2018年9月5日 更新

自己投資でお金持ちになれる人となれない人の違いは何?

自分磨きのために自己投資をする。チャレンジしている方は多いと思います。しかし、同じ自己投資をしても、成果に違いが出るのはなぜでしょうか?今回は自己投資で成果が出せないケースを分析していくことで、成功する自己投資とはどのような自己投資なのかを考えていきたいと思います。

gettyimages (20456)

2018.9.5

失敗する自己投資の例

まずはなぜ自己投資で失敗するのか、具体例をあげながら分析していきたいと思います。

長続きしない

これが失敗事例のトップにあがると思います。具体的には通信教育の「卒業率」を見るとわかりやすいと思います。
法政大学の通信教育部の学部データ(2018.5.1 現在)を見ていくことにしましょう。6学部で在校生数は5,246名になっています。しかし2017年度卒業者数をみるとたった285名です。
この結果から、入学してもしっかりと卒業できる人は18人に1人の狭き門になっていることが分かります。                              
なぜ、卒業できないのか?それは途中で続けられなくなるからです。このように自己投資で失敗するケースは投資しても続かないことが考えられます。
参考:法政大学通信教育部HP 「法政大学通信教育部学生データ」
   https://www.tsukyo.hosei.ac.jp/outline/data/

計画性がない

自己投資に関して計画性がなく、突発的に始めたりした場合失敗するケースが高くなります。具体的にはネットなどで「誰でも稼げる」や「誰でも痩せられる」などのあおり広告を見て、FXやダイエット食品などを買ってしまうことがあげられます。
どのようなことでも「最低限の知識」は必要になっています。煽り広告などに騙されないように、最初に自分で納得いくまで調べることが大事です。

自分にマッチする自己投資を選択できていない

単純に数学が苦手な人がFXをやってみようと取り組んだ場合、高確率で負けます。理由はFXはテクニカルの要素の強い投資方法です。そして、テクニカルは数学が基本になっています。このように、自分にマッチしない投資方法を選択してしまうケースは失敗する確率が高くなっています。

失敗からの考察~失敗は成功の母!

なぜ自己投資に失敗するのかを分析してきました。理由はⅰ継続性がないこと、ⅱ計画性がないこと、ⅲ自分に合わない自己投資であることがあげられます。ここでは、失敗を踏まえて、「どうすれば、成功する自己投資ができるのか」を考えていきたいと思います。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
人を惹きつける話し方でスピーチを成功させる7つのルール

人を惹きつける話し方でスピーチを成功させる7つのルール

「言葉の力」で人を率いるリーダーを目指すなら、「スピーチ」はとても大事です。信頼を勝ち取れるようなスピーチを行うためのヒントになる「1分間に300字がおさまるように話しなさい」などの「NHK式7つのルール」を紹介します。
「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

ネットでどんな情報にも簡単にアクセスできる時代になって久しくなりましたが、最近はその“副作用”に困っている人も多いのではないでしょうか? 例えば、拡散される「デマ情報」や、情報が正しくないのに検索上位に出てきてしまう「まとめサイト」など。無駄な情報を省いて手に入れたうえで、それが正しいのか自分でチェックする能力が必要になってきていると感じます。
「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。
有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

4月から年次有給休暇の5日以上の取得が義務化されますが、消化の方法として2010年に導入された有休を時間単位で取得できる「時間単位有給休暇制度」があります。厚生労働省の調査では導入企業は18.7%にとどまりますが、導入事例やメリットに迫ります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

佐藤レイナ 佐藤レイナ