2019年9月13日 更新

もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

“「遊んでいないで〇〇しなさい!」と、遊びの時間を「勉強」や「仕事」や「お手伝い」に邪魔されていませんか?” そんな美術展の問いかけに、ちくちくと心を刺された秋のはじめ。

開発好明《受験の壁》(2016年再制作) 展示風景

2019.9.13
これは、東京都現代美術館(MOT)『あそびのじかん』展のキャッチコピーです。
わたしのこの“秋のちくちく感”。解剖してみると、“夏休みは終わった、秋になったら「真面目に、生産的に」仕事せねば“という義務感と、”わかってはいるけどなかなか“という現実?への良心の呵責と、というところでしょうか。
コピーとは逆、邪魔しているのは「遊び」の方か・・・

あそんでますか?

TOLTA《ポジティブな呪いのつみき》2016年 展示風景

仕事や勉強など日常の“やらねばならぬ事”を真ん中においたとたん、非日常・非生産的な悪者、になってしまう“あそび”という単語。
そもそも“あそび”とは?
手元にあった国語辞典(新選国語辞典 小学館)の金田一京助先生によると、
「あそび」
1.あそぶこと 2.ただ楽しみのためにする動作 3.酒色にふけること 4.ばくち 
5.仕事がないこと 6.余裕、隙間、無駄
 「あそぶ」
1.すきなことをしてたのしむ、2.何もしないでぶらぶらしている・・・
確かに義務を果たしていない、というネガティブな意味合いも多いのですが、やはり一番にくるのは、好きな事・楽しい事をする意。こどもの時、学校が終わって「〇ちゃんと遊んでくるね!」と言った時の、あの意なのですね。
・・・そういえば、日ごろ一番仕事を邪魔しているのは、ついつい次々開き続けてしまうネット画面。これはあそびなのか?そして、“あそぶ”ことが、飲み会や買いものという消費活動とほぼイコールになったのはいつからだろう・・・・

“あそび”をめぐって、高くなった空を見上げるおとなの秋なのです。

それぞれのあそびが見えてくる展覧会

タノタイガ《タノニマス》2007年 展示風景

コピーの下には、続いてこんな文章がありました。
「遊びは日常生活の対極にあり、不真面目で非生産的なものだというイメージをもたれてしまうことがあります。一方で、日常の決まりごとが通用しない遊びは従来の考えやルールを外れて新しい価値や法則を発見するきっかけにもなります。・・・また「ハンドルにアソビを持たせる」という表現があるように、遊びには余裕や緩みという意味があります。」
美術館で、現代アーティストたちが提示する“あそび”のかたち。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ふくらはぎのラインを綺麗に!むくみや筋肉太りを解消する方法

ふくらはぎのラインを綺麗に!むくみや筋肉太りを解消する方法

「むくみや脂肪で太い」「筋肉でボコボコしている」そんなふくらはぎの悩みを抱えている人は少なくありません。筋トレで対策をしても逆効果になることも。そこで今回は、ふくらはぎが太くなる原因やラインをキレイにする方法について解説していきます。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

開け放たれた窓から見えるのは、抜けるような空と海の青。室内の華やかな黄色。 降り注ぐ陽光に目を細めて大きく深呼吸したくなります。開放感とくつろぎ。幸せだ・・・
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部