2018年7月25日 更新

「いつかは住みたい」ソウルでの生活費

地理や気候も近い韓国は、日本人にとって最も身近な国の1つ。韓国の料理・美容・芸能などは日本でも流行ることが多く、最近ではチーズタッカルビ・オルチャンメイク・TWICEといったものも人気を博しています。

gettyimages (18042)

2018.7.21
特に首都のソウルへは、飛行機で片道約2時間前後と、場合によっては国内よりも早く移動が可能です。気軽に観光を繰り返すうちに、ソウルで暮らしてみたいと思うようになる人も多いのではないでしょうか。
今回は、いつかソウルで暮らしてみたいという人のために、実際にソウルで生活する場合に掛かる生活費や日本と異なる注意点を紹介します。一カ月あたり一体どのくらいのお金があればよいのか? 今後の人生設計の参考にしてみてはいかがでしょうか。

貯金が多ければタダで住める? 独自の家賃制度

gettyimages (18053)

韓国での物件探しは日本とほぼ変わらず、不動産会社やインターネットを利用する方法が一般的です。一方で、いざ契約をする際には、日本と違い大きく2つのパターンに分かれます。
「チョンセ(伝貰)」は、賃貸契約の際にまとまった保証金を事前に支払うシステムです。以降は月々の家賃を支払う必要がなく(場合によっては管理費のみ必要)、家を出る際にその保証金が全額返金されるので“実質タダ”で家を借りることが可能です。
なぜ実質タダで借りられるのかというと、家主は契約期間の間、そのお金を銀行に預けたり投資したりするなど運用をして利益を上げているからです。
注意すべき点は保証金額が高額であることで、1億ウォン程度(1,000万円)必要となる場合もあります。しかし、実際の退去時には全額返還されるので、蓄えがある場合こちらの制度を利用すれば、大変お得に移住をすることが可能です。
そして、もう1つの制度が「ウォルセ(月貰)」です。こちらは日本の賃貸契約の様に保証金を預け、その後は月々の家賃を支払います。
ソウルに住む場合、ワンルームの相場は保証金500万〜1,000万ウォン(50万〜100万円)・家賃50万ウォン(5万円)前後。家主によっては、最初の保証金と毎月の家賃の配分を交渉できる場合もあります。

食費は日本と大差ナシ

gettyimages (18068)

「韓国料理といえば格安!」という印象を持つ方も少なくありませんが…実は、最近の韓国では、物価が上昇傾向にあります。特にソウルにおいては、世界的にも高いと言われる日本の都心部の物価と、あまり違いが無くなってきています。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ベルリンでの生活費

「いつかは住みたい」ベルリンでの生活費

ドイツは、長らくヨーロッパの政治・経済を牽引し続けている大国として知られています。美味しいビールやソーセージ、サッカーや高級車などで、われわれ日本人にとっても馴染みの深い国です。
「いつかは住みたい」北京・上海での生活費

「いつかは住みたい」北京・上海での生活費

中国の首都であり数々の歴史的建造物が存在する北京。摩天楼が立ち並ぶ美しい都市・上海。いずれも中国の代表的な経済都市で、日本の企業から派遣された駐在員も数多く存在します。
「いつかは住みたい」ニュージーランドでの生活費

「いつかは住みたい」ニュージーランドでの生活費

日本から飛行機で11時間、広大な自然に恵まれたニュージーランドには、毎年多くの人々が足を運んでいます。教育が充実していることから留学先としても人気があり、学生時代に訪れた経験がある人もいるのではないでしょうか。
「いつかは住みたい」ホーチミンでの生活費

「いつかは住みたい」ホーチミンでの生活費

日本からアクセスの良い東南アジア諸国の中でも、新興国として注目を浴びているのがベトナムです。特に、東南部に位置するホーチミンは、経済を牽引する国内最大の都市として、アジアでも有数の賑わいを見せています。
「いつかは住みたい」サンフランシスコでの生活費

「いつかは住みたい」サンフランシスコでの生活費

アメリカ西海岸の港湾都市として有名なサンフランシスコ。半島に連なる摩天楼、オーシャンビューの高級住宅街、人でにぎわうフィッシャーマンズワーフなど、海と都市が融合した明るい街並みは多くの人に愛されています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座