2019年1月1日 更新

日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

経済誌Forbes JAPAN2019年の日本起業家ランキング1位のAstroscale(アストロスケール)創業者の岡田光信氏は、宇宙ゴミを除去する宇宙の掃除屋ビジネスを立ち上げました。エリート官僚出身ですが、ものづくり企業を結集する過程は人情溢れる物語でした。

gettyimages (27798)

2019.1.1

高校生の頃からの夢だった宇宙ビジネスへ

gettyimages (27792)

「Astroscale」(本社:シンガポール)を創業した岡田光信氏は兵庫県出身で、1973年生まれの45歳。東京大学農学部を卒業後大蔵省(現:財務省)に入省。主計局勤務を経てマッキンゼー・アンド・カンパニーに移り、アメリカのパデュー大学でMBA(経営学修士号)を取得しています。
経営コンサルタントではなく自ら経営を手がけたいと、日本、中国、インド、シンガポールなどを拠点に約10年にわたりIT業界のグローバル経営者として活躍。「ターボリナックス」「Sugao Pte. Ltd.」などの企業を立ち上げました。2013年、シンガポールに「Astroscale(アストロスケール)」を創業してCEOに就任、2015年に日本法人を設立しました。
Astroscaleは宇宙ビジネスを手がけるスタートアップ企業です。ロケットや人工衛星が衝突したら壊れてしまう「宇宙ゴミ(スペース・デブリ)」を宇宙空間から除去して宇宙を安全にすることが、事業目的です。
宇宙は、岡田氏にとって少年の頃からの夢でした。兵庫県西宮市の甲陽学園高校1年在学中、科学雑誌「Newton」の募集に応募してアメリカを訪れ、アラバマ州のNASAの「スペースキャンプ」で宇宙飛行士や管制官の疑似体験を2週間、経験しています。
この時に岡田少年は訓練中の日本人宇宙飛行士、毛利衛氏と面会しています。毛利氏は質問に気さくに答えた後、「岡田光信君、宇宙は君達の活躍するところ」という手書きのメッセージをプレゼントしてくれました。

日本製衛星をロシアで打ち上げ英国で管制

gettyimages (27805)

「スペース・スウィーパーズ(宇宙の掃除屋)」を名乗る岡田氏はシンガポール在住ですが、アメリカ、EU、ロシア、日本など世界で宇宙開発が行われている場所を飛び回っています。宇宙ゴミは1センチ以上のものが75万個以上あり、銃弾の約20倍の速度で地球を周回。人工衛星を破壊するとそれも宇宙ゴミにしてしまうので、どこでも共通の悩みです。
2017年、Astroscaleは初の自前の人工衛星「スペースデブリ観測衛星IDEA OSG1」を東京の自社工場で製作し、ロシアのロケットで打ち上げ、英国政府から150万ポンドの資金を得て開設したオックスフォード郊外の管制センターで追跡し、データを収集しています。観測衛星の役割は宇宙ゴミを計測してその「地図(分布データ)」を作ることですが、将来は宇宙ゴミの除去を行う「掃除屋衛星」を打ち上げて、宇宙ゴミの問題の解決を目指しています。
岡田氏のビジネスは国連も注目し、2016年3月にはハーバード・ビジネス・スクールに招かれて講演を行っています。宇宙ビジネスではAmazon.comのCEOで「Blue Origin」を創業したJeff Bezos氏に次ぐ2人目でした。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

部下と「良い関係」を築く3つのコツ

部下と「良い関係」を築く3つのコツ

部下との関係はうまくいっていますか?仕事にも少なからず影響する上司と部下の関係。良好に付き合っていくためにはちょっとした気遣いや配慮も必要です。 部下との関係を良好にしたい方へ、3つのコツをご紹介していきます。
年末の残業を頼むときのお作法・頼まないでサインの見分け方

年末の残業を頼むときのお作法・頼まないでサインの見分け方

年末忙しいですね。業務を前倒ししているところに、仕事の棚卸しも回ってきて…その上、プライベートの予定もたくさん。年末は残業シーズンでもあります。上司にどんな風に残業を頼まれましたか? もし、あなたがマネージャーだったとして、部下に仕事を頼むときはどうするでしょう?
【仕事効率化】作業効率が上がるライフログのおすすめ活用方法

【仕事効率化】作業効率が上がるライフログのおすすめ活用方法

「ライフログ」とは、生活のすべてを手帳やアプリを活用し記録することで、注目されてから多くの人に取り入れられています。効果は様々ですが、その中でも、時間短縮の改善効果は高いとされ、活用方法によって仕事などの生産性が大きく向上します。
パラレルキャリアとは?第二の名刺を持ち「生きがい」を見つける

パラレルキャリアとは?第二の名刺を持ち「生きがい」を見つける

「パラレルキャリア」をご存知ですか?働き方改革の推進に伴い、政府は副業・兼業の普及を促進する動きを見せています。政府が作成するモデル就業規則を、2018年1月に副業禁止から容認する規定へと改定しました。 今回は、パラレルキャリアにスポットを当てて「働く喜び・生きがい」について考えます。
面接をうまく乗り切る方法 面接のプロに学ぶ5カ条

面接をうまく乗り切る方法 面接のプロに学ぶ5カ条

アメリカのマーケティング・リサーチ「ハリス・インタラクティヴ」の調査によると、92パーセントの人が、就職の面接の際には非常に緊張し恐怖感を覚えると答えているそうです。 面接の罠にはまらないために、面接のプロが伝授する5カ条とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部