2020年3月16日 更新

ボランティア活動を通じた異業種交流によって、良い人脈は得られるか?

パーティ形式の異業種交流会とは別に、ボランティア活動への参加を通じた異業種交流会も行われています。「一期一会」ではなく、価値観が近い人と長い時間活動、接触することで、お互いの人間性がわかって交流が深まり、貴重な人脈が築ける可能性が高まります。

gettyimages (53259)

2020.3.16

「異業種交流会」にはこんな不満がある

gettyimages (53264)

パーティ形式の「異業種交流会」は、80年代のバブルの時代の頃から盛んになりました。誰でも参加できるオープンなものも、紹介や事前の参加審査が必要なものもありますが、外部の人脈をひろげて自分の価値を高めたいビジネスパーソンや公務員、ビジネスを応援してくれる人を得たい起業家や起業志望者、スポンサーを探しているアーティスト、情報源をひろげたいジャーナリスト、政治家を志して勉強中の人、大学の先生、弁護士などの「士業」、店をPRして良い客筋をつかみたい店主、婚活目的も内に秘めた男女など、いろいろな人たちがそれぞれの思惑を抱いて、会場にあらわれます。
ゲストのスピーチやバンドの生演奏を聴いたり、立食形式でお酒を飲んだり軽食をつまみながら名刺を渡して自己紹介しあい、相手と意気投合したら二次会に誘ったりもしますが、異業種交流会に参加した人は、はたして満足しているのでしょうか?
異業種交流会への不満としてよく挙げられるのは、次のようなことです。
「参加者は多いが、話ができたのはごく一部だけだった」「もらった名刺の枚数は多くても、その後での交流に結びつかない」「ボヤキなど暗い話か、明るいけれど一方的な営業トークのどちらか」「マルチ商法や新興宗教、怪しいサークルの勧誘はやめてほしい」
「人脈などできない」という不満の裏には「短い時間、話すだけでは相手がどんな人間がわからない」という事情が、ありそうです。

異業種交流とボランティア活動のコラボ

異業種交流会は「多彩な価値観に触れて勉強になる」とよく言われますが、価値観が遠くかけ離れた相手には心を許せない、仲間になれないのもまた事実です。たとえば「人生はカネが全てだ」と言う人と「カネが全てではない」と言う人は仲間になれるでしょうか?
ある程度までの振れ幅の中で価値観を共有できる相手と出会える異業種交流の場を求めているのなら、異業種交流とボランティア(奉仕)活動の組み合わせは、いかがでしょう?
「人生はカネが全てだ」という価値観を持つ人は、汗をかいてもお金が目的ではないボランティア活動は敬遠したり、蔑視したりしますから、最初から来ません。マルチ商法や新興宗教、怪しいサークルの勧誘が目的の人も"効率"が悪いのでたぶん来ないでしょう。
そうやって価値観や目的のスクリーニング(ふるい分け)がなされた参加者がボランティア活動を共にし、接触する時間が長くなると、パーティでのわずか数分間とは違って相手がどんな人間かがわかりやすく、心を許せる仲間になりやすく、「人脈」にもつながりやすくなります。「ルックスなど印象のいい人ばかりモテて、口べたな自分はカヤの外だった」ということもありません。
一緒にボランティア活動に参加する中で、パーティ形式の異業種交流会では暗い話ばかりしていたような人の明るい面や、営業トークをまくし立てていたような人の人間くさい側面がわかって好感を抱き、名刺の社名、肩書き、氏名しか知らない関係を超えて、貴重な人脈に発展するかもしれません。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

介護業界の人手不足は深刻ですが、それを解決する突破口として期待されるのがロボットや情報通信技術で介護職員の身体的、精神的負担を軽減する「スマート介護」です。導入するだけでなく、その専門資格を設けることでも、人手不足の緩和につながりそうです。
「いつかは住みたい」トロントでの生活費

「いつかは住みたい」トロントでの生活費

カナダの南部、アメリカとの国境付近に位置するトロント。カナダでは最も人口が多く、金融の中心として発展してきました。市制が敷かれたのは19世紀に入ってからですが、それ以降、移民の移住も多く、今ではコスモポリタンの街と言われています。そんなトロントの生活についてお伝えします。
企画・常設・巡回展・・・「基礎用語」を知って美術展をより身近に、自由に!

企画・常設・巡回展・・・「基礎用語」を知って美術展をより身近に、自由に!

草花が日に日に色づき、頃は春。春の展覧会開幕シーズンです。 ・・・と明るく始めたいところですが、今年に限っては、“陽気に誘われて外出”もままならなくなってしまいましたね。こんな機を利用して、今回は春以降開催予定の美術展情報を例に、美術展情報の「基本用語」見直してみましょう。
本物のシンプル生活|スッキリ捨てて心がラクになる「捨てる贅沢」とは

本物のシンプル生活|スッキリ捨てて心がラクになる「捨てる贅沢」とは

気軽に外出できない状況が続いています。せっかくなので、家で過ごす時間を溜まりすぎたモノを、捨てる作業に当ててみるのも良いのかもしれません。 ドミニック・ローホー著『捨てる贅沢』 より、捨てることで心がラクになる考え方をご紹介します。
死ぬまでに行きたい世界遺産|神宿る島 ~ 福岡県「宗像市」

死ぬまでに行きたい世界遺産|神宿る島 ~ 福岡県「宗像市」

福岡県宗像市にある「沖ノ島」。周辺の島や神社など全部で8つのスポットが、2017年に世界遺産に登録されました。「神宿る島」と呼ばれる沖ノ島は、海の正倉院とも言われ、数多くの宝物が採掘されています。神秘に満ちた宗像市の世界遺産に足を運んでみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部