2019年3月18日 更新

「サラリーマンが300万円で小さな会社を買う」作戦はアリなのか?

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』という刺激的なタイトルの新書。Web「現代ビジネス」で500万PVの人気連載に加筆した形のビジネス本です。個人で会社をM&Aできる時代になりましたが、なぜサラリーマンが? なぜ300万円で小さな会社なのか? 副業や起業ではダメなのか? タイトルを目にして色んな疑問と興味が浮かび、実際に読んでみようと思った次第です。

gettyimages (26181)

2018.12.4
著者の三戸政和氏は投資家、企業のコンサルタント、そして元兵庫県議会議員などの経歴の持ち主。県政に関わり社会の構造も理解したうえでのアイデアも気になる所です。さて、著者の主張とは一体どんなものなのか?その内容に迫りたいと思います。

「ゼロイチ起業」はとにかく大変!

gettyimages (26183)

まず、なぜ著者は起業や副業ではなく個人M&Aを勧めるのか?という理由に迫ります。その理由は第一章「だから、起業はやめておきなさい」を読み進めば一目瞭然。起業で成功をすることの難易度が“非常に高い”からにほかなりません。
著者は自身のアイデアでゼロから会社を起こす人を「ゼロイチ起業家」と呼んでいますが、彼らは会社員の何倍もハードな労働を苦も無くこなすバイタリティが必要で、しかもベンチャー企業のうち実際に投資を受けて上場にこぎつけるのは1000社のうち3社とも言われるほど競争が激しいのだそうです。
しかし、上場を目指すわけではなく「好きなことで稼ぎたい」という人なら起業もアリなのでは?とも感じたのですが、その考えもどうやら甘いのかもしれません。第2章では個人でチャレンジしたいビジネスの中でも人気上位の「飲食店経営」がどれだけ厳しい商売なのか説明されていました。

飲食店経営は超過酷!

gettyimages (26182)

「コーヒーが好き」「ジャズが好き」「お酒が好き」「料理が好き」。身近で触れる機会も多いだけに起業アイデアとして真っ先に浮かびそうな飲食店ですが、筆者に言わせれば「飲食店経営に手を出したら地獄が待っている」。投資家としても絶対に手を出したくないジャンルだと断言しています。
なぜそこまで強い言葉を使うのだろうとも感じましたが、それは飲食店経営にチャレンジして失敗してゆく人をたくさん目の当たりにしたからでした。飲食店は普段行くことが多いだけに身近に感じますが、実は立地の選定、人件費をはじめとした資金繰り、店舗作り、商品企画、仕入れ、マーケティング…などなど、経営学のあらゆる要素がすべて詰まっている。しかも、店舗は固定されて動かすこともできず、ライバル店の出店などどうしようもない要素にまで左右されます。総合的に考えて、とても素人が安易に始めて成功できるビジネスではないというのです。
さて、いかにゼロイチ起業が大変なのかが分かったところで、本書のテーマ「300万円で小さな会社を買う」という、個人M&Aのお話です。

オーナー社長のすすめ!

gettyimages (26208)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。
自分本来の仕事に集中するための「超集中」ライフハックとは

自分本来の仕事に集中するための「超集中」ライフハックとは

あれもこれもやることが増えて散漫になってしまうことがあります。もっとタスクをスリムにして、集中しながら良い仕事をしたいものです。 秋好陽介著『超集中ハック』 より、自分のするべき仕事に集中するための方法をご紹介します。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?
堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

なにかと話題に上がる堀江貴文さん。自身も多くの書籍を発売していますが、キングコング西野亮廣さんとの共同著書『バカとつき合うな』を出し、話題沸騰中です。 そんな堀江貴文さんの「お金」への考え方や、少しだけ変わっている使い方、習慣などを紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部