2019年5月30日 更新

急増する日本の富裕層が保有する金融資産とは?資産運用こそカギ

急増する日本の富裕層ですが、保有する金融資産はどのようなものでしょうか。アベノミクス効果での株高もあり、昨今の富裕層数は130万世帯に近付き、米国、中国に次いで世界第3位となっています。ちなみに、純金融資産を1億円以上保有する世帯を富裕層と看做すことが、日本では一般的です。

2019.5.30

金融資産いくら保有していれば富裕層?

gettyimages (39226)

結論から言えば、「純金融資産を1億円以上保有する世帯が富裕層、」このように理解しておけば問題ありません。野村総合研究所(NRI)では、日本全国の企業オーナーを対象とした「NRI富裕層アンケート調査」というものを2016年に実施しています。この際に用いられた富裕層が、現在の日本国内では広く受け容れられています。
1)超富裕層(純金融資産5億円以上)
2)富裕層(純金融資産1億円以上5億円未満)
3)準富裕層(純金融資産5,000万円以上1億円未満)
4)アッパーマス層(純金融資産3,000万円以上5,000万円未満)
5)マス層(純金融資産3,000万円未満)
上記の5分類に分けることが特徴です。1)超富裕層と、2)富裕層とを合わせて富裕層と一般的に称している、と考えておけば良いのですね。
先に触れた「純金融資産」とは、保有する預貯金、株式、債券、投資信託など「金融資産」の合計額から、「負債」を差し引いた金額を意味しています。NRIによる最新の推計では、2017年には日本の127万世帯弱が富裕層(超富裕層+富裕層)に該当しており、全世帯数の約2.4%を占めています。ちなみに、米国の富裕層は現在500万世帯を超えており、名実ともに世界最多を誇っています。

保有する金融資産の世代別実態とは?

Multi-generation family rel...

Multi-generation family relaxing on retaining wall

ここで、富裕層の実態を直接表すものではありませんが、保有金融資産の世代別の実態を眺めてみましょう。金融広報中央委員会(日本銀行情報サービス局内に事務局あり)の公式サイト、「知るぽると」が公表した2018年11月の最新データによれば、「2人以上の世帯で金融資産を保有する世帯」の金融商品保有額の平均値と内訳は以下の通りです。
・40代の金融資産保有額の平均値 1,238万円
(内訳:預貯金673万円、生命保険277万円、株式90万円、個人年金保険70万円、財形貯蓄43万円、投資信託37万円)
・50代の金融資産保有額の平均値 1,828万円
(内訳:預貯金849万円、生命保険420万円、個人年金保険148万円、株式132万円、財形貯蓄92万円)
・60代の金融資産保有額の平均値 2,415万円
(内訳:預貯金1,290万円、生命保険435万円、株式212万円、個人年金保険158万円)
60代の金融資産保有額上昇は、退職金収入によるものと考えられますね。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
富裕層はどのような人と交流している?交友関係や友人の特徴は?

富裕層はどのような人と交流している?交友関係や友人の特徴は?

富裕層は普段どのような人と交流しているのでしょうか。また、友人となる人はどんな人でしょう?富裕層の交友関係から、友人同士のお金の使い方、また富裕層が交流している場所はどこにあるのでしょうか。
お金持ちの遊び方は3ステップある?富裕層の段階にみる行動の違い

お金持ちの遊び方は3ステップある?富裕層の段階にみる行動の違い

お金持ちの遊び方といえば、高級スポーツカーのコレクションや、高級店を貸し切ってのパーティなどがイメージされるかも知れません。ただ、このような遊び方をするお金持ちは、富裕層としては「駆け出し」の段階ですね。お金持ちの段階が変われば、遊び方も自ずと変化します。
富裕層の受ける医療サービスは別格?入会金300万円超も

富裕層の受ける医療サービスは別格?入会金300万円超も

富裕層向けの医療サービスで代表的なものに、会員制医療サービス(メディカルサービス)があります。高額の入会金や年会費を負担することで、高度な健康診断を受けられたり、担当医に医療・健康相談が随時できたりするのですね。キメ細かな対応と安心感がウリです。
富裕層の習慣「7つの夏の真実」バカンス・お盆の過ごし方は?

富裕層の習慣「7つの夏の真実」バカンス・お盆の過ごし方は?

富裕層の私生活にどのようなイメージをお持ちですか。夏になると長期の海外バカンスに出かけているとか、こんがりと日焼けしているとか、プールサイドで高級リネンを身にまといシャンパングラスを傾けているとか……そんな、まことしやかに語られている富裕層のイメージについての真実をお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部