2019年5月30日 更新

急増する日本の富裕層が保有する金融資産とは?資産運用こそカギ

急増する日本の富裕層ですが、保有する金融資産はどのようなものでしょうか。アベノミクス効果での株高もあり、昨今の富裕層数は130万世帯に近付き、米国、中国に次いで世界第3位となっています。ちなみに、純金融資産を1億円以上保有する世帯を富裕層と看做すことが、日本では一般的です。

2019.5.30

金融資産いくら保有していれば富裕層?

gettyimages (39226)

結論から言えば、「純金融資産を1億円以上保有する世帯が富裕層、」このように理解しておけば問題ありません。野村総合研究所(NRI)では、日本全国の企業オーナーを対象とした「NRI富裕層アンケート調査」というものを2016年に実施しています。この際に用いられた富裕層が、現在の日本国内では広く受け容れられています。
1)超富裕層(純金融資産5億円以上)
2)富裕層(純金融資産1億円以上5億円未満)
3)準富裕層(純金融資産5,000万円以上1億円未満)
4)アッパーマス層(純金融資産3,000万円以上5,000万円未満)
5)マス層(純金融資産3,000万円未満)
上記の5分類に分けることが特徴です。1)超富裕層と、2)富裕層とを合わせて富裕層と一般的に称している、と考えておけば良いのですね。
先に触れた「純金融資産」とは、保有する預貯金、株式、債券、投資信託など「金融資産」の合計額から、「負債」を差し引いた金額を意味しています。NRIによる最新の推計では、2017年には日本の127万世帯弱が富裕層(超富裕層+富裕層)に該当しており、全世帯数の約2.4%を占めています。ちなみに、米国の富裕層は現在500万世帯を超えており、名実ともに世界最多を誇っています。

保有する金融資産の世代別実態とは?

Multi-generation family rel...

Multi-generation family relaxing on retaining wall

ここで、富裕層の実態を直接表すものではありませんが、保有金融資産の世代別の実態を眺めてみましょう。金融広報中央委員会(日本銀行情報サービス局内に事務局あり)の公式サイト、「知るぽると」が公表した2018年11月の最新データによれば、「2人以上の世帯で金融資産を保有する世帯」の金融商品保有額の平均値と内訳は以下の通りです。
・40代の金融資産保有額の平均値 1,238万円
(内訳:預貯金673万円、生命保険277万円、株式90万円、個人年金保険70万円、財形貯蓄43万円、投資信託37万円)
・50代の金融資産保有額の平均値 1,828万円
(内訳:預貯金849万円、生命保険420万円、個人年金保険148万円、株式132万円、財形貯蓄92万円)
・60代の金融資産保有額の平均値 2,415万円
(内訳:預貯金1,290万円、生命保険435万円、株式212万円、個人年金保険158万円)
60代の金融資産保有額上昇は、退職金収入によるものと考えられますね。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部