2018年9月14日 更新

北条早雲は理想のビジネスマン!人情・気配り・ユーモア溢れる人柄に迫る!

戦国大名の先駆けとなった北条早雲。彼には一介の浪人から下剋上でのし上がったダーティなイメージがありますが、非常に細やかな気配りのできる人だったようです。早雲が残した家訓「早雲寺殿廿一箇条」を読むと苦労人であった彼の人柄がうかがえます。

gettyimages (20729)

2018.9.10
戦国時代は綺羅星の様に数多の戦国大名が登場し、小説・ドラマやゲームのモチーフとしてよく取り上げられています。その中で最初の戦国大名と言えばだれを思い浮かべるでしょうか。諸説ありますが、知名度や後の歴史に与えたインパクトの大きさから「北条早雲」こそ戦国大名第一号にふさわしい人物だと思います。

戦国大名の先駆者

北条早雲の出自ははっきりしておらず、長らく一介の素浪人から戦国大名にのし上がった下剋上の典型と言うのが通説になっていました。
しかし、最近の研究では名門「伊勢氏」の出身で、室町幕府の高級官僚だったという説が主流になっています。早雲は将軍足利義政の弟の義視に仕えていたとされています。
早雲の妹が駿河国守護の今川氏に嫁いでいた関係から、妹に誘われ駿河国に下りました。幕府からも今川氏を助けるように命じられていたのかもしれません。この時今川氏では熾烈な家督争いが起こっていました。早雲はこの騒動を見事な手腕で収め、駿河国の興国寺城を与えられています。
この調停の際に早雲は関東の名将・太田道灌とサシで会談しています。早雲は『三人人間が集まれば必ず一人は手本とするところを持っているものだ。』と言っていますが、江戸城を始めて築いた知勇兼備の英雄と知られた太田道灌から学ぶことも多かったはずです。

民政の達人で、領民に寛大かつユーモアを兼ね備えた人

gettyimages (20723)

その後、早雲は内乱に乗じて伊豆を乗っ取りますが、国を力で奪い取った領主にも関わらず、土地での評判は悪くありません。早雲は伊豆を治めた際、それまでの重い税制を撤廃しています。
そのため、悪性に苦しんでいた領民たちはすぐに早雲に従うようになり、伊豆はわずか1カ月で平定されました。富国強兵よりもまずは民の生活の安定を優先した早雲の姿勢がうかがえます。
また、領民にとっても寛大な領主であったようです。あるとき、馬泥棒が捕まり、領主である早雲自ら裁判を行うことになりました。そのとき馬泥棒が早雲を指さして言いました。
「向かいの席に座られているあの方(早雲)は、国を盗んだじゃないか」
普通だったら怒るところだと思います。でも早雲は「その通りだ」と笑って、その馬泥棒を許してやったといいます。このエピソードが伝えるところは、早雲が領民に寛大で、かつユーモアを兼ね備えた人物だったということです。

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

日本の企業の3分の2は後継者不在に悩んでいます。それを「娘婿=準同族」を探してきて解決しようとするのが「事業承継婚活」で、マッチングを手がける企業が現れています。独身で、経営者になりたい、起業したい男性にとっては選択肢の一つになりそうです。
常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

「ライフハック」と呼ばれる仕事の効率化について連載しています。今回はToDoリストを使ってのタスク管理ツールを紹介します。タスクを「今日やることだけに集中」させ「明日でいいものは明日にやる」を毎日繰り返せば、毎日気持ちよく仕事ができるようになります。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部