2018年9月5日 更新

自己投資でお金持ちになれる人となれない人の違いは何?

自分磨きのために自己投資をする。チャレンジしている方は多いと思います。しかし、同じ自己投資をしても、成果に違いが出るのはなぜでしょうか?今回は自己投資で成果が出せないケースを分析していくことで、成功する自己投資とはどのような自己投資なのかを考えていきたいと思います。

gettyimages (20456)

2018.9.5

失敗する自己投資の例

まずはなぜ自己投資で失敗するのか、具体例をあげながら分析していきたいと思います。

長続きしない

これが失敗事例のトップにあがると思います。具体的には通信教育の「卒業率」を見るとわかりやすいと思います。
法政大学の通信教育部の学部データ(2018.5.1 現在)を見ていくことにしましょう。6学部で在校生数は5,246名になっています。しかし2017年度卒業者数をみるとたった285名です。
この結果から、入学してもしっかりと卒業できる人は18人に1人の狭き門になっていることが分かります。                              
なぜ、卒業できないのか?それは途中で続けられなくなるからです。このように自己投資で失敗するケースは投資しても続かないことが考えられます。
参考:法政大学通信教育部HP 「法政大学通信教育部学生データ」
   https://www.tsukyo.hosei.ac.jp/outline/data/

計画性がない

自己投資に関して計画性がなく、突発的に始めたりした場合失敗するケースが高くなります。具体的にはネットなどで「誰でも稼げる」や「誰でも痩せられる」などのあおり広告を見て、FXやダイエット食品などを買ってしまうことがあげられます。
どのようなことでも「最低限の知識」は必要になっています。煽り広告などに騙されないように、最初に自分で納得いくまで調べることが大事です。

自分にマッチする自己投資を選択できていない

単純に数学が苦手な人がFXをやってみようと取り組んだ場合、高確率で負けます。理由はFXはテクニカルの要素の強い投資方法です。そして、テクニカルは数学が基本になっています。このように、自分にマッチしない投資方法を選択してしまうケースは失敗する確率が高くなっています。

失敗からの考察~失敗は成功の母!

なぜ自己投資に失敗するのかを分析してきました。理由はⅰ継続性がないこと、ⅱ計画性がないこと、ⅲ自分に合わない自己投資であることがあげられます。ここでは、失敗を踏まえて、「どうすれば、成功する自己投資ができるのか」を考えていきたいと思います。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一流の人に学ぶ ボジティブなセルフイメージを作る思考法

一流の人に学ぶ ボジティブなセルフイメージを作る思考法

人は知らず知らずのうちに、「自分には無理だ」と諦めてしまっていることがあるものです。世の成功者は、どんな考え方を心がけているのでしょうか。 ロバート・グリスウォルド著『一流の人に学ぶお金の引き寄せ方』より、ボジティブなセルフイメージを作るための思考と行動をご紹介します。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |
この秋のマーケットにおけるリスクの芽

この秋のマーケットにおけるリスクの芽

多くの投資家はとても直感的な判断を行うことがあります。株価が連騰していると異常に強気になり、一方で連日の下げを受ければただただ意気消沈するばかり。そうならないためにも日頃から今はさほど大きく取り上げられていないけれどいずれマーケットで話題の中心になるようなマーケットの芽を事前に把握しておく習慣を身に付けていれば不足の事態でもしっかりとした判断ができます。
ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

オーストラリアの東海岸にあるゴールドコースト。白い砂浜が57kmも続く長く美しいビーチで有名な所です。10月はこれから夏に向かうため気温も上がり、からっとした天気が続くベストシーズン。そんなゴールドコーストで豪華バケーションを満喫してみるのはどうでしょう。
人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前で話す機会というものは、ビジネスの場で数多くあるものです。大勢の前で、緊張して声が震えてしまったりすると、それがちょっとしたトラウマになってしまうこともあり得ます。うまく緊張の糸を解いて、いいパフォーマンスをしていきたいものです。 伊藤丈恭著『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』 より、大事な局面で起こる緊張状態を上手に切り替える考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

佐藤レイナ 佐藤レイナ