2018年9月14日 更新

北条早雲は理想のビジネスマン!人情・気配り・ユーモア溢れる人柄に迫る!

戦国大名の先駆けとなった北条早雲。彼には一介の浪人から下剋上でのし上がったダーティなイメージがありますが、非常に細やかな気配りのできる人だったようです。早雲が残した家訓「早雲寺殿廿一箇条」を読むと苦労人であった彼の人柄がうかがえます。

gettyimages (20729)

2018.9.10
戦国時代は綺羅星の様に数多の戦国大名が登場し、小説・ドラマやゲームのモチーフとしてよく取り上げられています。その中で最初の戦国大名と言えばだれを思い浮かべるでしょうか。諸説ありますが、知名度や後の歴史に与えたインパクトの大きさから「北条早雲」こそ戦国大名第一号にふさわしい人物だと思います。

戦国大名の先駆者

北条早雲の出自ははっきりしておらず、長らく一介の素浪人から戦国大名にのし上がった下剋上の典型と言うのが通説になっていました。
しかし、最近の研究では名門「伊勢氏」の出身で、室町幕府の高級官僚だったという説が主流になっています。早雲は将軍足利義政の弟の義視に仕えていたとされています。
早雲の妹が駿河国守護の今川氏に嫁いでいた関係から、妹に誘われ駿河国に下りました。幕府からも今川氏を助けるように命じられていたのかもしれません。この時今川氏では熾烈な家督争いが起こっていました。早雲はこの騒動を見事な手腕で収め、駿河国の興国寺城を与えられています。
この調停の際に早雲は関東の名将・太田道灌とサシで会談しています。早雲は『三人人間が集まれば必ず一人は手本とするところを持っているものだ。』と言っていますが、江戸城を始めて築いた知勇兼備の英雄と知られた太田道灌から学ぶことも多かったはずです。

民政の達人で、領民に寛大かつユーモアを兼ね備えた人

gettyimages (20723)

その後、早雲は内乱に乗じて伊豆を乗っ取りますが、国を力で奪い取った領主にも関わらず、土地での評判は悪くありません。早雲は伊豆を治めた際、それまでの重い税制を撤廃しています。
そのため、悪性に苦しんでいた領民たちはすぐに早雲に従うようになり、伊豆はわずか1カ月で平定されました。富国強兵よりもまずは民の生活の安定を優先した早雲の姿勢がうかがえます。
また、領民にとっても寛大な領主であったようです。あるとき、馬泥棒が捕まり、領主である早雲自ら裁判を行うことになりました。そのとき馬泥棒が早雲を指さして言いました。
「向かいの席に座られているあの方(早雲)は、国を盗んだじゃないか」
普通だったら怒るところだと思います。でも早雲は「その通りだ」と笑って、その馬泥棒を許してやったといいます。このエピソードが伝えるところは、早雲が領民に寛大で、かつユーモアを兼ね備えた人物だったということです。

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座