2020年3月17日 更新

落語家として活躍しながら何事も学び全力で取り組む《春風亭昇々》

落語ブームを牽引する若手落語家として幅広く活躍中の春風亭昇々さん。お金の教養フェスティバル2020では、特設した高座で、お金にまつわる古典落語である「壺算(つぼざん)」を披露しました。何事にも学びながら好奇心旺盛に全力で取り組む春風亭昇々さんの講演ダイジェストをお届けします。

2020.3.13

お金にまつわる古典落語「壺算(つぼざん)」

今からやる落語は壺算という落語でございまして、本来だったら、ここでお話をしながら、あ、こういう話を、話の頭に付けるので「枕」というふうにいいますけれども、枕を話しながら、お客さんの顔色をうかがってどういう話にしようかななんて考えるのですけれども。
今日は、お金の落語ということで「壺算」の話をさせて頂きたいと思いますけれども。でもただこの壺算という話は、結構難しいんですよ。皆さんは、お金のことを学ぼうという事で来て下さったので、私も一生懸命やります。何度も言いますがこれは結構難しい話なので、一体これはどういうことなのかと考えながら聞いていただければな、なんて思いますけれども。

お金の教養フェスティバル2020 ~ 落語で学ぶ!お金の教養“高座”

なかなかね、落語を聞く機会というのも無いと思いますから、ちょっと結びますね。この話をすると、客席の半分ぐらいは、なんだかよく分からないという感想になるんですけれども、何がおかしいのかというと、簡単な話で、お店の三円を俺の三円だと言っているのがおかしいということなのです。
落語の世界に出て来るお金の話って、結構、あるんですよ。宝くじが当たる話とかね、結構、儲かる話って実はあったりするんですよ。壺算は、ちょっと遊び心があったりして、ちょっと難しい感じがいいかなと思って、あんまり簡単なストーリーというのも何かなと思いまして、考えさせる話もやってみたいなと思ってやったのですけれども。

春風亭昇々さんトークセッション

司会:今日の落語は大体20分ぐらいだったと思うのですが、すごくナチュラルにお話しされていましたけれど、これ、覚えてらっしゃるわけですよね。
この練習にどれぐらいかけるものなのか、純粋に気になったのですが。
春風亭:結構しますよ、時間にして1日2、3時間はやると思うのですけれども。やっぱりお腹に入れないといけないので、なんていいますか、普通に歌と一緒です。歌を歌う時って、別に考えずに出て来るじゃないですか。あれと同じで、まずは落語もお腹に入れて、その上で、結構、高座では頭を使いますね。(客席を見て)あそこらへん、笑ってないな、とかね。ちょっと早さについてきてないから、もうちょっとゆっくりやろうとか、ちょっとどっかでアドリブ入れようとか、今日も考えながらやったりしていたんです。僕、本当はこんなふうに、立ったり座ったりしながら普段はやらないのだけれども、今日は後ろの人、見えないかなと思って。だからすごい元気っ子に見えたと思うのですけれども。皆さんの事を実は考えてやっていました。

好奇心旺盛に何事も学びながら全力で取り組む

司会:ちなみに「NISA兄さん」という演目も過去にされていたかと思うのですが。
春風亭:「NISA兄さん」というのは、ある銀行のイベントで、ちょっとNISAに関する落語を作ってくれというのがあって、それで「NISA兄さん」というのを作ったんですよ。これはYouTubeで見れると思うので、是非見て欲しいのですけれども。

司会:ちなみに投資信託をされているということですが、それ以外にも何か投資ってされたことありますか。

春風亭:投資ですか、株買ったりとか、半年ぐらい前は結構売買しましたよ。僕、投資信託とかもそうですが、別にお金を増やそうと思ってやってないというか、好きでやっている感じなんですよね。株も、なんか面白いから結構やっていた。奥が深いんですよね。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

希少価値を上げると年収が◯倍にも跳ね上がる話

希少価値を上げると年収が◯倍にも跳ね上がる話

お金を稼ぎたい!自由な時間が欲しい!と口にする方は多くいますが、そのためにどんなチャレンジをしていますか?理想が現状でないのであれば何かを変える必要があります。今回は自身の理想に近づくために必要な希少価値を上げる考え方について3つのステップでお話しします。
ギグワークとは?時間もお金も自由になる|自分をコンテンツ化する働き方

ギグワークとは?時間もお金も自由になる|自分をコンテンツ化する働き方

不安定な世情の中で、現在の生き方を見つめ直す岐路に立っている人が多いのかもしれません。昨今、よく耳にするギグエコノミーというあり方に注目が集まっています。 長倉顕太著『GIG WORK』 より、元・編集者が語る人生100年時代の自分をコンテンツ化する働き方をご紹介します。
〈竹中平蔵〉ニューエコノミーを読み解く〜お金の教養フェスティバル2020講演 〜

〈竹中平蔵〉ニューエコノミーを読み解く〜お金の教養フェスティバル2020講演 〜

2020年代は、全く新しいエコノミーになる、いわゆるニューエコノミーです。ニューエコノミーの重要な2つの観点について、竹中平蔵氏が語る。「第4次産業革命」という観点から一つ、もう一つは、サステナブルで、インクルーシブな経済社会を作るという観点からです。
お金 |
〈竹中平蔵〉令和日本の姿を数値で正しくとらえよう〜お金の教養フェスティバル2020講演〜

〈竹中平蔵〉令和日本の姿を数値で正しくとらえよう〜お金の教養フェスティバル2020講演〜

竹中平蔵氏が、平成から令和を振り返り、今私たちがどういう立ち位置にいて、これからどの方向に向かうのかという、中期の展望を語ります。2020年1月ファイナンシャルアカデミー主催「お金の教養フェスティバル2020」での竹中平蔵氏の講演の一部を編集し記事化したものです。
お金 |
フリーランスに転身し8カ月で年収1,000万円を超えた話

フリーランスに転身し8カ月で年収1,000万円を超えた話

「働き方改革」という政府の取組みにより、昨今では会社だけに留まらず複業(副業)を始めたり、フリーランスに転身する人々が増えている。そんな中、フリーランスに転身し8カ月目で年収1,000万円を超えた筆者の経験や気づきを連載していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部