知でしょうか? 実は、あの「Skype」もエストニアから生まれたサービスなのです。
生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
海外で暮らしてみたい!そんな時に知っておきたいお金のこと

海外で暮らしてみたい!そんな時に知っておきたいお金のこと

一度は海外で暮らしてみたい……なんて考えたことはありませんか? いまではリタイア後の移住の選択肢として海外も入っているくらですから、決して夢物語ではありません。 実際に暮らすとなると、移住費はもちろん生活まわりのお金のことをなど考えておくべきことがたくさんあります。そこで、リタイアまで待てる人も待てない人も、海外暮らしを検討する前に、知っておきたい大切なポイントを説明します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部