2018年1月12日 更新

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

高校を卒業すると就職するか進学するかの選択に迫られますね。オーストラリアでも同じですが、オーストラリアで進学する場合には、大学とは違った選択肢もあります。

 (8122)

 (8121)

2017.1.11
州立のTAFE(Technical and Further Education)という教育機関で、日本語に訳すと「高等職業訓練専門学校」になります。日本の専門学校に似ていますが、日本の専門学校では調理師専門学校とか自動車整備士専門学校のように学ぶ学科ごとに分けられていますよね。でもTAFEは総合大学と同じで、一つの学校の中にたくさんのコースを備えています。今回はこのTAFEでどんな留学ができるのかをご紹介します。

TAFEの概要

 (8123)

TAFE(テイフと発音します)はオーストラリア全国で100校以上あり、最北のノーザンテリトリーを除く全州の主要都市にあります。オーストラリアでは教育に関しては各州が独自の政策を打ち出し実践しているので、一口にTAFEと言っても、実際の内容は州毎に違い、また細かい点では学校間でも違います。そのため、ここではTAFEの概要ということでお伝えしたいと思います。
 (8124)

TAFEの一番の特徴は、実践的な勉強ができることで、しかも学べるコースが多いことです。大きく分野別に分けると次のようになります。
・ホスピタリティ、観光学
・ビジネス
・映像、メディア、アート、デザイン
・教育、コミュニティサービ
・動物、漁業、水産
・美容、健康
・通訳、翻訳
・コンピューター、IT
・園芸、農業
・建築、エンジニアリング
・科学、環境  ・開示、船舶
・食品、調理  ・工学、電気工学
・図書館    ・建築、土木
・自動車整備  ・物流
・ファッション ・馬術
・ワイン醸造学     
勉強できる分野は以上のように多いのですが、各分野にはさらに細かいコースが用意されています。ただ、すべてのTAFEにすべての分野が整っているわけではないので、どの学校に自分の勉強したいコースがあるかは学校ごとに調べる必要があります。TAFEに入学するためのにはオーストラリアの学生ビザを取得する必要があります。また入学の条件は英語力がIELTSで5.5(コースによっては6.0 ~ 7.0)に達していることと高校を卒業し最終成績が60%に達していることです。

オーストラリアで人気のある留学のやり方

 (8125)

オーストラリアに留学し、本格的に勉強したい人に今一番人気があるのは3つのステップ 「ステップ1:語学学校」「ステップ2:TAFE」「ステップ3:大学」をふむやり方です。このやり方が人気なのは、TAFEという実践的な勉強をすることで、英語力と学力を上げることができ、大学での勉強にスムーズに移行できるからです。では具体的に見ていきましょう。
まず、ステップ1の語学学校についてです。これまで説明したように、オーストラリアでTAFEに留学するには一定の英語力が必要とされます。ですので、その時点で「私には・・」とあきらめてしまう人もいるかもしれませんね。でもTAFEに留学するすべての人が最初から英語力があるわけではないのです。英語が一定以上ない時は、TAFEに行く前に語学学校に通うことができます。そしてその語学学校を卒業すればIELTSの点数は関係なくなるのです。語学学校は独立した民営の語学学校もありますが、TAFEの中に英語コースを持っているところもあります。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オーストラリアのユニークな留学  英語の勉強をしながら小学校英語指導員の資格を取ろう

オーストラリアのユニークな留学  英語の勉強をしながら小学校英語指導員の資格を取ろう

オーストラリアの東海岸のシドニー、ブリスベン、ゴールドコーストには一般的な英語の学習に、日本の小学校の英語指導者の資格の取れるコースを組み合わせたユニークな学校があります。
ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデーは、20代30代なら誰もが体験してみたいと思うことの1つだと思います。ワーキングホリデーに行ける国は世界中にたくさんありますが、その中でも最近特に注目を集めているのがオーストラリア。
「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
2018年経済の潜在リスク

2018年経済の潜在リスク

2018年がスタートして半月ほど経過しました。年末から年始にかけて2018年の色々な予測を見かけた方も多いのではないかと思います。先行きを予測するには、「潜在リスクを事前に把握しておき、その芽を逃さない」ことが大切です。今回は、私が選ぶ2018年の潜在リスクをピップアップしお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座