2019年5月13日 更新

体のゆがみ解消で疲れにくい体に!インナーマッスルの鍛え方

歩く姿勢が悪い、片方の肩が下がっているなどの原因は、体のゆがみにあるかもしれません。ゆがみがひどくなると、普段からだるさや疲れが出やすくなることもあります。そこで今回は、体のゆがみを解消するためのトレーニング法について解説していきます。

gettyimages (37338)

2019.5.7

体のゆがみチェック

トレーニングの前に、体がどの程度ゆがんでいるかチェックしてみましょう。
gettyimages (37336)

まず、鏡の前に立ってみてください。正面から見て、左右どちらかの肩が下がっている場合は、肩甲骨や骨盤がゆがんでいる可能性があります。
次に、壁に背中をつけて自然に立ってみてください。壁と腰の隙間が大きければ、骨盤のゆがみも大きいと言えます。壁と腰の間に手のひらが入る程度が理想ですが、拳が入ったら要注意です。また、頭が壁から離れている場合は、肩甲骨がゆがんでいたり猫背の姿勢が固定化されている可能性が高いでしょう。
gettyimages (37335)

最後のチェック法は片足立ちです。片足で立ってみて15秒以上維持できない場合は、骨盤まわりにゆがみが発生している可能性があります。
いずれのチェックで問題が見つからなくても、普段の癖が原因でゆがみが発生している場合があるため注意してください。イスに座っている時に首がいつも前に出ている、どちらかの肘をついていないと辛い、いつも同じ脚の組み方をする、などといった生活を続けていると、骨格は徐々にゆがんでくるでしょう。

準備運動のストレッチ

トレーニング効果を上げるために、準備運動としてストレッチを行いましょう。
gettyimages (37326)

まずは、腰まわりの柔軟性をアップさせます。直立して足を肩幅程度に開いた状態で、腰と股関節の動きを意識しながら腰を大きく回してください。右に5回、左に5回ゆっくり回しましょう。
gettyimages (37324)

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

男性ホルモンの「テストステロン」を増やす方法に、体の中で特に大きな筋肉を持つ脚や体幹を集中的に鍛えるやり方があります。今回は、テストステロンを効率的に増やすための下半身集中トレーニングについて、ポイントや手順を解説していきます。
女性ホルモンのバランスを整える!ストレッチと生活習慣を解説

女性ホルモンのバランスを整える!ストレッチと生活習慣を解説

女性ホルモンの減少は、肌荒れや冷え、腰痛など様々な症状を引き起こす原因になります。その対策としては、日頃から内臓機能を高める生活を送ることが大切です。そこで今回は、女性ホルモンを整えるためのストレッチ法や生活習慣について解説していきます。
完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

今、完全食が話題です。これまでは、メインの食事に付け加える形の栄養補助食品が主流でした。これに対して、完全食(完全栄養食)とはそれだけで1日分の栄養をまかなえるというもの。完全食ソイレントの今と、日本のCOMPやAll-in PASTAを紹介します。
「書く」だけで得られる健康効果とは|睡眠改善やダイエット効果も?

「書く」だけで得られる健康効果とは|睡眠改善やダイエット効果も?

スマホやPCの普及で、ペンを手に持ち何かを書くことが減ったという人は多いのではないでしょうか。 ところが、最近の研究では、日記や覚書を書くことによって睡眠不足の解消やダイエットに有効であることが報告されているのです。 それはどんな理由によるのでしょうか?
冷え性の改善方法!おすすめのトレーニングと生活習慣を徹底解説

冷え性の改善方法!おすすめのトレーニングと生活習慣を徹底解説

体の冷えは、頭痛やむくみ、精神的な落ち込みなどの原因になります。また、対策として半身浴や重ね着をしても改善できない人は少なくありません。そこで今回は、 冷え性を改善するためにおすすめのトレーニング法や生活習慣について解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ