2018年1月1日 更新

今年こそ人生を変えたい人のための、バッグの中身の整理法

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第7回]

モノを買った後にかかる2つのコスト。それは、モノが占有するスペースにかかるコストと、維持にかかるコストです。
私たちが何か商品を買い、自宅に持って帰ると、それを置いておくのに必要なスペースには、その分の「家賃」が発生しています。小物が増えて整理棚を買わざるを得なくなったり、新しい洋服が増えてクローゼットが手狭になって広い家に引っ越ししたり、といったシチュエーションを想像するとわかりやすいですね。
それから、それを維持するためにかかるコスト。手洗いできないカシミヤのセーターであればクリーニング代が購入後もかかり続けますし、ルブダンのパンプスであればお手入れするにもそれなりのコストがかかるでしょう。
ここで伝えたいのは、「高いものだから維持コストが高くつく」という単純な話ではありません。100円ショップのグッズであっても、しょっちゅう壊れて買い直さないとならないのであれば、「いつも使える状態になっている」ということのために、やはり維持コストがかかります。つまり、モノはあればあるだけ、維持コストがかかるということです。

「モノを増やしすぎない」を心がける

thinkstock (8631)

そして、持ち物が少ない人は総じて、その数少ない持ち物の一つひとつが厳選されています。
ここ数年、注目されている「ミニマリスト(モノを最小限に抑えて暮らすライフスタイルの実践者)」いう生き方がまさにそれ。
モノの数こそ少ないけれど、一つひとつが想い入れのあるモノに囲まれているから、心理的に充足されている。そんなお金の使い方ができているといえます。

「ミニマリスト」にはなれなくても……

thinkstock (8640)

人の生き方はそれぞれですから、誰もがミニマリストになるのがよいわけではありません。そもそもみんながみんな、日々モノを減らすことを考えてストイックに生活できるわけでもないでしょう。かく言う私自身も無理です(笑)。
でも、そういった、“自分らしいお金の使い方”に目を向けるほどよいレッスンとして始めやすいのが、毎日使う「バッグの中身」の整理なのです。
試しに、今使っているバッグの中身を全部出してみてください。そして、優先順位の高いものからトップ7つに絞ってみましょう。絞ってみたら、それらが自分にとって心から愛着のあるものかを考えてみましょう。そうでないなら、「今年こそ、こういう自分に成長したい」という自分にコミットするために、買い換えるのもいいですね。
7つすべてが自分らしさのある、愛着が持てるものになれば、自分自身にもきっと自身が生まれてきます。なぜなら、バッグそのものが“外から見た自分”だとしたら、バッグの中身は“内なる自分自身”だから。
48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“3年先の自分”になりきって本棚に本を並べてみると起こること

“3年先の自分”になりきって本棚に本を並べてみると起こること

あなたの自宅の本棚には、どんな本が並んでいるでしょうか。あなたの本棚に並んでいる本は、あなた自身を映し出す鏡。だったら、意識して本棚をセットアップすることで、自分を変えることだってできてしまうのです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第6回]
「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
2018年経済の潜在リスク

2018年経済の潜在リスク

2018年がスタートして半月ほど経過しました。年末から年始にかけて2018年の色々な予測を見かけた方も多いのではないかと思います。先行きを予測するには、「潜在リスクを事前に把握しておき、その芽を逃さない」ことが大切です。今回は、私が選ぶ2018年の潜在リスクをピップアップしお伝えします。
「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

大竹のり子 大竹のり子