2018年12月4日 更新

「サラリーマンが300万円で小さな会社を買う」作戦はアリなのか?

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』という刺激的なタイトルの新書。Web「現代ビジネス」で500万PVの人気連載に加筆した形のビジネス本です。個人で会社をM&Aできる時代になりましたが、なぜサラリーマンが? なぜ300万円で小さな会社なのか? 副業や起業ではダメなのか? タイトルを目にして色んな疑問と興味が浮かび、実際に読んでみようと思った次第です。

gettyimages (26181)

2018.12.4
著者の三戸政和氏は投資家、企業のコンサルタント、そして元兵庫県議会議員などの経歴の持ち主。県政に関わり社会の構造も理解したうえでのアイデアも気になる所です。さて、著者の主張とは一体どんなものなのか?その内容に迫りたいと思います。

「ゼロイチ起業」はとにかく大変!

gettyimages (26183)

まず、なぜ著者は起業や副業ではなく個人M&Aを勧めるのか?という理由に迫ります。その理由は第一章「だから、起業はやめておきなさい」を読み進めば一目瞭然。起業で成功をすることの難易度が“非常に高い”からにほかなりません。
著者は自身のアイデアでゼロから会社を起こす人を「ゼロイチ起業家」と呼んでいますが、彼らは会社員の何倍もハードな労働を苦も無くこなすバイタリティが必要で、しかもベンチャー企業のうち実際に投資を受けて上場にこぎつけるのは1000社のうち3社とも言われるほど競争が激しいのだそうです。
しかし、上場を目指すわけではなく「好きなことで稼ぎたい」という人なら起業もアリなのでは?とも感じたのですが、その考えもどうやら甘いのかもしれません。第2章では個人でチャレンジしたいビジネスの中でも人気上位の「飲食店経営」がどれだけ厳しい商売なのか説明されていました。

飲食店経営は超過酷!

gettyimages (26182)

「コーヒーが好き」「ジャズが好き」「お酒が好き」「料理が好き」。身近で触れる機会も多いだけに起業アイデアとして真っ先に浮かびそうな飲食店ですが、筆者に言わせれば「飲食店経営に手を出したら地獄が待っている」。投資家としても絶対に手を出したくないジャンルだと断言しています。
なぜそこまで強い言葉を使うのだろうとも感じましたが、それは飲食店経営にチャレンジして失敗してゆく人をたくさん目の当たりにしたからでした。飲食店は普段行くことが多いだけに身近に感じますが、実は立地の選定、人件費をはじめとした資金繰り、店舗作り、商品企画、仕入れ、マーケティング…などなど、経営学のあらゆる要素がすべて詰まっている。しかも、店舗は固定されて動かすこともできず、ライバル店の出店などどうしようもない要素にまで左右されます。総合的に考えて、とても素人が安易に始めて成功できるビジネスではないというのです。
さて、いかにゼロイチ起業が大変なのかが分かったところで、本書のテーマ「300万円で小さな会社を買う」という、個人M&Aのお話です。

オーナー社長のすすめ!

gettyimages (26208)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部