富裕層の趣味とは? 人気の趣味ランキングや著名人の趣味紹介

富裕層と呼ばれる人の趣味とは一体どのようなものでしょうか? 趣味の世界には、人生観や価値観が反映されていたりして、非常に興味深いものです。 この記事では、富裕層の趣味の選び方や、男性・女性それぞれの富裕層に人気の趣味にはどのようなものがあるかをご説明します。
2019.1.25

1. 富裕層の趣味の選び方

富裕層の趣味の選び方には、目的があることが特徴です。例えば、資産をより多く殖やしたい資産家は、資産運用そのものが趣味だったりすることもあります。
また、健康はお金では買えないといいますが、富裕層はいくらお金があっても病気だと、有効に資産活用ができないことを良く知っています。彼らは、トライアスロン、乗馬、ヨット、テニス、ゴルフ、ピラティスなどの体力づくりにもお金をかけます。
忙しい企業家やビジネスパーソンの場合は、仕事を忘れて頭をからっぽにできる時間を作れるような趣味も人気です。例えば、黒人で全米一の億万長者オプラ・ウィンフリーは超越瞑想(ヒンドゥー教に由来するマントラ瞑想法)を行っていると知られています。イギリスの実業家リチャード・ブランソンは広い海でカイトサーフィンを楽しむそうです。

2. 富裕層に人気の趣味ランキング

世界の超富裕層であるUltra High Net Worthの展望をはじめ、富裕層に特化したマーケティング・リサーチを行う米国の調査会社、ウェルスX(Wealth-X)の調査によると、以下のような結果になっています。
1位 ビジネス (56.9%)

2位 慈善活動、社会奉仕 (38.6%)

3位 スポーツ (33.0%)

4位 金融 (28.3%)

5位 教育 (17.8%)

6位 アウトドア (17.3%)

7位 話術、演説 (15.2%)

1位のビジネスが趣味というところは、富裕層ならではの特徴かもしれません。仕事を趣味と捉え、プライベートの時間も没頭し、挑戦し続けているからこそ、成功を収めていると言えるのではないでしょうか。また、富裕層は既にある富の消費をするだけでなく、常に資産を拡大することを考えているからこその趣味かもしれません。
2位のチャリティは、ノブレス・オブリージュという、富める者には社会に還元していく義務があるという考え方を持つ富裕層が多いことが理由ではないでしょうか。ハリウッドスターなどセレブリティも、大規模なチャリティを行うことで知られていますね。
3位のスポーツは、富裕層と一般の人々を比べると、趣味で行うスポーツは費用が高いものとなる傾向があります。体を動かす趣味となると、一般的には、ヨガや水泳など、設備があまり要らず一人でもコツコツ続けられるスポーツが人気ですが、富裕層は男女ともにゴルフやヨットなどを好む傾向があります。
これは、富裕層が、ゴルフやヨガなどを単なる運動の機会ととらえず、社交の場ともとらえているという特徴もあります。同じ趣味や空間を共有することで、他の富裕層とのつながりを深めて、更なる富の形成につなげているのでしょう。

3. お金持ちで有名な人の趣味はどのようなものがある?

Windowsなどの発売により世界を席巻したマイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏の趣味は、世界三代ゲームの一つトランプのブリッジだそうです。切り札の効果的な使い方など、頭を使うことが好きなことが伺えますね。
投資家であれば一度は名前を聞いたことがあるであろうウォーレン・バフェット氏の趣味は、楽器のウクレレだそうで、生放送のニュース番組で実演を披露するほどの腕前だとか。
金融の世界のせわしなさから離れて、頭をリセットするために楽器を弾いているのかもしれません。
女性でいうと、イギリス王室のケンブリッジ公ウィリアム王子妃のキャサリン妃の趣味は「塗り絵」だそうです。世界的にもヒットした大人も楽しめる塗り絵ブック「Secret Garden colouring book」がお気に入りだそうです。公務や三人の王子・王女の子育てに追われる中で、自分のために作業に没頭する時間をもつことでいつもにこやかな笑顔を保てるのでしょう。

4. 最後に

いかがでしたでしょうか。富裕層の趣味の選び方や、実際の富裕層の意外な趣味などについてご参考になれば幸いです。あなたの趣味選びにも、アイディアを活かしてみてくださいね。

Irenehill

富裕層を目指して資産運用やマインドセットに励むアラフォー2児の母ライターです。

STAGE(ステージ)