2019年3月14日 更新

忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

常に向上心を持つビジネスパーソンは当然のように、効率的に仕事をこなしていることでしょう。しかし、もし無駄な時間を作ることなく常に全力投球している人であれば、さらに生産性を高めることが可能です。実はちょっとした休息時間を取ることで、脳の機能をフルに活用することができます

しかし効率良く無駄な時間を作らずに仕事に集中していると、このDMNはフル稼働しません。そして人間が意識下で脳を活用しても、その働きはわずか数%にすぎないのです。「脳の働き方改革」とはずばり、このDMNという脳機能をもっと活用しようということです。

3 DMNを活用する方法と注意点

gettyimages (33503)

DMNの働きを活用すれば、仕事において抱える課題や解決に至るヒントを思いつく可能性があります。わざわざ時間を作って頭をひねっても、そう簡単にアイデアは出ないものです。そこで意識的に「無意識となる時間」を作るようにしましょう。その間にDMNが猛烈な勢いで情報を整理し、求める解を導き出そうとしてくれます。
たとえば昼休みにスマホでニュースを読むのもよいのですが、目をつぶって何も考えないようにしてみてはいかがでしょうか。あるいは午後にコーヒーや紅茶を飲んで、脳を開放させるように意識しましょう。意識下ではまとまらない情報を、DMNが整理しまとめてくれます。
ただし注意点があります。DMNは時に感情に直結して、マイナス感情に捉われることがあります。これは過去の出来事や将来の不安といった感情につながる情報が多い時に起こる事象です。そこで意識的に、仕事に関わる課題や問題について常に考え、あとはDMNに受け渡すように意識しましょう。
またDMNは相当のエネルギーを消費するので、脳をしっかりと休めなければなりません。しかし眠っている間もDMNは活動しています。そこで効果的なのが、マインドフルネスだと言われます。「今の自分」に意識を集中する、わずか10分でも実践できる呼吸法です。姿勢を延ばしてゆっくりと鼻呼吸をし、その空気の流れや自分のお腹の動きなどに意識を向けます。これだけで脳のパフォーマンスを回復することができます。

まとめ

人は意識下でどれほど仕事に集中しても、脳の機能をフルに使ってはいません。無意識下のDMNをうまく活用することで、わずかな時間にいろんなアイデアや閃きが生まれるようになります。忙しくて時間を無駄にしたくないと思うかもしれませんが、まずは昼休みには何もせず、リラックスしてみてはいかがでしょうか。

future_captain

仕事の中で発見した“変動”のリズムから投資に目覚め、株式のうねり取りを得意とする。またポーカーの腕はかなりのもの。トーナメントに勝ち進むスキルは身に付けたが、その先のプレイ時間を確保できないのが悩み
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キャリアビジョンの描き方 2019年に「なりたい自分」を考える

キャリアビジョンの描き方 2019年に「なりたい自分」を考える

ビジネスシーンでは、将来どんな風に成長していきたいのか、目指す方向性をはっきりさせておくことが成功への近道となります。あなたの考える「なりたい自分」を明確にするため、キャリアビジョンの必要性や作り方について考えてみませんか?
有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

4月から年次有給休暇の5日以上の取得が義務化されますが、消化の方法として2010年に導入された有休を時間単位で取得できる「時間単位有給休暇制度」があります。厚生労働省の調査では導入企業は18.7%にとどまりますが、導入事例やメリットに迫ります。
海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍する国際人になるために必要なのは、日本の伝統文化を説明できることであると、国際交流にたずさわる人がよく口にします。その理由や、どんな知識をどこで身につければ良いか解説します。
ボランティア休暇制度はどんな活動でも取れる? 人気があるのは?

ボランティア休暇制度はどんな活動でも取れる? 人気があるのは?

大企業の半数が導入する「ボランティア休暇制度」を知っていますか?社員がボランティア活動のためにとった休暇を、会社が有給休暇とは別枠で有給扱いにする制度です。企業の導入事例や、どんな奉仕活動をする人が多いのか、人気のボランティア事例を紹介します。
仕事を効率化できる方法は3つだけ? デキる人はここを外さない

仕事を効率化できる方法は3つだけ? デキる人はここを外さない

仕事を効率化できる方法は、突き詰めれば3つだけです。PCやノートなどビジネスツールを有効活用する方法を含め、様々な情報粒度で仕事を効率化する方法論を紹介したメディアは無数に存在します。しかし、以下3ポイントを外してしまうと、高い確率で仕事の効率化に失敗します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部