2019年9月11日 更新

誤解してない?改めてダイバーシティの本質について考える

近年、政府が推進する「働き方改革」に関連してよく耳にする「ダイバーシティ」という言葉。あまりにも耳慣れた単語ゆえ、まるですべて知っているかのような気分になっていませんか?今回は、改めて「ダイバーシティ」の本質について考えていきます。

gettyimages (46630)

2019.9.11

「ダイバーシティ」というと、シンプルに英語訳すれば「多様性」という意味。女性・高齢者活躍社会を目指すことが注目されていますが、それだけではありません。今回は、今一度「ダイバーシティ」について考えていきます。

ダイバーシティとは?

gettyimages (46629)


ダイバーシティとは、多様な人材を活用して企業の発展につなげる考え方。女性・高齢者をはじめ障がい者や性的マイノリティなど、人種・性別関係なくさまざまな人材を活用することにより、企業がイノベーションを生み出していくことを目指します。

これからの社会では、パーソナリティや斬新なアイデアを活かし、他企業との競争力を高めることが企業発展に大きく影響します。「他と同じ」では、企業の魅力を表現することは困難。企業の魅力はもちろんですが、それぞれの人材が持つ能力を最大限活かすことがこれからの企業にとって重要なポイントです。

女性役員を増やす=ダイバーシティ?

gettyimages (46626)


ダイバーシティを勘違いしている企業によくあるのが、「女性役員数を増加した」というアピール。確かに近年の政府は「女性活躍社会」を目指していますが、それだけで企業がダイバーシティを導入したとは言い切れません。

女性の登用はダイバーシティのごく一部に過ぎず、女性を含めた多様な人材・能力を活かすことが重要なキーポイントなのです。

日本では Inclusion(受容)が抜け落ちている?

Team Spirit Cohesion Together - Free photo on Pixabay (46627)


ダイバーシティとは、本来「Diversity(ダイバーシティ・多様性) & Inclusion(インクルージョン・受容)」であり、双方の意味を含むものとされます。しかし日本では、ダイバーシティという言葉が横行し、インクルージョン=受け入れるという意味が抜け落ちてしまっているのではないでしょうか?

本来のダイバーシティとは、多様な人材を活用することに加えて、その活躍を促す・受け入れるという意味も含んでいます。

ダイバーシティは大切な人材確保にも重要

gettyimages (46628)


ダイバーシティは、多様な人材を活用することで、それまで眠っていた各人材のスキルを発掘することにもつながります。近年の就職・転職業界では、バブル期以来の売り手市場。有効求人倍率も高数値を維持し、多くの企業が人材の獲得に四苦八苦しています。

しかし一方で、国内の労働力人口は減少傾向にあります。自社にマッチした人材が欲しくても、採用募集しても人が集まらない、せっかく定着してきた人材が離職してしまったという問題に悩む企業も少なくありません。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

マーケティングや自動運転といったイメージの強いAIですが、人事に活用しようという動きも見られます。採用の効率化だけでなく、社員一人ひとりのスキルや知識から業務とのマッチングも提案可能。人事へのAI導入で、社員をより大切にできるかもしれません。
働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の目指すすがたに、共感するひとは多いでしょう。「ライフワークバランスの実現」「多様な働き方の実現」「副業・兼業の促進」など、公私充実で私のポテンシャルが引き出され、モチベーションも上げてくれそうです。しかし、現実はどうなのでしょうか。
リーダーシップを勘違いしている上司によくある特徴6つ

リーダーシップを勘違いしている上司によくある特徴6つ

リーダーシップとは「部下のお手本になるべき」「先頭に立って皆を引っ張る存在」などと思っている上司は多いです。間違いではないものの、本来のリーダーシップとは一体?ちょっと残念な上司のエピソードを交え、部下があこがれるリーダーシップ像について考えていきます。
理想の上司像の特徴は3つ|男女で求められるリーダー像は違う?

理想の上司像の特徴は3つ|男女で求められるリーダー像は違う?

この記事をご覧の皆さんの中には、理想の上司像の特徴は、男女で求められるリーダー像は違うのか、という疑問を抱いている人もいると思います。 そこで、今回の記事では、世の中の理想の上司像はどういうものか、男女で求められるリーダー像は違うのか、について説明します。
働き方改革の成功事例にはワクワクがある

働き方改革の成功事例にはワクワクがある

働き方改革関連法が施行されて、はや半年。あなたの会社ではどんな改革が進んでいますか?「ノー残業」や「有給取得の強化」が一般的な最初の取り組みですが、この記事では大胆な改革をおこなった企業を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音