2018年1月10日 更新

本物の「富裕層」はお金を稼ぐことに興味がない

若くして富裕層になる人は何が違うのか~彼らの共通点は?~ 実際にはお金持ちになる人はほんの一部で、それ以外の人は普通の生活を送っています。ではお金持ちになる人とならない人の違いは何でしょうか。

2.自分の興味があることを大切にする

富裕層になる人は自分のこだわりを持っていることが多いです。これを世の中に出したい、これを売りたいという人が成功しています。スティーブ・ジョブスも自分の直感を信じてビジネスを行っていました。ビル・ゲイツは物事を突き詰めることが好きで、そうすることで良い結果が出ると言っています。とにかく興味があること、面白いことをやり続けることが大切です。日本でも堀江貴文が同様に面白いことにどんどんチャレンジしています。このように好きなこと、興味のあることをとことん突き詰めることができるかどうかが富裕層になる条件でしょう。

3.お金を稼ぐことが目的ではない

富裕層なのにお金を稼ぐことが目的ではないというと意外かもしれませんが、成功者は自分の興味があることを突き詰めていたり、お金以外の目的を達成するために事業をしていたりする人が多いです。あくまでもお金は結果であると言えます。例えばFacebookを立ち上げたマーク・ザッカーバーグはその目的を「どんな人とも繋がること」としています。そしてみんなが目的意識を持てるような社会を作りたいと考えています。お金だけを目的にしている人は実は少ないというのは覚えておいた方が良いでしょう。

自分の興味があることに積極的にチャレンジしてきましょう

thinkstock (7189)

ここまでで分かったように富裕層になる人はお金を目的にしてきたわけではなく、自分の興味のあること、自分が社会に対して影響を与えられることを実践してきたに過ぎません。その結果として富裕層になったのです。たいていの人は興味あることがあってもチャレンジしません。若くして富裕層になりたい人は自分の興味があることに積極的にチャレンジして下さい。その先に富裕層への道がありますよ。

ジョン0725

大学院博士課程で勉強をしながら、中学受験塾で15年教えてきました。現在は小学生対象の教室運営、教材作成、ライターとさまざまな分野で仕事をしています。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
お金持ちになるために“今すぐ”できる「逆算思考」とは

お金持ちになるために“今すぐ”できる「逆算思考」とは

富裕層になるためのマインドは理解できるし目指すべきことはわかるけれど、具体的にどうすればいいのでしょうか。手段を考えることは必要ですが、その前に考えるためのヒントも必要かと思います。そこで今回はそのひとつの方法をご紹介します。
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
とっておきのセレブ婚が出来る方法 ~富裕層男性の見分け方~

とっておきのセレブ婚が出来る方法 ~富裕層男性の見分け方~

あなたは、「富裕層」をしっかり見分けることはできますか?富裕層の見極め方をマスターしておくと、婚活に役立つのみではなく、お仕事や人間付き合いなど様々な場面で活躍することができるでしょう。今回は、そんな「富裕層」男性を見極める術を、3つのポイントに絞って紹介していきたいと思います。
高級マンションコンシェルジュが見た「富裕層女性」に共通するシンプルな特徴

高級マンションコンシェルジュが見た「富裕層女性」に共通するシンプルな特徴

富裕層と言われる方々の中でも、女性が取っている行動や特徴にはどんなことがあるでしょうか。高級マンション販売やマンションコンシェルジュ業務を10年間経験した筆者が、富裕層の女性の特徴を考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部