2018年9月5日 更新

自己投資でお金持ちになれる人となれない人の違いは何?

自分磨きのために自己投資をする。チャレンジしている方は多いと思います。しかし、同じ自己投資をしても、成果に違いが出るのはなぜでしょうか?今回は自己投資で成果が出せないケースを分析していくことで、成功する自己投資とはどのような自己投資なのかを考えていきたいと思います。

gettyimages (20456)

2018.9.5

失敗する自己投資の例

まずはなぜ自己投資で失敗するのか、具体例をあげながら分析していきたいと思います。

長続きしない

これが失敗事例のトップにあがると思います。具体的には通信教育の「卒業率」を見るとわかりやすいと思います。
法政大学の通信教育部の学部データ(2018.5.1 現在)を見ていくことにしましょう。6学部で在校生数は5,246名になっています。しかし2017年度卒業者数をみるとたった285名です。
この結果から、入学してもしっかりと卒業できる人は18人に1人の狭き門になっていることが分かります。                              
なぜ、卒業できないのか?それは途中で続けられなくなるからです。このように自己投資で失敗するケースは投資しても続かないことが考えられます。
参考:法政大学通信教育部HP 「法政大学通信教育部学生データ」
   https://www.tsukyo.hosei.ac.jp/outline/data/

計画性がない

自己投資に関して計画性がなく、突発的に始めたりした場合失敗するケースが高くなります。具体的にはネットなどで「誰でも稼げる」や「誰でも痩せられる」などのあおり広告を見て、FXやダイエット食品などを買ってしまうことがあげられます。
どのようなことでも「最低限の知識」は必要になっています。煽り広告などに騙されないように、最初に自分で納得いくまで調べることが大事です。

自分にマッチする自己投資を選択できていない

単純に数学が苦手な人がFXをやってみようと取り組んだ場合、高確率で負けます。理由はFXはテクニカルの要素の強い投資方法です。そして、テクニカルは数学が基本になっています。このように、自分にマッチしない投資方法を選択してしまうケースは失敗する確率が高くなっています。

失敗からの考察~失敗は成功の母!

なぜ自己投資に失敗するのかを分析してきました。理由はⅰ継続性がないこと、ⅱ計画性がないこと、ⅲ自分に合わない自己投資であることがあげられます。ここでは、失敗を踏まえて、「どうすれば、成功する自己投資ができるのか」を考えていきたいと思います。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

思考信託 〜小さいところ (思考)から思考信託してみる 〜

思考信託 〜小さいところ (思考)から思考信託してみる 〜

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

「お金持ちの思考にはパターンがある。」これはある程度確かです。お金持ちになれる人に特有の思考回路、と言い換えても差し支えないでしょう。人生一度きり、1日24時間しか持ち時間がないことは、誰にも全く平等です。差を生み出すものこそ、思考パターンですね。
実店舗がない「ゴーストレストラン」が外食ビジネスの常識を変える?

実店舗がない「ゴーストレストラン」が外食ビジネスの常識を変える?

実店舗がないゴーストレストラン、シェアキッチン、クラウドキッチンのような「アウトソーシング系外食業態」のような、自分の腕やアイデアを試したい人が低コスト、低リスクで独立・起業できます。アメリカ・ニューヨーク発のトレンドですが、日本にも上陸しました。
経済 |
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

佐藤レイナ 佐藤レイナ