2019年8月19日 更新

筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

「どんなに筋トレをがんばっても、なかなか筋肉がつかない…」このような悩みを持っている人は少なくありません。そこで今回は、 筋肉がつきにくい人向けにトレーニングのポイントや具体的なやり方、効果的な食事法について解説していきます。

gettyimages (44463)

2019.8.14

筋肉がつくトレーニングのポイント

gettyimages (44464)

筋肉がつきにくい人でも効果的に筋肉を大きくするための要素は「強度」「部位」「頻度」の3点です。
まず、筋肥大を起こすためには、筋繊維の隅々までしっかり刺激を与えることが重要です。そのためは、できるだけ少ない回数で強度の高いトレーニングをする必要があります。
次に、筋力を使い果たすために、鍛える部位を分散せずに絞ることが重要です。最初は、上半身と下半身それぞれ1種目だけ行うことをおすすめします。
そして、トレーニング頻度も重要です。筋肉の回復と合成時期を考えると、頻度はトレーニング開始時期が週3回、慣れてきたら週2回に減らしましょう。

上半身のトレーニング「プッシュアップ・ジャンプ」

gettyimages (44455)

上半身のトレーニングは、胸を狙った多関節種目の「プッシュアップ(腕立て伏せ)」が有効です。ただし、通常のプッシュアップでは強度を高められません。そのため、「瞬発」「キープ」「スロー」を取り入れたプッシュアップ・ジャンプを行います。プッシュアップ・ジャンプは、胸を中心に腕や肩、体幹を同時に鍛えられる種目です。
トレーニング手順は次のようになります。
①床にうつ伏せになり両手を床につける
②手幅を肩幅よりやや広くし、視線はまっすぐ下を向く
③上体を下ろした状態から、おもいっきり腕を伸ばして上体を浮き上がらせる
④着地後は上体を5秒程度かけてゆっくり下ろす
トレーニング中は、頭から腰、かかとまで一直線になっていることがポイントです。このトレーニングを10回×3セット行いましょう。
負荷が強すぎる場合は、床にひざをつけてトレーニングしてください。反対に負荷が足りなければ、足を台の上に乗せて行いましょう。また、上体を下ろした状態でキープすることも筋肥大に有効です。筋力を使い切るためには、回数を増やすのではなく、キープする時間を2秒、3秒と伸ばしていきましょう。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏は、食欲が落ちる、やる気が出ないなど、夏バテの症状で悩む人が増える季節です。この時期に体を動かすと余計にひどくなると思われがちですが、夏バテ対策には運動がおすすめです。今回は、スタミナアップで夏バテに負けない運動について解説していきます。
睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

暑い日が続いています。仕事が忙しくてまとまった睡眠が取れない上に、夜も寝苦しいといった悩みを持つ人が多いのではないでしょうか。 山口真由子著『ハイパフォーマンス睡眠』 より、限られた睡眠時間の中で、より良い睡眠をとるための習慣をご紹介します。
大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

たくましい大胸筋にあこがれて、腕立て伏せを日課にしている人は少なくありません。しかし大胸筋の上部は、自分の体重を利用した筋トレでは高い負荷を与えにくい厄介な部位です。そこで今回は、自宅で効率的に大胸筋上部を鍛える方法を解説していきます。
目の疲れ解消に!空き時間にデスクでできる簡単エクササイズ

目の疲れ解消に!空き時間にデスクでできる簡単エクササイズ

最近はパソコンを使う機会も多いため、目の疲れやドライアイ、ものが見えにくいなどの症状で悩んでいるケースは少なくありません。そこで今回は、 目の疲れを軽減するために空き時間を利用してデスクでもできる簡単エクササイズについて解説していきます。
テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

男性ホルモンの「テストステロン」を増やす方法に、体の中で特に大きな筋肉を持つ脚や体幹を集中的に鍛えるやり方があります。今回は、テストステロンを効率的に増やすための下半身集中トレーニングについて、ポイントや手順を解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座