2019年6月13日 更新

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

デンマークは、バルト海に突き出すユトランド半島とその周りを囲む島々からなる、世界有数の海運国家です。例えば、世界最大の海運会社と言われるマークスラインもデンマークに本社を置いています。皆さんが手にしている輸入製品にも、デンマークを通じて運ばれたものが少なからずあることでしょう。

gettyimages (40105)

2019.6.13
首都のコペンハーゲンは、世界的にも珍しく、シェラン島という離島部に位置しています。街は「北欧のパリ」とも言われ、運河沿いには“四角いカラフルな家”が立ち並んでいることも特徴的です。実は「レゴブロック」が生まれたのもデンマークで、このような街並みと少なからず縁があると考えられています。
今回は、将来コペンハーゲンに住みたいという方のために、コペンハーゲンに実際に住む際にかかる生活費などを紹介します。日本との相違点も含め、移住を検討する前にぜひ参考にしてください。
(※ 記事では、1クローネ(DKK)=16.4円として計算しています)
(※ 2019年 5月時のレート)

約10年後に現金がなくなる?

まず、お金についておさえておきたいのが、デンマークは世界有数の“電子マネー大国”だということです。2030年には“現金の使用を廃止する計画”が進んでいるほどで、すでに都市部では、ファストフード店から町の有料トイレ、屋台まであちこちに電子マネー端末が置かれており、キャッシュレスでの支払いが一般化しています。
国内の銀行が開発した「MobilePay」は最もポピュラーで、店舗決済の7割以上に使用されています。今後 店によっては現金での支払いを断られる可能性もあるので、キャッシュレスでの支払いには、日本にいるうちに慣れておいた方が良いでしょう。

気になる家賃相場は?

gettyimages (40097)

市内での家賃の相場は、1LDKの部屋1カ月・9,000クローネ(約15万円)程度で、東京都内と同レベルの高さです。さらに、実際に部屋を借りる際は日本の敷金にあたる“デポジット”を払う必要があります。もちろん退去時に何の問題もなければお金は帰ってきますが、初期費用に関しても都内に引っ越す際と同レベルのお金(50万円以上)は用意しておきましょう。
また、マイホームを持っていない場合は、アパートのシェアも一般的です。ルームシェアの場合は、1部屋あたり4,000クローネ(約6万円)程度の物件も多く見当たります。ルームシェアをするにあたって、現地にツテがない場合は、Facebookの部屋探しコミュニティを利用して物件探し・マッチングをするという手段もあります。

物価・消費税は高いけど満足?

gettyimages (40109)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部