2019年5月13日 更新

体のゆがみ解消で疲れにくい体に!インナーマッスルの鍛え方

歩く姿勢が悪い、片方の肩が下がっているなどの原因は、体のゆがみにあるかもしれません。ゆがみがひどくなると、普段からだるさや疲れが出やすくなることもあります。そこで今回は、体のゆがみを解消するためのトレーニング法について解説していきます。

gettyimages (37338)

2019.5.7

体のゆがみチェック

トレーニングの前に、体がどの程度ゆがんでいるかチェックしてみましょう。
gettyimages (37336)

まず、鏡の前に立ってみてください。正面から見て、左右どちらかの肩が下がっている場合は、肩甲骨や骨盤がゆがんでいる可能性があります。
次に、壁に背中をつけて自然に立ってみてください。壁と腰の隙間が大きければ、骨盤のゆがみも大きいと言えます。壁と腰の間に手のひらが入る程度が理想ですが、拳が入ったら要注意です。また、頭が壁から離れている場合は、肩甲骨がゆがんでいたり猫背の姿勢が固定化されている可能性が高いでしょう。
gettyimages (37335)

最後のチェック法は片足立ちです。片足で立ってみて15秒以上維持できない場合は、骨盤まわりにゆがみが発生している可能性があります。
いずれのチェックで問題が見つからなくても、普段の癖が原因でゆがみが発生している場合があるため注意してください。イスに座っている時に首がいつも前に出ている、どちらかの肘をついていないと辛い、いつも同じ脚の組み方をする、などといった生活を続けていると、骨格は徐々にゆがんでくるでしょう。

準備運動のストレッチ

トレーニング効果を上げるために、準備運動としてストレッチを行いましょう。
gettyimages (37326)

まずは、腰まわりの柔軟性をアップさせます。直立して足を肩幅程度に開いた状態で、腰と股関節の動きを意識しながら腰を大きく回してください。右に5回、左に5回ゆっくり回しましょう。
gettyimages (37324)

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

脚のむくみの原因は?トレーニングとストレッチのおすすめ解消法

脚のむくみの原因は?トレーニングとストレッチのおすすめ解消法

長時間の立ち仕事やデスクワークを行っていると、夕方には脚がパンパンにむくんでしまうことがあります。しかし、間違ったケアではむくみ依存体質になることも。そこで今回は、脚のむくみ解消におすすめのトレーニングとストレッチについて解説していきます。
自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

女性の「美」を追求すると果てしないのが今の現代です。 「美」と言ってもスキンケアからボディメンテナンスまで様々ですが、美意識が高い人は、美容に対して自己投資を惜しみません。 今、美容にお金や時間をかけておくことで、何歳になっても綺麗でいられるのではないかという自信にもなります。 しかし、間違った美容の自己投資や時間の使い方などをしている人も中にはいます。 この記事では、想像する未来の自分のために、今の美容への自己投資の方向性が本当に正しいかどうか、お金や時間の使い方なども解説していきます。
お金 |
自宅でできる上腕三頭筋のトレーニング!たくましい腕をつくる方法

自宅でできる上腕三頭筋のトレーニング!たくましい腕をつくる方法

上腕三頭筋は、力こぶのある上腕二頭筋の反対側にある筋肉です。たくましい腕をつくり上げるためには、この上腕三頭筋を効率的に鍛えることが重要です。そこで今回は、腕を太くするために自宅でできる上腕三頭筋の筋トレ方法について解説していきます。
テストステロンの低下を防ぐ5つの習慣!日常の中で変えられる方法とは

テストステロンの低下を防ぐ5つの習慣!日常の中で変えられる方法とは

テストステロンは、運動不足や不摂生、ストレスなどが原因で、働き盛りの30~40代の男性でも大きく低下することがあります。そこで今回は、テストステロンの低下を防ぐために、日常生活で変えたい5つのポイントについて解説していきます。
目的別タバタ式トレーニングメニュー!ダイエットや筋力アップに効果的

目的別タバタ式トレーニングメニュー!ダイエットや筋力アップに効果的

短時間で高いトレーニング効果を出せるタバタ式トレーニング。種目の組み合わせ方によっては、ダイエットや筋力アップ、腹筋引き締めなど、目的に応じたやり方ができます。そこで今回は、 目的別のタバタ式トレーニング法について解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座