2018年6月4日 更新

話題の経営者、佐藤航陽氏が考える「未来の経済のカタチ」!

みなさんは起業家、佐藤航陽(かつあき)氏をご存じでしょうか? 手数料ゼロパーセントのインターネット決済サービス「SPIKE(スパイク)」や、時間を売買できるアプリ「タイムバンク」と言った画期的な仕組みを持つサービスの生みの親であり、今やアジア全域、世界をまたにかけて事業を展開するITベンチャー企業の代表です。1986年生まれながら、フォーブス誌が選ぶ「日本を救う起業家ベスト10」に選出。「次世代を牽引する日本人起業家」との呼び声高い起業家です。

thinkstock (15576)

2018.6.3
世界を舞台にスケールの大きな経営を展開する佐藤氏。一体どんな「お金のとらえ方」をしているのか?気になっていたので、彼の新著『お金2.0』を読んでみることにしました。テーマは「お金の正体とは何なのか?」そして「テクノロジーの進化を受けて、経済はこれからどんな道へと進むのか?」。ビットコインをはじめとする仮想通貨の話題など、学校では習ったことのない話が盛りだくさんでした。
それでは、本書の内容に迫りたいと思います。

お金の正体とは?急速に変化している「お金の在り方」!

gettyimages (15584)

まず第一章では、お金が誕生した背景から現在に至るまでの流れをわかりやすく解説。お金には価値の「保存・尺度・交換」の役割があると言われ、その起源は紀元前1600年頃の貝殻でした。その後、今からおよそ300年前に産業革命が起きて資本主義が誕生すると、この頃からお金の存在は独り歩き。元々のツールとしての役割だけではなく、お金にお金を稼がせる「証券化」などのスキームが生まれます。
と、ここまでは学校でも習ったことの「学び直し」のような内容ですが、学校の授業と違うのは経営者として佐藤氏自身が経済の流れを体感していること。ビッグデータの解析や活用、ネット決済事業を手掛けているだけあって「経済は欲望のネットワーク」であることの解説や、中国新興ビジネスの例を挙げての説明にはさすがの説得力がありました。
過去~現在までの話に続いて、2章以降は未来の話が中心。まさに今、お金の価値観を大きく揺るがすテクノロジーが次々と生まれているのだそうです。私たちは「新しい経済」をどう生きるべきなのか?そのヒントが見つかるかもしれません。

「シェアリングエコノミー」と「トークンエコノミー」が経済を変える!

thinkstock (15582)

今、経済の世界で大注目のキーワード「シェアリングエコノミー」。例えばタクシードライバーと個人をネットワーク化して配車をスムーズにした『UBER』や、空き部屋を貸したい人と宿泊先を探している旅人をマッチングする『Airbnb(エアービーアンドビー)』など、余ったものをネットワークでつながった人々がシェアすることで生まれる経済のこと。コストを大幅に削減できるメリットがあります。
さらにもう一つ、『トークンエコノミー』。こちらは特定のネットワーク内で流通する独自の通貨を「トークン」として生産者が発行することで生まれた、ネットワーク完結型の経済圏のこと。例えば月間1500万ユーザーを誇るカナダ発のメッセンジャーアプリの会社は、利用者が活発化するようなコンテンツをアップしてくれたユーザーに独自の仮想通貨で報酬を支払う計画があるのだそうです。
さらにもう一つ、『トークンエコノミー』。こちらは特定のネットワーク内で流通する独自の通貨を「トークン」として生産者が発行することで生まれた、ネットワーク完結型の経済圏のこと。例えば月間1500万ユーザーを誇るカナダ発のメッセンジャーアプリの会社は、利用者が活発化するようなコンテンツをアップしてくれたユーザーに独自の仮想通貨で報酬を支払う計画があるのだそうです。
この流れがさらに進めば、もはや経済の起点は国では無くなり国境すら意味をなさないものになっていくのかもしれません。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

金価格が示す市場心理

金価格が示す市場心理

実は、あまり認識されていませんが金価格が上昇しています。2018年8月以降、徐々に値段を切り上げて約半年で約10%を超える上昇です。今回の金相場は市場の見通しと心理を示している可能性が高いため今回は分析をしてみたいと思います。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

>日産のゴーン社長が逮捕され、その後、長期間勾留されています。さらに、再逮捕との報道がありました。これに対して、海外のメディアから、日本の制度はおかしいのではないかという声が聞こえてきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部