2019年11月18日 更新

サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

「サーバントリーダーシップ」とはリーダーがメンバーへのサポートを積極的に行うことで信頼関係を築き、メンバーに協力してもらいやすい環境を作る「支援型リーダー」のことです。昨今注目されている「サーバントリーダーシップ」ですが、対応を間違えると逆効果にもなります。メリット・デメリットを理解し、有効な対応をするための方法とは?

gettyimages (35881)

2019.4.12(2019.11.18更新)

そもそもサーバントリーダーシップとは?

gettyimages (35898)

サーバントリーダーシップは部下のサポートを積極的に行い、上長・部下相互の信頼関係を築くことで、Win-Winの関係を目指すリーダーシップのスタイルです。
企業や組織としてのビジョンを示し、部下を信頼し、適宜アドバイスして相手と向き合い、共に目標に向かってゆくイメージです。

サーバント(Servant)とは使用人、召使い、奉仕者などを意味する語ですが、「支援型リーダーシップ」とも言われますね。「意見を言いやすい環境を作る」ことが、サーバントリーダーシップにおける上長の第一の役割です。
また、組織メンバーの力を最大限に発揮できる環境作りに奉仕するリーダーシップスタイル、とも言い換えることができるでしょう。
Servantの語が含まれるため、部下の主張を何でも聞き入れる上長、部下に徹底的に奉仕する上長、などと誤解されている方もいますが、それらの解釈は誤りです。
上長が奉仕する対象は、飽く迄も組織であり、この組織の構成要因には部下も含む、という解釈が妥当です。

これに対して、旧来型のリーダーシップが、いわゆる「支配型リーダーシップ」です。上長から一方的に命令・指示を与えて動かすスタイルです。
「結論だけを命令する」軍隊式であり、指揮官(上長)が先頭に立って、組織を目標に向けガンガン引っ張るイメージですね。脱落しそうな部下がいると、「オレを信じろ!気合いを入れろ!」と尻を蹴り上げるタイプの鬼軍曹(上長)が典型です。
「黙ってオレに付いて来い!」という、トップダウン方式のリーダーシップです。

サーバントリーダーシップのメリット・デメリットとは?

gettyimages (36024)

サーバントリーダーシップのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

まず、大きなメリットを2つ紹介します。

メリット1:決定的に間違った決断を下すリスクが減る

メンバーが自由に意見交換しやすくなり、最善のアイデアを採用できるため、決定的に間違った決断を下すリスクが減ること。上長の知見にないことも、部下の知見でカバーしやすくなります。

メリット2:メンバーそれぞれが当事者意識を持ち成長できる

メンバーが主体的に思考するクセが付き、当事者意識を持ちやすくなります。組織メンバーが自ら考え、自ら動くことで成長できることにつながります。
次に、サーバントリーダーシップの主なデメリットを2つ紹介します。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部