2018年7月25日 更新

「いつかは住みたい」ソウルでの生活費

地理や気候も近い韓国は、日本人にとって最も身近な国の1つ。韓国の料理・美容・芸能などは日本でも流行ることが多く、最近ではチーズタッカルビ・オルチャンメイク・TWICEといったものも人気を博しています。

gettyimages (18042)

2018.7.21
特に首都のソウルへは、飛行機で片道約2時間前後と、場合によっては国内よりも早く移動が可能です。気軽に観光を繰り返すうちに、ソウルで暮らしてみたいと思うようになる人も多いのではないでしょうか。
今回は、いつかソウルで暮らしてみたいという人のために、実際にソウルで生活する場合に掛かる生活費や日本と異なる注意点を紹介します。一カ月あたり一体どのくらいのお金があればよいのか? 今後の人生設計の参考にしてみてはいかがでしょうか。

貯金が多ければタダで住める? 独自の家賃制度

gettyimages (18053)

韓国での物件探しは日本とほぼ変わらず、不動産会社やインターネットを利用する方法が一般的です。一方で、いざ契約をする際には、日本と違い大きく2つのパターンに分かれます。
「チョンセ(伝貰)」は、賃貸契約の際にまとまった保証金を事前に支払うシステムです。以降は月々の家賃を支払う必要がなく(場合によっては管理費のみ必要)、家を出る際にその保証金が全額返金されるので“実質タダ”で家を借りることが可能です。
なぜ実質タダで借りられるのかというと、家主は契約期間の間、そのお金を銀行に預けたり投資したりするなど運用をして利益を上げているからです。
注意すべき点は保証金額が高額であることで、1億ウォン程度(1,000万円)必要となる場合もあります。しかし、実際の退去時には全額返還されるので、蓄えがある場合こちらの制度を利用すれば、大変お得に移住をすることが可能です。
そして、もう1つの制度が「ウォルセ(月貰)」です。こちらは日本の賃貸契約の様に保証金を預け、その後は月々の家賃を支払います。
ソウルに住む場合、ワンルームの相場は保証金500万〜1,000万ウォン(50万〜100万円)・家賃50万ウォン(5万円)前後。家主によっては、最初の保証金と毎月の家賃の配分を交渉できる場合もあります。

食費は日本と大差ナシ

gettyimages (18068)

「韓国料理といえば格安!」という印象を持つ方も少なくありませんが…実は、最近の韓国では、物価が上昇傾向にあります。特にソウルにおいては、世界的にも高いと言われる日本の都心部の物価と、あまり違いが無くなってきています。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。
「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

ブラジルは、日本のほぼ反対側、約17,000km離れた場所に位置する南米の国です。 サッカーの国…などといったイメージが先行しがちですが、その人口は日本よりも多い約2億人で、世界5位。豊富な労働力と資源を持ち、現在はBRICS(Brazil、Russia、India、China、South Africa)の1つに数えられるなど、経済大国として注目を浴びています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部