2018年6月4日 更新

話題の経営者、佐藤航陽氏が考える「未来の経済のカタチ」!

みなさんは起業家、佐藤航陽(かつあき)氏をご存じでしょうか? 手数料ゼロパーセントのインターネット決済サービス「SPIKE(スパイク)」や、時間を売買できるアプリ「タイムバンク」と言った画期的な仕組みを持つサービスの生みの親であり、今やアジア全域、世界をまたにかけて事業を展開するITベンチャー企業の代表です。1986年生まれながら、フォーブス誌が選ぶ「日本を救う起業家ベスト10」に選出。「次世代を牽引する日本人起業家」との呼び声高い起業家です。

thinkstock (15576)

2018.6.3
世界を舞台にスケールの大きな経営を展開する佐藤氏。一体どんな「お金のとらえ方」をしているのか?気になっていたので、彼の新著『お金2.0』を読んでみることにしました。テーマは「お金の正体とは何なのか?」そして「テクノロジーの進化を受けて、経済はこれからどんな道へと進むのか?」。ビットコインをはじめとする仮想通貨の話題など、学校では習ったことのない話が盛りだくさんでした。
それでは、本書の内容に迫りたいと思います。

お金の正体とは?急速に変化している「お金の在り方」!

gettyimages (15584)

まず第一章では、お金が誕生した背景から現在に至るまでの流れをわかりやすく解説。お金には価値の「保存・尺度・交換」の役割があると言われ、その起源は紀元前1600年頃の貝殻でした。その後、今からおよそ300年前に産業革命が起きて資本主義が誕生すると、この頃からお金の存在は独り歩き。元々のツールとしての役割だけではなく、お金にお金を稼がせる「証券化」などのスキームが生まれます。
と、ここまでは学校でも習ったことの「学び直し」のような内容ですが、学校の授業と違うのは経営者として佐藤氏自身が経済の流れを体感していること。ビッグデータの解析や活用、ネット決済事業を手掛けているだけあって「経済は欲望のネットワーク」であることの解説や、中国新興ビジネスの例を挙げての説明にはさすがの説得力がありました。
過去~現在までの話に続いて、2章以降は未来の話が中心。まさに今、お金の価値観を大きく揺るがすテクノロジーが次々と生まれているのだそうです。私たちは「新しい経済」をどう生きるべきなのか?そのヒントが見つかるかもしれません。

「シェアリングエコノミー」と「トークンエコノミー」が経済を変える!

thinkstock (15582)

今、経済の世界で大注目のキーワード「シェアリングエコノミー」。例えばタクシードライバーと個人をネットワーク化して配車をスムーズにした『UBER』や、空き部屋を貸したい人と宿泊先を探している旅人をマッチングする『Airbnb(エアービーアンドビー)』など、余ったものをネットワークでつながった人々がシェアすることで生まれる経済のこと。コストを大幅に削減できるメリットがあります。
さらにもう一つ、『トークンエコノミー』。こちらは特定のネットワーク内で流通する独自の通貨を「トークン」として生産者が発行することで生まれた、ネットワーク完結型の経済圏のこと。例えば月間1500万ユーザーを誇るカナダ発のメッセンジャーアプリの会社は、利用者が活発化するようなコンテンツをアップしてくれたユーザーに独自の仮想通貨で報酬を支払う計画があるのだそうです。
さらにもう一つ、『トークンエコノミー』。こちらは特定のネットワーク内で流通する独自の通貨を「トークン」として生産者が発行することで生まれた、ネットワーク完結型の経済圏のこと。例えば月間1500万ユーザーを誇るカナダ発のメッセンジャーアプリの会社は、利用者が活発化するようなコンテンツをアップしてくれたユーザーに独自の仮想通貨で報酬を支払う計画があるのだそうです。
この流れがさらに進めば、もはや経済の起点は国では無くなり国境すら意味をなさないものになっていくのかもしれません。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

孤独が人を滅ぼす?

孤独が人を滅ぼす?

経済コラムニストの大江英樹氏は、著書「定年楽園」で、定年後の最大の不安は、孤独になること、と書かれています。 その本を初めて読んだ時、僕は老後を乗り切るのはやっぱりお金でしょ、なんて考えていたので、孤独?と多少疑問に思いました。
経済 |
世界各国が傾斜する金融緩和と為替の関係

世界各国が傾斜する金融緩和と為替の関係

最近の経済指標を見ていると世界的な景気の減速傾向が確認できます。そのため、各国の中央銀行より金融緩和を進める発言や、実際にいくつかの国においては緩和策(利下げなど)が採用されています。ところで、金融緩和策の打つ手が限られている日本円の今後の見通しはいかに。
地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

ここ数年、合併のニュースが相次ぐ地方銀行。銀行合併というニュースを聞くと、「自分の貯金は大丈夫なのか」、「地域経済に影響はないのか」と心配になる方も多いでしょう。地方銀行はなぜ合併をするのでしょうか。そして、利用者である私達にはどのような備えが必要なのでしょうか。
お金 |
キャッシュレスで税金が払える!メリットや注意点はある?

キャッシュレスで税金が払える!メリットや注意点はある?

税金の支払いと言えば、現金が一般的でした。しかし、2017年から国税をクレジットカードで支払いできるようになり、地方税もキャッシュレスで支払うことができる自治体が増えています。今回は、キャッシュレスでの地方税の支払い方法、メリットや注意点を詳しくお伝えします。
お金 |
不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部