2019年8月26日 更新

お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるためには、すべてに労力を割くのではなく、資産を増やすための労力にすべてを注がなければなりません。そのためには、すでに習慣にしていることもやめる決断も必要です。そこでお金持ちになるために捨てるべきものを3つご紹介します。

2019.7.8

1 家計簿をつけるのを今すぐやめたほうがいい理由

お金持ちになるには、毎日の細かな数字ではなく、ライフスタイルという大きなスパンでお金の流れを掴むようにしましょう。

1-1 家計簿をつけるのをやめる理由

多くの人は毎日の収支を家計簿につけて、どの出費を削減するのかを検討すると思います。しかしお金持ちになるには、そのような家計簿のつけ方は避けるべきです。その理由を説明します。
日々の収支から予算を考えるのは、企業の会計でいえば「ボトムアップ型」の方法です。この方式では、今を積み上げて未来を計画することになります。たとえるなら船をその時の波まかせに動かすようなものです。しかしお金持ちになるという目的地に船を運ぶためには、地図を用意して現在地を知り、正しい方向に進まなければなりません。
そのためには企業の予算を「トップダウン型」で決めるように、まずは目的地を定めて地図を作らなければなりません。そのためには毎日の家計簿から予算を計画するのではなく、目的地から今に至る計画を立てることが必要です。
ユニクロを会計の面から支えた公認会計士の安本隆晴氏は、成長する企業は時間をかけてトップダウン型とボトムアップ型の調整をしていると語ります。
これはお金持ちを目指す個人にもそのまま当てはまります。

1-2 地図を描き舵の取り方を決める方法

お金持ちになるにはまず、今の予算を決めるための地図、いわゆる資金計画を立てなければなりません。将来は何をするのか、そのための予算はどの程度必要なのかを調べて計画するのです。
そしてその実行のために必要なのは、コスト削減です。毎日の家計簿から出費を減らすためには、手始めに食費や交際費などを削るのではないでしょうか。
しかしこれはおすすめできません。食事はお金を生み出す資産でもある、自分の体を維持する大切なものです。交際費はビジネスチャンスを生み出すためにも必要です。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。
お金持ちは財布持たない?気になるあの人のお金の管理方法を紹介

お金持ちは財布持たない?気になるあの人のお金の管理方法を紹介

お金持ちの人の財布事情を知りたいと人は多いのではないでしょうか? 高級ブランドの財布や長財布に紙幣やカードがたくさん入っているのを想像してしまいますよね。 実は、お金持ちの人は財布を持たないことがあります・ 財布を持たないってどうやってお金を管理してるの?と疑問に思う人もいると思います。 そこで、今回はお金持ちの人の財布を持たない理由や共通点、管理方法をご紹介します。
本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座