2018年1月2日 更新

FXエア座談会〜もし有名為替アナリストが2018年のドル円を予想したら〜

この時期になると、各金融機関のエース為替アナリストが来年度の為替予想を発表します。ここで、そのような有名アナリストが座談会を開いたらこんな感じになるのではないかと、つまりエア座談会を開いてみました。

gettyimages (8554)

2018.1.2

ドル高・円安派だらけの座談会

thinkstock (8550)

Aさん:いやぁ〜、年末どうにか米国で大型減税法案が可決されましたね。こうなると、来年はほぼ間違いなく米経済が堅調に推移するでしょう。だって30年ぶり大型減税だもんね。ということは、2018年は複数回の利上げになるだろうから、ほぼ「ドル高」で予想して間違いないだろうね。だだし、FRB(米連邦準備制度理事会)が金利を引き上げることにより、株価が調整されたり、世界経済へのブレーキ役となったりしなければいいですけど。
Bさん:まさに同感ですよ。私は、それに加えて黒田さん(黒田東彦日銀総裁)の緩和策がまたもや炸裂するのではないかと思っています。というのも、2018年4月が総裁任期でしょ。その任期終了前に、自分の存在価値や安倍政権への忠誠を示すために何かすごいバズーカーを爆裂させるかもしれませんね。
Cさん:そんなことは可能ですか?
Bさん:何でもありだと思いますよ。政府の後ろ盾があるから。ちなみに、2018年度の日本の税収見込みは約58兆円なんですが、これは、バブル最盛期の1991年度の59.8兆円以来の額です。なんだかんだ言われながら絶好調なわけで、政府も黒田さんも元財務省だから心の中ではダンシングヒーローを踊ってるんじゃない?
Cさん:そうなると、結構な円安で120円近辺までありそうですね。
Dさん:ところでみなさんは、米国の来年の利上げは年何回だと思いますか?今年は、年3回と過去2年の年1回から相当増えましたよね。私は、市場の予測は年3回かもしれませんが、原油高などによるインフレ懸念で年4回の利上げもあるかもと見ています。ドット・プロットでは年3回を示しているからこそ、4回になるとサプライズで大幅上昇なんかもあり得るよね。
Eさん:私も同感です。なので、米国の物価には私も注目しています。CPIなどは2018年の要注意指標の一つですね。投資家のみなさんには、米国10年金利と、物価に注目してほしいです。
Aさん:これだけ条件が揃えば、ドル高行けそうじゃないかなぁ。ドル安派の意見も聞いてみたいもんだね。

ドル安・円高派だらけの座談会

thinkstock (8548)

Fさん:私はズバリ100円近辺までのドル安を見ています。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成功する投資家の荒れ相場での心得とは

成功する投資家の荒れ相場での心得とは

足元は戻り歩調となっている株式市場ですが、米中貿易問題、英国のブレグジット問題、それにじわじわと広がる欧州経済への警戒など不安材料に事欠きません。このような不安材料を抱えた荒れた相場に立ち向かうための心得とは。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
賢者の投資方法とは

賢者の投資方法とは

米国では代表的なインデックス型投信を長期保有することに対して、手抜きのポートフォリオであると揶揄されることが多い。しかし実際には、ウォーレン・バフェットをはじめ多くの伝説的な投資家が推奨する投資方法であるのです。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
自分の力で考えなかったら投資は成功しない

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

2019年がいよいよスタートしました。2018年の投資環境がたいへん厳しかったことから捲土重来を期している人も多いのではないかと思います。にもかかわらず年初から波乱含みです。荒れる相場を乗り切るための心構えをお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊