2018年1月10日 更新

本物の「富裕層」はお金を稼ぐことに興味がない

若くして富裕層になる人は何が違うのか~彼らの共通点は?~ 実際にはお金持ちになる人はほんの一部で、それ以外の人は普通の生活を送っています。ではお金持ちになる人とならない人の違いは何でしょうか。

thinkstock (7156)

2018.1.10
これを読んでいる人の中にも「お金持ちになりたい」「それもできるだけ早いうちに」と思っている人もいるかもしれません。ここではお金持ちである富裕層の共通点について紹介します。

いくら稼げば富裕層になるの?

thinkstock (7157)

さて富裕層といってもいったいいくらから富裕層と呼んだら良いのでしょうか。残念ながら富裕層のはっきりとした定義はありません。一般的に年収1,000万円あれば裕福なイメージがありますが、確実に裕福だと思われるのが年収2,000万円以上でしょう。人によっては年収1億円以上が裕福だと考えるかもしれません。
野村総合研究所では純金融資産額を切り口として日本の世帯を5つに分類しています。その中で富裕層の定義は純金融資産額が1億円以上の人たちとしています(5億円以上は超富裕層)。ここでも純金融資産額が1億円以上の人を想定していますが、今回は若くして富裕層になることが目的ですので、その資産を一代で稼いだ人が対象です。

年齢別富裕層になる人の割合は?

thinkstock (8711)

では富裕層は日本にどれくらいいるのでしょうか。前述した野村総合研究所の調査によれば、超富裕層は0.14%、富裕層は2.16%で合わせて2.3%です。2.3%の人が日本の金融資産の約20%を占有しています。日本の富裕層の割合は年々増えてはいますので、富裕層になる人が確実にいるのです。

富裕層になる人の共通点は?

gettyimages (7186)

実際に富裕層は確実に存在し、富裕層になる人もいるのですが、ではそうした人たちの共通点とはどのようなものでしょうか。ここではその共通点を3つ紹介します。

1.学歴は関係ない・中退者が多い

マイクロソフトを起業したビル・ゲイツはハーバード大学を中退しています。アップルのスティーブ・ジョブスはリード大学を中退。Facebookを立ち上げたマーク・ザッカーバーグもハーバード大学を中退しています。日本ではライブドアを起業した堀江貴文が東大を中退しています。ジョブスのように経済的理由で中退する人もいますが、大学での授業よりもビジネスの方に面白さを感じたことと決断の速さがその理由でしょう。面白い、やりたいと思ったらすぐにやるそのスピード感が彼らも富裕層へと押し上げたと言えます。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちほど子供の教育には力を注ぎ、投資だと看做す傾向が顕著です。また、高学歴の子供の親はお金持ちが多い、というのも昨今の市井では広く言われることですね。これはどうしてでしょうか。お金持ちの子供教育のベースにある価値観・考え方を知っておきましょう。
お金持ちがモテる理由はお金があるからだけではない 

お金持ちがモテる理由はお金があるからだけではない 

お金持ちはモテるという印象はありませんか。お金持ちはお金があるからではなく、お金を稼げるから人を魅了するのです。そこでお金持ちがモテる理由をご紹介します。
お金持ちになれる人のお金の使い方には特徴がある

お金持ちになれる人のお金の使い方には特徴がある

お金持ちになれる人とそうでない人は、稼ぎ方や貯め方だけではなくお金の使い方に違いがあります。お金持ちは小さな出費から大きな出費まで自分なりのポリシーに基づいて決断しています。今回はお金持ちが実践している3つのお金の使い方をご紹介します。
あなたにとって「成功者とは」?あの人が語る定義や例は?

あなたにとって「成功者とは」?あの人が語る定義や例は?

成功者とは、あなたにとって誰でしょうか? 成功者の定義や、その例を明確に心に抱いていますか? 昨今の市井では、「成功者とは経済的な自由を獲得した人、」という画一的な定義が広く浸透している感もあります。誰もが認める成功者による定義の例を紹介しましょう。
本物のお金持ちを見分ける基準は3つ?持ち物では分からない?

本物のお金持ちを見分ける基準は3つ?持ち物では分からない?

市井には「本物のお金持ち」と、「お金持ち風の人」とがいます。それぞれを見分けるためには、3つの「基準」を知っておく必要があるのですね。判断基準を持っていないと、メディアに翻弄された誤ったお金持ちのイメージが自分の中にできてしまいます。さて、身近にいるあの人は?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部