2019年3月14日 更新

忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

常に向上心を持つビジネスパーソンは当然のように、効率的に仕事をこなしていることでしょう。しかし、もし無駄な時間を作ることなく常に全力投球している人であれば、さらに生産性を高めることが可能です。実はちょっとした休息時間を取ることで、脳の機能をフルに活用することができます

gettyimages (33481)

2019.3.14

1 「脳の働き方改革」の意味・するべき理由は

gettyimages (33487)

少子高齢化が進む日本では、働き方改革によって生産性を向上させようという動きが広まっています。具体的には女性や高齢者を積極的に雇用し、それぞれが持つ能力を活かせる場で働いてもらうことにより、仕事全体の効率を高めようということです。
では個人の働き方についてはどうでしょうか。無駄なくスケジュールをびっしり詰め込んで、効率良く仕事を進めているという人は多いと思います。しかしそのように仕事に集中していると、実は脳の大事な能力を眠らせたままにしてしまうことをご存知でしょうか。
仕事に集中している時に眠っている脳の機能を活用しようというのが、「脳の働き方改革」です。

2 無意識下の脳は大量のエネルギーを消費して活動する

gettyimages (33488)

眠っている間に脳は情報を整理して記憶を定着しています。夢を見るのは、その作業による副産物のようなものです。このように無意識下にある脳は、「デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)」とよばれる神経回路を使って活動しています。DMNの名付け親であるワシントン大学のM・E・レイクル教授によると、意識的に活動している時の脳のエネルギー量は脳全体のわずか5%であり、残りの20%は脳細胞のメンテナンスに、75%は無意識下において消費されるそうです。
そしてこの無意識下で働くDMNは、次の3つの役割を持つと考えられています。
① 自分自身について考える
② 自分が置かれている状況を把握する
③ 自分が経験したこと・学んだことを整理する
これらを無意識下で、あたかも車のアイドリングのように行うことによって、これから起こりうる出来事に対処できるようにしているようです。実験によると、DMNの活動を観察すれば、被験者がミスをするかどうかは30分前に予測できたという報告もあります。
DMNは脳内に散乱するあらゆる情報を分析・統合して記憶に定着させようとします。これは、これから起こりうる事態に備えてシミュレーションするのが目的でもあるようです。そして自分が抱えている問題や課題に対する「答え」をも見つけ出そうとします。その過程において、アイデアや閃きが生まれやすくなります。
浮力の原理を思いついたアルキメデスや万有引力の法則を発見したアイザック・ニュートンも、毎日いろいろと考え悩む中で、ふとリラックスした瞬間にこれらが閃いたとされています。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仕事効率化したければデスク周り、特に引き出し整理がカギ?

仕事効率化したければデスク周り、特に引き出し整理がカギ?

仕事を効率化するためにデスク周りをどうしたらよいか、密かに悩んでいる方も少なくないでしょう。結論から言えば、引き出しを整理して、使い方を改めること、これが仕事の効率化に最も有効です。ビジネスパーソンは年間150時間をモノ探しに費やす、とする説すらあるのですね。
時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

仕事ができる人は時間の使い方も上手です。どんなに忙しくてもプライベートの時間を削ることなく、きちんとスケジュール管理して仕事を終わらせています。時間管理のコツをつかんで効率よく日々の業務をこなしましょう。
残業が多い人のための時間管理の方法|タイムマネジメントのコツ

残業が多い人のための時間管理の方法|タイムマネジメントのコツ

時間管理(タイムマネジメント)の具体的な方法が分かっていない人ほど、残業が常態化しがちです。周りを眺めると、キチンと成果を出しているにも関わらず、残業をほとんどせずにサッと退社してゆく上長や先輩はいませんか。彼らは間違いなく時間管理の方法・コツを心得ています。
キャリアビジョンの描き方 2019年に「なりたい自分」を考える

キャリアビジョンの描き方 2019年に「なりたい自分」を考える

ビジネスシーンでは、将来どんな風に成長していきたいのか、目指す方向性をはっきりさせておくことが成功への近道となります。あなたの考える「なりたい自分」を明確にするため、キャリアビジョンの必要性や作り方について考えてみませんか?
会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

近年は残業や労働時間削減の取り組みが活発化しており、会議時間の管理は今まで以上に重要になっています。そこでこの記事では、会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術について、簡単に取り入れられる事例を中心に解説したいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部